ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

「マイページ」の「みんなのブログ更新』のなかで特に気になった記事です。

水野和夫氏の『株式会社の終焉』において最近の低金利をめぐる議論を「金融抑圧説」と「過剰資本説」に分類して批判的検討を加えている部分を抜粋とコメントで紹介してくださっています。


時ならめ 風に挑みて 鯉のぼり



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事