「a song for you」の可能性を求めて

大切な誰かのために、自分の思いを音楽にしてプレゼント

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

昨日、辻井伸行さんを取り上げたので、引き続きピアノに関する話題を。先日観た映画「トウキョウソナタ」。昨年製作された黒沢清監督の作品ですね。「おくりびと」のアカデミー賞外国映画賞受賞の影に隠れた感がありますが、第61回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門審査員賞、香港国際映画祭である第3回アジア・フィルム・アワードでは「おくりびと」を抑え作品賞、脚本賞に輝いているんですね。

個人的な感想を言わせてもらっても、本作は「おくりびと」に劣らぬ秀作だと思います。話を単純化すれば、双方とも精神的、あるいは物理的に離散した家族が再生するドラマです。ただ、「おくりびと」に流れる通奏低音には全編を通してかすかなユニゾンとしてのハーモニーが息吹いていますが、「トウキョウソナタ」には通奏低音として硬直した不協和音が澱み続け、エンディングで一気に昇華するといったイメージです。

この「トウキョウソナタ」で最も印象的な音楽が、エンディングで佐々木健二役を演じた井之脇海君が弾く、クロード・ドビュッシーの1890年の作品「ベルガマスク組曲」 (Suite Bergamasque)の「月の光」でした。その演奏風景は実に見事でしたが、井之脇君は以前ピアノをやっていたという経験があり、撮影前に一ヵ月半ほど練習と後で知り、ナルホドと頷いたのでした。

更に驚いたのは、このシーンで実際にピアノを演奏していたのが、高尾奏之介君という13歳のピアニストでした。井之脇君が1995年11月24日生まれ、高尾奏之介君が1995年7月12日生まれという同級生なんですね。また、このドビュッシーの「月の光」は、本作で音楽を担当した橋本和昌さんのサントラ で橋本さんがカヴァーしているようです。

<演奏家のページ 高尾 奏之介 Takao Sonosuke ピアノ曲事典>
http://www.piano.or.jp/enc/pianist/0083.html

映像はコチラで。

<Tokyo Sonata - Official Trailer>
http://www.youtube.com/watch?v=Jv9WS0aouIY&feature=fvw

<Tokyo Sonata - movie clip - Clair de Lune>
http://www.youtube.com/watch?v=V1hNwX6M_P0&feature=related

<Clair de Lune>
http://www.youtube.com/watch?v=-LXl4y6D-QI&feature=related

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事