ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示


《私は社会主義者で経済と哲学を学んでいます。

資本主義は社会を狂わせています。

人は元来暖かい心を持っていますが、現代社会はどうでしょうか?


みなさんはどうおもいますか?》



賛成です。

ただし、やめてどうするかは大いに問題。

最初に、ちょっとわき道の議論を。

いわゆる「現存社会主義」を引き合いに出して、資本主義に変わる経済システムの維持が不可能であることが証明されたという趣旨の発言をなさっている方が多数いらっしゃいますが、皆さん、まったく間違っています。

かの諸国のどこにおいても、賃労働と商品生産が一般的・支配的でない経済システムが実際に成立したことはもちろん、そうしたシステムの構築が追及された事実すらありません。

「現存社会主義」=〈後発国型の原始的蓄積段階にある資本主義〉なのであって、「現存社会主義」をいくら批判しても、それは資本主義を批判しているに過ぎません。資本主義を批判しているのに「社会主義」を批判しているつもりになっている自分たちの滑稽さをもっと真剣に反省なさるべきでしょう。

ではいったい、資本主義をやめてどうするのか、いや、それ以前に資本主義をやめるとは、どういうことか。

上で述べたように、賃労働と商品生産が支配的・一般的な経済システムが資本主義なのですから、資本主義をやめるとは、賃労働と商品生産をやめることにほかなりません。

賃労働の揚棄は、協同組合的労働によって実現されます。種々の事業体を労働者の自主管理下におき協同労働によって運営するのです。

次に、商品生産ですが、商品生産とは、見込み生産、すなわち労働の主催者が需要者の意向とは独立の的判断に基づいて行う労働によって生産物を生産すること指しますので、これをやめるということは、需要者の意向を反映した生産を行うことです。

これは、現在インタラクティヴ・マーケティング、ピア・プロダクション、一言で言えば、ユーザー共創型の”商品”生産として、資本主義的企業によって追及されています。彼らは商品生産の枠組みそのものから出ることは望んでいないし、自分たちのやっていることが商品生産の揚棄につながるなどとは夢にも思っていないでしょう。しかし、将来社会においては、こうした手法がユーザーと現場労働者のコラボレーションに活用されることになるのです。

最後に、人間性と資本主義の関係についてです。

商品生産が優勢な社会では、誰でも自由に自分のアイディアを試すチャンスがあるという大きなメリットがあります。資金繰りなど条件が整えば、自分がいけると思ったものを自由に生産して、市場に出してみることができるわけです。しかし、こうした自由は、他方で、無意識的、無自覚的な依存関係を世界的な規模にまで拡大していくという傾向と切り離すことができません。

ただ、チョコレートが好きでしょっちゅう買って食べているというだけで、カカオマスの原産地での過酷な児童労働を下支えしていることになってしまうとか、たまたまスーパーで買った冷凍野菜から国内では使用が認められていない農薬が検出されるとか、そういうことになってしまうわけです。

「生き馬の目を抜く」様な競争は、経済の常道だし、「人を見たら泥棒と思え」というのが正しい処世のあり方だと、われわれは日ごろ自分を納得させていますが、果たし本当にそうなのでしょうか。そのような世の中であるにもかかわらず、たとえば災害時というきわめて困難な事態の中でも譲り合いの精神が発揮される様子をわれわれはこのところ、比較的よく目にしてきたのではないでしょうか。

営利目的の商品生産が支配的な社会において、出し抜きあいや詐欺的商法や不正の隠蔽が横行するのは、当たり前としても、それらとはまったく異なる人間行動が見て取れる理由をむしろよく考えてみる必要があります。つまり、支配的な生産関係に規定された人間性向とは異なる人間の性向があるということです。商品生産に規定されない人間性向にふさわしい、商品生産に変わる生産関係がもし、形成されるなら、商品生産に規定されない人間行動のほうが一般的になっていく可能性があるのではないでしょうか。




  • 顔アイコン

    チャイナ共産を見れば明らか。
    政治は共産主義、経済は資本主義。
    自由競争の資本主義は国家の軍事力となるからです。
    怠け者ばかりの共産主義では経済は弱体化します。

    サヨクのような唯物論の民では
    所詮怠け者が得をする
    全員が貧乏のマルクス程度の精神レベル。
    共産は貧しくて自由がない。最悪。

    人間性の向上への問題は
    その民族の魂の教育だと思いますよ。
    国家ではどこの国もできてませんがね。
    個人で魂を感じた者が、
    魂の勉強するそれ以外に方法は無い。
    唯物論の人に魂は理解できない。
    よって
    唯物の共産主義は未だに成功しないし、
    これからも成功できない。
    自然体とはかけ離れている
    人間の考え生み出すこと全部が
    不完全なものですからね。
    マルクス主義も当然不完全。

    [ 脳天気 ]

    2019/3/10(日) 午前 9:53

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうございます。

    相変わらず、マルクスと近いお考えに敬服いたします。

    「粗野な共産主義」は「全員貧乏」「自由がない。最悪」と、マルクスも指摘しています。

    [ 阿蘇地☆曳人 ]

    2019/3/10(日) 午前 10:53

    返信する
  • 顔アイコン

    >資本主義は社会を狂わせています。

    この考え自体が洗脳じみた馬鹿だと思う。

    何主義であろうと、
    人間性の良い人はいますし、悪い人もいます。


    世の中や社会が何主義であろうと
    自分だけでもいいから、
    物心豊かな(お金持ちで、人間性の良い)
    人間を目指せばいいだけの事で、
    何主義であろうとマルクスであろうと
    皆がお金持ちで人間性の良い人に
    なるわけがないのです。
    それは主義やマルクスなどの誰かに決めて
    もらう事ではなく、自分自身が決める事。
    人生において、素敵な人間になるのも、
    犯罪者のような屑人間になるのも、
    全部自分の意思決定の結果ですからね。
    悪いことを何かのせいにした時点でダメな人間。
    資本主義のせいにしていること自体がダメ人間。www

    [ 脳天気 ]

    2019/3/10(日) 午後 4:20

    返信する
  • 顔アイコン

    資本主義の所為=自分の所為です。

    「他なるものは、我である」の境地です。資本主義の問題点を自らの誤りとして引き受け、革めるということです。

    自分以外の何物かに直接的な原因があるとしても、実はその更に根底を探れ自分自身が原因になっている、こういう捉え方です。

    それに対して「自分だけでもいいから、物心豊かな(お金持ちで、人間性の良い)人間を目指せばいい」という考えは、実現可能性が低い、絵空事の理想主義です。

    [ 阿蘇地☆曳人 ]

    2019/3/10(日) 午後 5:42

    返信する
  • 顔アイコン

    共産の君たちが実現性が不可能なだけで、
    資本主義で成功者はそれを可能にしたわけです。

    共産主義者は資本主義で成功できないものだから、
    資本主義が間違っているような言い方が気持ち悪いの。

    所で共産主義者で成功者はいる?
    まさか不破さん?ww他に?

    [ 脳天気 ]

    2019/3/11(月) 午前 11:51

    返信する
  • 顔アイコン

    何をもって成功者とするのかにもよるでしょうが、世間一般の基準で言えば、僕自身は「成功者」です。

    つきたい仕事に就き、お金にも不自由していません。

    「なんとか、自分の手を汚すことなく、自分の親が死んでくれたらいいのに」と思うようなこともありません。

    [ 阿蘇地☆曳人 ]

    2019/3/11(月) 午後 4:06

    返信する
  • 顔アイコン

    結果がそれならあなたにとっても、
    今の資本主義は良い世界と言うわけですね。

    [ 脳天気 ]

    2019/3/13(水) 午前 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    いいえ、とんでもありません。

    どんなに自分が恵まれていても、所詮、他人の犠牲の上に成り立っている「成功」です。長続きしません。

    正当性がないのです。

    [ 阿蘇地☆曳人 ]

    2019/3/13(水) 午後 0:24

    返信する
  • 顔アイコン

    > 阿蘇地☆曳人さん
    の成功の生活は誰かの犠牲で成り立っているんですか?
    それはチャイナ共産と同じで悪い成功ですわ。w

    成功に対して思考がネガティブなんですね。
    共産主義者は成功者に対しても、
    もれなくネガティブなのは
    知ってましたが。www
    異論者は粛清だもん。wwww

    [ 脳天気 ]

    2019/3/13(水) 午後 4:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事