ここから本文です
自虐史観の葬送のために!守るべきは社稷であって国家ではない!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 《中産階級に属してはいても接客職務についていない両親は、地位的権威を承認するように子供を訓練することもあるし、労働者階級に属してはいても接客職務についている両親は、人格的権威を承認するように子供を訓練することもある。すなわち、感情労働を要する職業では、感情管理をまなび、感情の規則にしたがうことをまなぶこと、これが重要なのである。感情労働を必要としない職業では、行動の管理をまなぶことが重要であり、会社もこれをもとめる。(Hochschild, 1983:159)》
 
親が自分の職業にもとづいて自分の子どもにも同様の職務で必要とされる技能を身に着けるように接するとホックシールドは考えている。
 
《ホックシールドがいうように、「階級的相続の一般的パターンがあたえられていれば、それぞれの階級は自分の子供たちに『自分の』タイプの労働環境に必要な熟練を用意し、階級にふさわしい仕方で引き渡す傾向がある。」7)(Hochschild,1979:570)》
彼女のこの認識が論理的に導出されたものか、観察にもとづくものなのかは不明である。
 
それは兎も角、鈴木氏自身は、ホックシールドのこの研究から注目すべき二つの指摘を取り上げている。
 
《労働者階級は諸階層に分化しており、労働過程の相違がこの諸階層への分化の1つの要因をなしていると考えられる。ここでは、こうした諸階層間にあって、両親の職務が労働過程で感情労働を要する職務であるかいなかによって、イデオロギーの再生産の仕方の差異(感情労働による感情管理の異なった仕方)が指摘されている点が重要である。》
 
《第2に、ここでは、職場における労働者統制の構造と、家族におけるイデオロギー的再生産との関係が示唆されていることである。人格的家族における子供の意志へのはたらきかけや説得によるコントロールと、地位的家族における地位に依拠する行動命令によるコントロールとの差異がうまれるのは、職務が感情労働を要するものであるかいなかによることは、すでに指摘されていた。だが、さらにホックシールドはいう。オートメーション化によって感情労働を要求する職務が増加するとすれば、人格的コントロールシステムのなかでの感情労働、感情の規則、感情の社会的交換が、職務中や職務をはなれても、ひとびとが説得される方法となる。逆に、オートメーション化が感情労働の職務を減少させるとすれば、非人格的コントロールシステムの拡大に導く、と。(Hochschild, 1983:160)》

 そして、鈴木氏は以上をまとめ次のように述べる。

《ホックシールドの考察からは、職務における統制の型が、家族における感情のあつかいをイデオロギー的に決定する、という仮説が導かれるのである。ホックシールドの考察は、職場の統制システムと家族関係を考えるうえで、重要な洞察を投げかけているといえる。》




此図中(オランダ「地球之図)にいでや吾皇国は何所のほどゝ見あらはすれは,たゝ心ひろき池の面にさゝやかなる一葉を散しかけたる如き小嶋なりけり。然るを異国の人に対して,此小嶋こそ万邦に先立て開闘たれ,大世界を臨照まします日月は,ここに現しまし、本国也,因て万邦悉く吾国之恩光を被らぬはなし,故に貢を奉て朔し来れと教ふ共,一国も其言に服せぬのみならす,何を以て爾し給ふそと不審せん時,こゝの太古の伝説を以て示さむに,其如き伝説は吾国にも有て,あの日月は吾国の太古に現はれましゝにこそあれと云争んを,誰か裁断して事は果すへき。(上田秋成“宣長への手紙”『全集』第1巻234頁)
<解釈>
この地図の中で、さて、我が皇国はどこであろうと見てみると、広々とした池の水面に木の葉を一枚散らしたような小島です。それを外国人に対して、「この小島こそが諸国に先駆けて開闢された地で、世界中を照らしている太陽や月は、この地より現れたものであり、ここが太陽と月の本国なのだ、したがって、世界中に我が国の恩光を受けない国などないのだから、貢物を持って挨拶に来なさい」と教えたところで、ただの一国も言うとおりにしてくれないだけでなく、「一体どうしてそんなことがいえるのですか」と問いただされて、手元にある(記紀などの)古い伝説を持ち出して説明しても、「その手の伝説は、私の国にもありますよ、あの太陽や月は、私の国にこそ最初にあらわれたのですよ」などといっていい争いになるのを、一体だれが、成否を判断して決着をつけるというのでしょうか?
 
単なる相対主義、不可知論であるという点で限界のある見地だ。しかし、ここに書かれていることは、事実認識としては、否定できないはずだ。
 
あちらもあちらで、"和皆社会"だとか"社会主義市場経済"だとか、神話作りに余念がない。
 
虚構に基づく虚勢の張り合いにうつつを抜かす暇など我々にはないと思うのだが…ww失笑
 


転載元転載元: 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ(桜の下で「日本」を屠る決意)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事