askashizkaのロメオ〜ジュリア日記

からしクンと、まぁ、ぼちぼちと 。。。。

η確膳

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

いろんな方面から、環境対応・エネルギー問題なんて言葉を聞き、そういう風潮もエコカーなんて言葉に表れているような気がする。
そんな中、ふと気になりだし、あたまから離れなくなったことがある。
バイオガソリン・・・
前からエネオスが前面に出してなん%かエタノールを入れているやつだ。
エタノールはサトウキビとか植物性のものから作るから、光合成でCO2吸った分で相殺ということらしい。
調べてみた!

ここまではいいのだが、エタノールが混ざると、
.乾爐鯣箸垢蕕靴ぁ
⊃緤を含んでいるので、腐食を誘発しやすい(ただしネット情報のみ・・)

今のクルマはそれなりに考えてあるのでいいが、われわれのクルマはどうよ?!
石油協会・エネオスなどは試験済みと言っているのは50年前のクルマや、リプロパーツにまで保証するわけもない。

調べてみた!

出光のH/P
イメージ 1
http://www.idemitsu.co.jp/nenryo/bio/biomas.html
いまいちよくわからない・・

業界団体:バイオマス燃料供給有限責任事業組合
イメージ 2
http://www.jbsl.jp/objective/index.html
2007年川切りにどんどん展開するぞとの目標値(全数に対する割合は不明)

そして、素人なりにゴムがまずいことになるかゴム物性表を見てみた
イメージ 3
華陽物産HP http://www.kayo-corp.co.jp/common/pdf/rub_propertylist.pdf
やばいのは(耐ガソリン性○、だけど:耐エタノール性×)
.▲リルゴム・・・高温耐油性良好
▲Ε譽織鵐乾燹ΑΑξ漏愿強度に特に優れている  これら特徴をもったこのゴム材質は使わない手はないと思うし・・



バルブガイドのシールなんか一番心配なところだ。




***************************



いろいろ調べたものの、協会で推進しているし、元油精製会社が3つになろうとしている昨今、

正直にスタンドに聞いてみた。


いつもの出光
「うちはバイオ混ざっているという話は元売り側から聞いたことないです。
 (こんごは分からないけど)
 この地域は一括で千葉精油所から来てますので、うちだけは入っているということもないです」


しばらくは安心してこのスタンドで入れて行こうと思った。


※ なんなら だれか部品協賛してくれたら、以前のように長期試験してみましょうかね。
    元油精製社別、長期ガソリン浸漬テスト

同調結果記録・・・2

前回の結果にちょっと不満だった。
http://blogs.yahoo.co.jp/askashizka/42433898.html

今日休みだったので、再チャレンジした。

臭くてうるさいので河川敷の公園に出向く。


イメージ 1


後ろのキャブがカツカツ言って、全閉していなかった。
・同調スクリュー調整
・スロースクリュー耳で調整

3気筒みたいのも、振動も、打音みたいのも全て解消した。

それで
ツキもレスも振動も改善した。

帰り道は軽快だった!
なんか、お金出して買ったシンクロメーターがアホらしく感じてしまった。

同調結果、記録


この調整(追記)結果、まあまあになっていました。ただ、ちょっと不満点が

1)冷間初期では3気筒っぽい
   ただし、始動性はいい。(1週間ソークでクランキング2〜3回)
2)冷間暖気時、4気筒爆発でも振動大きめ(クランク打音?)
   アイドル650rpmくらいで持続する
3)4kmくらい走行した暖気終了時点で
   振動が消え、
   アイドルは1,000rpm
4)最終的に車体振動も消え、ミッションだけ振れている

イメージ 1



もう少し技が要りそうだ!
エンジンかからず2回目、
http://blogs.yahoo.co.jp/askashizka/42395665.html

エンジンは充電でかかったのですが、複合要因もありかと、同調を取りに行ってまいりました。

同調の前に点火時期を確認
家の前ではうるさいので、こんな場所で
イメージ 1

明るすぎて確認がムズカシイ!
アイドルは確認できたものの、5,000rpm確認できず
3,000でもやったけどだめ、
静的アイドル0〜3度あたりで良しとした。


その後、同調
1/2キャブ同志のバタフライ全閉とり、各ボアのスロー開度をシンクロ(フロー)メーターで確認
1バレルが流量が出ないです。

1番:1:1(kg/h)
2番:1:6
3番:1:6
4番:1.7 


すこしは良くなったかな?


【追記20.Sep】
その後、全然ダメだった。

“進時のツキが無い。
不整燃焼が多い、中速域以上が多い
L襯潺蕁爾鮓ると、とくに全開発進時で排ガス白煙が見える
と進時、5千回転辺りで息継ぎが発生


先日は、バタフライ全ぺいの同調の後シンクロメーターでの流量測定だったけど、
今回はアイドルスクリューでいかに回転が高くでるかをセッティングした。

結果、いい感じになってきた。
数値より、感性、、、これでよければこれ以上のことはない。
ガス臭くってあれこれ調査結果、FISPA燃料フィルターを交換した。
http://blogs.yahoo.co.jp/askashizka/41801355.html
交換した中古OH品もその後は問題なかった。
(1weekソーク+群馬往復250km+11weekソーク)

交換したときは、吐出側のメクラ蓋からにじんできたと思っていたが、撮影した数枚の写真からはどうやら様子が違っていて、ダイやフラムのシール不良でそこから漏れ出たgasが配管越しに横に流れてきたように思えてきたので記録しておく。

裏付ける写真1
ダイヤフラム出口がすでに濡れています。

イメージ 1


メクラ蓋ではなく、ダイヤフラムのシール面下側が湿っている
イメージ 2


向かって右から
イメージ 4

左から
イメージ 5

今まで疑っていたメクラ蓋
イメージ 6


3064.08
イメージ 7



というわけで静観・・・
イメージ 3



再度OHして、きちっと締めれば使えるかも・・・
締め代がつぶれちゃってて無理かな。

いづれにしてもダイヤフラムを良いものに換えれば再生しそうだ!

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事