ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫全体表示

http://www.participatoryeconomics.info/ より【粗訳】


参加型経済(Paticipatory Economics)は、我々の現在の経済システムに代わるものとして提案される民主主義、正義と生態学的な持続性に基づく新しい経済のモデルである。このサイトは読者に、参加型経済の詳しい情報と共に、その主要な意義と関連諸制度の紹介を提供する。
 
イントロダクション
 
我々の現在の経済システムに代わる、より望ましくて存続可能な代替案は、漠然とした理想や耳ざわりの良いことばを越えてどのようなものであるべきだろうか?参加型経済(Pareconと略されることもありる)は、資本主義や中央集権的に計画された社会主義に代わるものとして経済をどのように組織化することができるかを説明する、比較的わかりやすく包括的なモデルである。


このウェブサイトの目的は、一般市民の間で参加型経済学の認識を高め、理解を広めること、そして読者がモデルをより詳細に探求するために踏み出すことができる踏み台を提供することである。


以下の第1部では、一般的な紹介と背景情報から始める。
    
2部では、望ましい経済に基づく一連の目標または価値を示す。
    
3部では、参加型経済の主要制度について説明している
    
4部には、モデルのさまざまな側面を探る記事が追加されている
     5部では、参加型経済モデルを中心に組織しているグループに参加する方法を含む、さらなるリソースへのリンクを提供する。

 
経済が何であるかをもっとよく理解したいという人は、始める前に経済の基本入門書を読んでおくと便利かもしれない。

 
【以下、第1部の主要部分のみ抜粋】
 
要約すると、参加型経済は生産的資源の社会的所有、自己管理型職場および近隣協議会を伴う。職場内での決定は民主的に行われ、各労働者は1票を投じ、機械的な単純作業や技能向上の見込めない仕事にくぎ付けになるものがないように職務のバランスが考慮され、支払いは自分の努力または個人的な犠牲に応じて行われる。地域社会の市民は近隣協議会に属し、そこで消費や地方公共財に関する決定に参加することができる。労働者協議会と消費者協議会は、より大きな地理的単位で構成される民主的な連合構造にリンクされており、非集中型の民主的計画手順を使用して経済全体の計画が作成される。
 
参加型経済の主な価値観や目標は、次のように定義されている。
 
   自己管理 - 影響を受ける度合いに応じて意思決定を行う
   正義 - 努力または個人的な犠牲に対する報酬
   連帯 - 他人の幸福への関心
   多様性 - 多様なライフスタイルと結果の繁栄
   効率性 - 限られた時間とリソースを無駄にすることなく目標を達成する
   持続可能性 - 私たちの自然環境の保護と育成
 
これらの目標を達成するための主な制度は次のとおりである。
 
   民主的な、労働者および消費者評議会
   エンパワーメントと望ましさのバランスの取れた仕事
   努力と必要性に基づく報酬




サイトやブログを紹介できる掲示板。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事