ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示


《もしマルクス、エンゲルスが共産主義を発表していなかったら(若しくは焚書されこの世から抹消)共産主義は世界では広まらず歴史は変わっていましたか? それとも他の誰かが例えば中国の無鬼論等が共産主義の代替として発展しましたか?》

中国の無鬼論は、儒教の中で唱えられている説ですから、身分秩序という人と人のあいだの支配隷属関係を是とするもので、そこから❝人々の自主的自発的意思にもとづいて、アドホックに形成される協働関係が資本主義の中から生まれてきてやがて資本主義にとって代わることになる❞というマルクスのアソシエーション理論に近いものは絶対に生まれては来ないでしょう。

A.トフラーやP.ドラッカーの方が、ずっとマルクスに近い要素があります。ただ、彼らは、マルクスよりもはるかにあと時代の人で、彼ら自身がマルクスから影響を受けている可能性があるので、マルクスがいなかった場合、彼らがああした理論にたどり着けないということも絶対にありえないとは言えない気がします。ただ、彼らのことですからむしろ、マルクスの穴を彼らが埋めることになった可能性もないとは言えないでしょう。

マルクスと同時代ないし、それ以前の人物では、トクヴィルの存在が重要だと考えます。彼は、通常、マルクス主義とか、フランス革命の急進派とか、その手の左翼思想の根源的な批判者として位置づけられる存在ですが、意外にも、アソシエーションの重要性の認識という点では、マルクスと極めて親近性の高い議論展開しています。

詳細は以下のリンク先をご参照ください。

https://blogs.yahoo.co.jp/assocy/36153910.html
https://blogs.yahoo.co.jp/assocy/16626092.html

マルクス自身の理論とは、根本的に異なるものですが、遅れて資本主義化を開始した諸国のある種の開発独裁理論ということで言えば、マルクス・レーニン主義とその亜流以外にも、日本の天皇制ファシズムやイランのパーレビ体制の「白い革命」理論とか、アルゼンチンのペロニズムなど、多様なものが出現しています。

基本的に、理論が社会を変えるわけではなく、所詮、理論というものは、実際に起こっている社会の変化を後付けで説明することしかできないものです。

だから、どんな歴史的事象についても、特定の理論がなければそれが起きなかったなどということは基本的にありえません。

そして歴史的事象が発生すれば、それについての理論も必ず発生します。「いつ誰が」ということは決まってはいないのですが。

https://blogs.yahoo.co.jp/assocy/37981939.html


変な名前なんですけど、とってもいい曲をたくさん持っているバンドです。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事