ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

日本は"天皇の上"にアメリカを戴いている


日本は世界に類を見ない特殊な「対米従属」の国である。なぜそこまでアメリカを尊重するのか。それは戦後の日本が「天皇の上」にアメリカを戴くという形で、「国体」を生き延びさせたからではないか――。政治学者・白井聡氏は新著『国体論 菊と星条旗』(集英社新書)でそう喝破した。なぜそうした確信に至ったのか。白井氏に聞いた――。

■「日本を愛してくれるアメリカ」という幻想

――まず『国体論 菊と星条旗』というタイトルが衝撃でした。ふだん「国体」について考えていない日本人が多いと思います。なぜこのタイトルを。

ごく一般的に「国体」といえば、万世一系の皇統のことですよね。「国体」を護持するために命を捧げよ、という価値観に戦前の日本社会が覆われていたのは周知のとおり。敗戦をはさんで、戦後の日本では「国体」は死語同然となった。しかし、「国体」が本当に棄却されたなら死語で構わないのですが、じつは形を変えて存在する。

これが重要なのです。占領をきっかけにアメリカが「国体」システムの中に入り込むことで「国体」は生き延び、今やアメリカが「天皇制」の頂点に立つものとなっている。<菊>を頂点としていた「国体」は、<星条旗>を戴いて戦後も生きているのです。
その結果が、世界に類を見ない特殊な対米従属です。日米関係において「思いやり予算」「トモダチ作戦」などエモーショナルな用語が繰り返し使われるように、「日本を愛してくれるアメリカ」という幻想がふりまかれてきました。それらは、支配の現実を否認するための方便なのです。

この「支配の否認」というゆがんだ心理構造の起源は、戦前の「国体」の概念を考察することで見えてきます。それによれば、天皇と臣民の関係は親密な「家族」であり、そこに支配は存在しない。そのように、支配の現実を否認させたのが戦前の「国体」ですが、戦前に作られた日本人のゆがんだ心理構造が横滑りするかのように、アメリカを頂点とする「戦後の国体」においても働いていて、それが日米関係を不健全なものとしているのです。

その影響は対外関係にとどまりません。支配を否認している限りは、自由への希求も、抵抗する知恵も生まれてこない。つまり、「国体」のなかに生きる人間は「自己満足した愚かな奴隷」になるわけで、このような国民がまっとうな社会を作れるわけがありません。経済にせよ、政治にせよ、今の日本の末期的状態の根本原因はここにある。だからこそ、今、「国体」を問う意味があるのです。

――天皇の上にアメリカがいるという構図には、なるほどとうなりました。

アメリカを頂点にいただく天皇制が「戦後の国体」であるという、この構図を導く際に示唆を与えてくれたのは、政治学者・豊下楢彦さんの「安保体制が戦後の国体になった」という分析です。「天皇とアメリカは代替関係にある」と主張する社会学者の吉見俊哉さんの議論からも多くを学びました。このふたつの視点をいれないと「戦後の国体」の姿は決して見えてこない。こうした先行研究を踏まえつつ、『永続敗戦論』以来思考を重ねたこの『国体論』では、現代日本の問題の本丸がどこにあるかを示しえたと考えています。

■「唯一の被爆国」なのに核軍縮を拒む矛楯

――戦前と戦後の「国体」の歴史を相似形として描いていますね。

明治維新を起点として「国体」、つまり近代の天皇制は形成され、いったんは安定をみた(大正デモクラシー)ものの、昭和初期になると日本を破滅的な戦争という破局に導いていった。「戦後の国体」も、それと同じような三つの段階を踏んでいると考えます。今年明治維新150周年で、まもなく平成も終わりますが、2022年には戦前(維新〜敗戦)と戦後(敗戦〜現在)の長さが同じになります。
それぞれの歴史を見てみると、明治の国体が「天皇の国民」であったのと同じように、戦後日本は占領された状態、「アメリカの日本」として始まる。しかし、その条件を利用して復興を果たし、経済大国へと成長する。それは「アメリカなき日本」の時代であり、戦前では大正デモクラシーの「天皇なき国民」というつかの間現れた天皇制の支配が緩んだ時代と重なります。



Koji @kwave526 12時間12時間前
「一昨年、ロシアのプーチン大統領が、インタビューで痛烈なことを語っていました。「日本は日米同盟に縛られている。それはわかるが、独立国家でありたいという気持ちを少しでももっているのかね。どうやらもってないみたいだけど、そういう国とは真面目な話はできない」

転載元転載元: しあわせの青い鳥

この記事に

  • 顔アイコン

    >「唯一の被爆国」なのに核軍縮を拒む矛楯


    日本の周辺国は核兵器を保有する国がわんさかおりますよ。

    ましてや核兵器廃絶は現実的には無理です。

    世界から核兵器が無くなれば核兵器等の等軍縮は加速すると思いますが、リアルな世界では不可でしょう。

    日本だけに軍縮というなら核兵器を持つすべての国に対して核軍縮を呼び掛け強制的に対応しないと不公平です。

    [ dangerzone ]

    2018/5/16(水) 午後 5:46

    返信する
  • 顔アイコン

    そういう内容的な問題もありそうですが、その以前に《「唯一の被爆国」なのに核軍縮を拒む矛楯》という見出しと本文が一致していない点が、僕としては気になりました。

    自分で転載しといてなんですが、「あれ、おかしいな」と。

    元の元を調べてみないといけないかもしれません。

    [ 阿蘇地☆曳人 ]

    2018/5/16(水) 午後 6:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > 阿蘇地☆曳人さん

    そうでないですか?

    日本は被爆国であることは正しいですが、日本の周辺には核兵器を大量に所持し日本を狙っている国も事実です。

    日本の場合、核兵器を所持していないのもあるでしょうが、日本人が拉致られ未だに返してくれません。

    これがもし、日本が核兵器を所持していれば少しは違うかもしれません。

    書いときますが、私の専門は国際関係であるため、空想の世界ではなく、リアルな世界で考えています。

    ご理解ください。

    [ dangerzone ]

    2018/5/16(水) 午後 8:59

    返信する
  • 顔アイコン

    記事に即していえば、この記事の僕が転載した部分には、白井さんの核に関する考えは何も書かれていません。

    よって、ここに載っている部分だけでは、白井さんに関しては、なんともコメントしようがありません。

    たぶん、核を保有していない日本に核軍縮を求めるということはありえませんから、もっと別の話ではないでしょうか。

    元記事をまだ確認していませんが、おそらく、ノーベル平和賞を受賞した核軍縮運動に対して安倍政権が黙殺を決め込んだことを指しているのではないでしょうか。

    いずれにしてもこれも僕の勝手な想像なので、元記事を確認するまでもう少しお待ちください。

    [ 阿蘇地☆曳人 ]

    2018/5/16(水) 午後 11:55

    返信する
  • 顔アイコン

    > 阿蘇地☆曳人さん

    いずれにしてもこれも僕の勝手な想像なので、元記事を確認するまでもう少しお待ちください。

    書いてくれるまでじっくり待ちますのでよろしくお願いいたします。

    [ dangerzone ]

    2018/5/17(木) 午前 0:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事