ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示


《なんだか最近セーフティーネット強化とか、富の再分配とか高福祉路線が望まれているような論調を数多く見るのですが、私はこの路線嫌いです。

テレビでもよく、スウェーデンやデンマークなどの高福祉国家の良い所だけを放送してさもすばらしい制度のように煽っていますが、間違ってますよ。

私は交換留学でデンマークに滞在しましたが、デンマークも実は社会不安の強い国で、犯罪率、殺人件数とも日本の約4倍です。自殺率も日本ほどじゃないですが、先進諸国の中では高い方です。
他の高福祉国と言われるフィンランドやスウェーデンでも犯罪率は日本の4〜5倍、殺人に至っては6倍ほどの値を示しています。

なぜか?

高福祉すぎるんですよ。国が面倒を見すぎるために自己責任では何もできない人がたくさんいます。

スラムもありますし、アルコールで動けなくなっている人がごろごろ寝ているような地域もあります。

ドラッグは深刻な社会問題です。

 教育費や医療費の無料化、手厚い生活保護は、子供のいる女性の社会進出を容易にしているため、
猛烈に高い離婚率や大量のシングルマザーを生み出し、家族制度の崩壊が叫ばれ、そういう家庭の子供の犯罪率の高さが大きな問題になっています。

デンマークでよく聞く言葉に「福祉には際限がない」というものがありました。
どんなに国家が面倒を見ても、それを上回る福祉を求める人々は必ずあり、そういう人ほど、自分では何もできない。

これもデンマークでしばしば聞いた言葉ですが
「日本に行きたいよ。こっちじゃ幾ら稼いだってほとんど税金さ。デンマークには夢がないよ。」
彼らの一部は本気でこう思っています。

だから私は断然アメリカの低福祉、低負担路線が好きです。

 税金で国が国民を面倒見すぎるといい事がないと思います。

皆さんどう思いますか?

[補足](抄)
私の質問は『高福祉、高負担の社会』or『低福祉、低負担の社会』どちらが理想かということです。》


Yahoo知恵袋での質問です。

ベストアンサーとなった回答はこちら。

《スウェーデンモデルを出す人は、いい面しか出しませんねw

 実情は私も知っています、高福祉の結果得られたものは、家族の崩壊ですね。

 家族の支えが無くても生きていけますから当然でしょうw

とういうか、家族を支えても給与が出ませんが隣の人の家事をすれば給与が出るそんな制度ですからね

 そういう人は公務員待遇で多くは女性になります、結局何にも生産しているわけじゃないので資源が無い日本では そんなことはとても無理です。

1人暮らしなら当然の家事でさえその有様、自分で何も出来ない人間、将来の夢も希望も少なく、無気力な若者の大量生産と犯罪の増加、まさにふぇみの末路ですね。》

女性の労働参入に分野の偏りがある(指摘されているように公務労働などに集中している)ことは,むしろ,フェミニストによって批判されています。

北欧でも,そうした批判を受けて,家事・介護などケア労働の確保は,行政の直接供給ではなく,WLBなどの時間福祉政策――労働時間の短縮,休業制度の充実によって――当事者によるケア労働確保の条件を整備する方向にすでに転換してきているので,この回答者の理解は,周回遅れといわざるを得ません。


没になった僕の回答は,次のものです。

『高福祉、高負担の社会』or『低福祉、低負担の社会』…こんな風に問題を立てられてしまうと、ほとんど答えようがなくなりますねぇ。

どっちもだめに決まってるでしょう。

大体あなたが言っている「福祉」は、結局「国家福祉」でしかないんですよねぇ。そんなものは悪いに決まっている。スウェーデンでは、いま市民が自前で福祉を協働生産する必要が指摘されている(ビクトル・ペストフ)。

「税金で国が国民を面倒見すぎるといい事がないと思います。」…あまりにも当たり前すぎて興ざめですねぇ。いや正しいのだから、これでいいんですけどね。

「私は断然アメリカの低福祉、低負担路線が好きです。」…これはアメリカ社会の一面だけ見ての論評ですねぇ。あなたの北欧諸国についての指摘はおおむね正しいのだけど、アメリカ社会が自己責任原則だけで成り立っていると思ったら、それは大間違いです。アメリカには「国家福祉」はないけれど別の形態の福祉がちゃんとあるのです。

本当に問題にすべきは、福祉の高低ではなく、福祉生産の主体は誰であるべきかということです。この一点をご再考いただくことが肝要だなぁと思いますねぇ。





サイトやブログを紹介できる掲示板。

転載元転載元: 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ(桜の下で「日本」を屠る決意)

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事