ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

日本軍の戦時性暴力の犠牲者への補償について、韓国政府は、日帝に対して再交渉を要求しないと決めたという。極めて残念なことである。韓国政府は、国内の批判を恐れて、再交渉断念の表明を行ったその日に、北朝鮮のオリンピック参加についての南北会談をぶつけ、報道煙幕を張った。この姿勢もまた、極めて残念なものといわざるを得ない。
 
朴政権と日帝が、戦時性暴力の犠牲者たちの頭越しに、勝手に「合意」なるものを結んだことの不当性は全く明白であり、ムン大統領は、そもそもの不当性を糾すことを公約の一つに掲げていたのではないのか。
 
遺憾ながら、今回の決定は、日帝への屈伏だといわざるを得ない。とはいえ、戦時性暴力の被害者である旧日本軍の性奴隷「慰安婦」をめぐる問題の解決に、誰よりも重い責任があるのは日帝政府であり、それに次いで、この自国のブルジョア権力を打倒しなければならない我々日本の労働する諸個人である。われわれの取り組みの不十分さが、ムン大統領をして再交渉要求を断念させる結果になったのだとしたら、ムン大統領を一方的に責めるわけにもいかない。
 
日帝政府もそれに追随する日本のブルジョアマスコミも、韓国政府の決定の真の意味を知りながら、韓国政府が合意をほごにしたと事実を捻じ曲げている。これは、むしろ、ムン大統領が韓国の労働する諸個人にそれと知られないように日帝との妥協を図るという今の路線続ける限り、ムン大統領にとってはありがたいことだろう。実際には、日帝に対する再交渉の権利を放棄、あるいは少なくとも凍結したにもかかわらず、日帝から非難を受けることによって、日帝と対決しているかのように装うことができるからである。
 
日帝の政府やマスコミの主張をうのみにしているいわゆる「日本」の「保守派」の諸君も、結局ムン氏の韓国における地位の強化に貢献しているわけである。
 
われわれは、ムンジェイン氏に対して、現在の路線、日帝との妥協の路線を放棄するよう強く求める。日程度妥協しつつ、その事実を日帝と結託して隠ぺいするという現在のふるまいは、旧日本軍性奴隷制度と戦う、日韓の労働する諸個人に対する二重の裏切りである。日帝に対し直ちに再交渉を要求すべきである。
 
ムンジェイン大統領よ。あなたに政治家として矜持があるなら、こそこそと人目に触れぬようなやり方だ公約を反故にするような行動は慎むべきだろう。何よりも、旧日本軍性奴隷制度の犠牲者たちのあなたに対する期待を裏切ってはならない。
 
われわれは、われわれ自身の日帝に対する戦いの不十分さを自己批判しつつも、韓国政府に対して、「慰安婦」問題についての再交渉を日帝政府に要求すべきであると提言するものである。
 




莽崛起(The Rising Multitude )

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事