askashizkaのロメオ〜ジュリア日記

からしクンと、まぁ、ぼちぼちと 。。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

オイル交換

定期オイル交換をした
・からしクン、バルヴォリンVR 値上がりした698円/ボトル
   2,080km/6k月 マグネットへの鉄分付着ほとんどなし
   Fr足回りのゴム部分にウレタンスプレー塗布した


・ライフ、  ULTRA LTD 前回の缶の残り
   9,216km/6ヶ月 所見なし
   CVジョイントBなどウレタンスプレー塗布

今回は2台で1時間ちょっとで済ませた。ボクとしては最速だと思う。

=交換歴(からしクン)=
2007.01.**. 14,000km  バルボリンVR     20w50
2007.06.02 19,444km    同じ           エレメント交換
2007.12.05 23,215km    同じ           エレメント交換
2008.06.21 26,935km  BPコースクラッシック 20w60  エレメントカップ清掃
2008.12.21 30,168km    同じ           エレメント交換 ドレンP流用
2009.07.18 33,035km    同じ           エレメント・ドレンp流用
2010.01.04 37,121km  バルボリンVR-SM/20W50 K108S1  エレメント・ドレンP交換
2010.09.11 40,816km    同じ             オイル交換のみ
2011.07.01 45,828km    同じ     L2110S1    同じ
2012.01.03 48,247km    同じ     H2211S1 ドレンP交換
2012.08.25 51,324km    同じ     H2211S1*2本 A1112S2*5本 エレメント・ドレンワッシャ交換
2013.04.30 54,184km    同じ    A1112S2*2本 J1912S1*4本 オイル交換のみ
2013.09.22 55,621km    同じ    J1912S1*2本 L1912S2 5本 エレメント・ドレン交換
2014. 4. 5 58,648km    同じ    lot名確認せず 6本   オイル交換のみ
2014. 8. 2 60,594km BRAD PENN 20w50 エレメント・ドレンワッシャ、ドレンボルト交換
2014. 8.31 61,481km   バルボリンVR-SM/20W50     エレメント外しのみ7Lコース
2015. 4.18 63,613km  バルボリンVR-SM/20W50 F1914H2*7本 エレメント交換 ワッシャ再利用
2015.10.03 65,690km バルボリンVR-SM/20w50 6本 オイル交換のみ ワッシャ再利用


=交換歴(ライフ)=
2011.07.01 56,995km   ULTRA MILD SN 10w30 オイル交換のみ
2012.08.25 70,590km      〃
2013.04.30 80,072km ULTRA LTD SN  5W30  オイル交換のみ
2013.09.22 85,352KM       〃       エレメント交換
2014.04.05 92,953km      〃
2014. 8. 9 98,477km      〃
2014. 8.31  見送り
2014. 1.20 車検時、 見送り
2015. 4.18 107,770km ULTRA LTD SN  5W30 エレメント交換 ワッシャ再利用
2015.10.3 116,986km  〃         オイル交換のみ





前回、2015.4月での記録
http://blogs.yahoo.co.jp/askashizka/42111866.html


その後は(今度は、AT限定の)次女の運転で動物病院へ。
イメージ 1


毎回思うけど、オイル交換してもなんにも変わらないよね。

開く コメント(0)

ND road-ster 1day test driving

イメージ 1

今日は休みを取って、マツダのロードスター1日試乗を行ってきた。

原点回帰にちなんで、多摩川源流の小菅村に。
イメージ 2

しばしのランデブー

試乗の感想?
イメージ 3

なんか、マツダの公式フェイスブックに載るかもしれないと・・

娘もドライビングしました。
イメージ 4

娘も絶賛!
幅広く楽しめる仕上がりにもなっとりやした。



【翌日追記】
個人的インプレッションを残しておこう

ND is Neo Nostargic SPORTS CAR


<想像以上splended>
・全域で安定したトルク
・7000rpmレッドまで息継ぎのない伸び
・ツキ、レスもいい
・130ps/1tonとは思えない走りっぷり
・軽快な取り回しと回答性(ロール・ピッチ・ヨー)に貢献する足回りとボディ剛性
・トラクション最大化するタイヤ・足回りとLSD
・直4なのにランボルギーニみたいな低うなりの排気音

<想像通りgood!>
・オープン時の風巻き込み対策

<想像外しNG>
・ハンドルが軽すぎて、安定性に欠ける(直進・操舵中とも)
・左のニーグリップが近くてよいが、右は遠い
・操作べダル AがBに対して奥、H/Tしづらい(回転上げ損なう)


【後述談】
じつは、こんなことがあった。
ロードスターといえばFR、FRといえばドリフト!
NA発売時のベストモータリングで土屋圭一、中谷明彦、粕谷俊一がドリフトする姿を見ながら納車を待っていた。
https://www.youtube.com/watch?v=0tKWaXRufDU


今回、こっそりやってみた。

1)コーナー進入で
  ブレーキング前荷重でサクッとステア
   →すんなりニュートラルステア

2)タイトなヘアピン進入で
  フレーキング、Cp手前でアクセルON!
   →なんともすんなりコーナー脱出

3)最後はやけくそ
  タイトヘアピンのぼりでCP立ち上がりで
   蹴飛ばしクラッチ
    →クラッチミート瞬間にちょっと横滑りするも回復

足、タイヤ、そしてボディがしっかりしていてスタビリティが高いと思っていた。



ところが後日、友人から聞いた衝撃的なこと。

「今のクルマはスピンしないよ!」
法律で横滑り防止装置が義務付けられているから
スピンしないで、まっすぐ進むように出来ているのだそうだ。

つまり、いまの時代、ロードスターもワンボックスもドリフトしないらしい。





ここでも言っている 土屋圭一のいい足

  アンダーステア、オーバーステアをドライバーが嫌味なく操れるか?

ボクもこれに尽きると思う。(私見です)

開く コメント(2)

もうすぐLa Festa

イメージ 1


イメージ 2





イメージ 3



見学、いけるだろうか。。

開く コメント(0)



おそらく補水液足しすぎから始まったような気がする。
イメージ 1

今回購入は前回と同等品
BOSCH 国産用 PSbattery
PSBN−75D23R

交換距離; 65,420km

今回の変更点はL→R端子にしたという事
〜ジュリアO/Mとか見るとR端子になっている(純正にこだわりたい)
〜いままでの端子配置だと(−)カットオフリレーがボンネットとクリアランス厳しい
〜DCダイナモでも安心な液栓排弁つきにこだわるとこの方しかなかった。


加えて、電気容量について再考した
O/Mによると12V60Ahとあるが、60Ahが欧州規格5時間率とすると
国産品への換算が分からない。
結局ネットから聞いた話という信頼性の低い情報で80%賭けで48Ah以上とした。

イメージ 2


これで始動不良が収まるか様子見だ!

開く コメント(4)

いまどきの車のヘッドライトカバーは樹脂ですが、黄色く変化するのが悩みどころ。
樹脂自体が劣化するのかと思いきや、表面の問題とわかり、磨いた記録です。

向かって、左は施工済み、今回右側をやります



やり方カンタン ・・・ひたすら磨き粉で一皮剥く

.團鵐石鹸を使って多少の水分と共にタイヤ洗いブラシでやさしく擦る
  (ごしごしやると傷が付く)
イメージ 1
写真はピンク石鹸で向いた後
黄ばみが取れたことを確認する


▲灰鵐僖Ε鵐秒飜


ぴかーるで仕上げる

イメージ 2




なかなかいいでしょう?!
イメージ 3


ライトの照度も
,料阿世般世蕕に暗いです。

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事