ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

講演;今日の天皇制と私たち

年号が「平成」から新しい年号に変わろうとしています。このことに先んじて、というより、このことを利用して新たな政治秩序が構築されようとしています。安倍自公政権の継続をもって憲法が変えられようとしています。この時期、われわれがもたなければいけない政治思想は、「明治」の存続を意図した明治150年ではなく、立憲民主主義ではないでしょうか。その可能性と自公政権の危険性について、きちんとまなんでおきたいものです。

日時:2018年9月30日(日)13:30〜16:30
会場:さいたま市浦和コミュニティセンター 第10+11集会室
(JR浦和駅東口駅前 パルコ10階 労働運動研究会)
参 加 費:600円
プログラム   開会13:30 
講演13:40〜15:00 休憩15:00〜15:15 
講演;今日の天皇制と私たち
講師;鈴木 裕子さん(女性史研究家)
質疑討論15:15〜16:15 
どんなことでも結構です。意見交換しましょう。
討論のまとめ;鈴木 裕子さん 16:15〜16:30
終会16:30

終会後、講師を囲んで懇親会を行います。参加ご希望のある方は受付まで。

主 催:社会主義協会 埼玉県支部
※ご出席の方、ご不明な点のある方は、下記にご一報をお願いいたします。
090−4914−5540(木島)  
090−5779−1507(荒畑)

転載元転載元: なんくるブログ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事