ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

収量増大のための、化学肥料や農薬は結果的に労働生産性を向上させるが、まさに環境負荷の増大をその代償としている。

労働生産性の向上一般について、可否が論じられるべきでなく、どんな具体的労働の生産力なのかが問われなければならない。

これを徹底するとすれば、物財全般について、ライフサイクルアセスメントが必要になってこざるを得ない。

問題はだれがそれを実施するのか、コストを負担するのか、ということ。

エコラベルのような、民間の、一定競争的なシステムを用いざるを得ないだろう。メーカーだけでなく、認証機関もユーザーによって評価されるような仕組みが必要だ。


Authentic Blues | John Lee Hooker - Maudie & Tupelo,Mississippi (Live Rare Performance)





莽崛起(The Rising Multitude )

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事