ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

直接的生産過程での必要物の自然からの摂取によって非有機的身体が提供され、それら非有機手身体の消費を通じて人間各自の有機的身体が維持・再生産される。

有機的身体の維持・再生産のためには、この有機的身体からの排出物と社会的な排出物(不要となった非有機的身体=物質的財貨)の処理が不可欠である。さらにそのようにして有機的身体のうちに再生産された労働力が再び非有機的身体の生産のために支出される。

こうして円環的な過程が形成され生産が反復されることによって、直接的生産過程が社会的再生産過程の一契機であったことが明らかになる。

〈社会的再生産〉は、次の4つの契機の統一である。(1) 人間一人一人の再生産…食事をして睡眠をとって,自分の生命を維持すること、(2)人間の世代的再生産…子どもを産んで育てること(これが(3)の基礎)。(3)社会システムの再生産…社会のしくみを維持すること、そして、(4)として以上の3契機で使用される物質的な諸手段の生産、すなわち直接的生産過程である。



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事