ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

9日間にわたる大型企画です。お近くの方は是非!



<日時> 7月21日(土)から29日(日)までの12時から19時。9日間会期中無休。

<会場> ギャラリー古藤 東京都練馬区栄町9-16 武蔵大学正門斜め前・千川通り沿い)
     電話 03(3948)5328
     武蔵大学 東京都練馬区豊玉上1−26−1 武蔵大学大講堂(7月26日トークイベントのみ)

<展示鑑賞>は入場無料(イベント時は展示のみの鑑賞はできません)

会場内での常時ビデオ上映「ドキュメント横浜事件再審裁判」(2006年/12分/ビデオ
プレス)

<トーク・ビデオ上映イベント> 7月21日(土)から29日(日)

参加費:一般1000円 ハンディのある方800円 大学生以下無料

●会場:ギャラリー古藤 予約優先入場 定員40名 

電話メールでの予約をお願いします。
fwge7555@mb.infoweb.ne.jp 電話 03(3948)5328

ホームページ http://furuto.info/

〇7月21日(土)16:00〜18:00 治安維持法と横浜事件 

荻野富士夫(小樽商科大学名誉教授 近・現代史)

トーク後、会場にてオープニングパーティー(参加費別途1000円)

〇7月22日(日)16:00〜18:00 朝日新聞赤報隊事件

樋田毅(元朝日新聞記者、『記者襲撃』の著者)

〇7月23日(月)19:00〜21:00 鹿地亘事件

児島芳樹(NHKディレクター) 参考上映 「鹿地亘関連映像」

〇7月24日(火)19:00〜21:00 木村まき(横浜事件国家賠償訴訟原告)トーク&ビデ
オ上映

「人権ひとすじ─木村亨さんを偲ぶ」(1998年/20分/木村まき)「国は嘘をつく─木村
まき 横浜事件を生きる」(2017年/23分/武蔵大学永田ゼミ)

〇7月25日(水)19:00〜21:00 ビデオ上映「横浜事件を生きて」(1990年/58分/ビ
デオプレス)

「横浜事件─半世紀の問い」(1999年/35分/ビデオプレス)解説 松原明(制作者)

〇7月26日(木)19:00〜21:00(開場18:00)モノが言えない時代を引き裂く 

望月衣塑子(東京新聞記者)講演 ※26日のみ講演会場は武蔵大学大講堂となりま
す。(予約不要)

〇7月27日(金)19:00〜21:00 横浜事件国賠訴訟 

森川文人(横浜事件国賠訴訟弁護団団長)

〇7月28日(土)16:00〜18:00 ビデオ上映「横浜事件を生きて」「人権ひとすじ─
木村亨さんを偲ぶ」解説 木村まき、松原明 

〇7月29日(日)16:00〜18:00  ETV2001番組改変事件

永田浩三(武蔵大学教授・元NHKプロデューサー)

<展示内容>

 横浜事件を中心に、鹿地亘事件、風流夢譚事件、朝日新聞赤報隊事件、ETV2001番
組改変事件、ニコン事件、九条俳句事件など





この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事