ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

エスピン=アンデルセンは「脱商品化」、「社会的階層化という二つの指標を用いて次のような3つの福祉レジームを提起した。
 
・社会民主主義レジーム…「高度脱商品化」 、低度の「社会的階層化」(普遍主義)
 
・保守主義レジーム…「高度脱商品化 」、高度の「社会的階層化」(国家主義、コーポラティズム)
 
・自由主義レジーム…「脱商品化」ではなく逆に「商品化」、低度の「社会的階層化」(ただし、市場における競争の結果生じる格差は是認、極端に困窮したものに対象を限定して救済)
 
 エスピン=アンデルセンの福祉レジーム論は、福祉国家に関する研究を大きく前進させたが、限界も有している。特に脱商品化の手法には、政府によるもの、家族や職能団体、地域社会などの共同体的関係によるもの、意外に民間非営利協同組織によるものがあるが、彼の理論においては、第3の非営利協同組織の役割は軽視されている。この点を確認するために、ポランニーの統合様式論を参考に、福祉レジームの3分類を再構成してみよう。
 
 ・社民モデル(国家による脱商品化――再分配+可動性の高い労働市場)
 
  ・保守主義モデル(家族 [職能団体]による脱商品化――家政+可動性の低い労働市場)
 
  ・自由主義モデル(市場による商品化――交換+可動性の高い労働市場)
 
日本は家族の責任負担の重く、脱商品化を家政という分配様式によって実現している点や職業別・地位別の福祉制度による高度の社会的階層化などの保守主義特徴を備えている。そして、労働市場では、職業別・地位別の福祉制度を維持するために労働力の産業間・企業間の移動は抑制され労働力の流動性は低い。その結果、「終身雇用」と呼ばれる長期雇用慣行や「年功賃金」、「企業特殊的技能」の形成、配置転換・出向や残業調整による労働の量的配分調整などの特徴がみられる。
 
その一方で、企業の共同体的な役割や家族への強い依存は、政府の役割を軽減することを可能にし、政府による救済の対象がミーンズテストなどの適格審査によって厳しく限定されるという残余主義の傾向が見られる。この点は、自由主義レジームとの共通点であり、日本の福祉レジームの特徴となっている。まとめれば、日本は、保守主義レジームを基本としつつ、自由主義レジームとの共通点をも持つ複合的なレジームである。
 
これに対して社会民主主義レジームでは、国家を中心とした福祉供給が支配的であり、分配様式でいえば、再分配を主軸にして脱商品化が実現されている。また、社会的階層化の程度が低く国民全員に職業、地位、性別などにかかわりなく同一の条件で福祉を供給しようとする普遍主義の理念を採用している。景気の変動に応じて、労働力の企業への吸収・排出をスムーズに行える流動性の高い市場を必要とする資本主義本来の性格から、これらのレジームが採用されている国では、労働力の流動性の高い労働市場が形成されており、日本とは対照的である。
 
 
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事