アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

関田・温井〜鍋倉山

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22 イメージ 23 イメージ 24

イメージ 24

○山行地 関田・温井〜鍋倉山
○山行日 2015年3月8日
○メンバー L関原 松矢 ほか1名
○報告者 松矢

 朝の高田の天候はポツリポツリと小雨。6:10関原宅へ松矢が集合後、7:30飯山道の駅でW氏と合流。関原、松矢ともに鍋倉山スキーは初めてのため、車でW氏の後を追う。終点の温井集落のどん詰まりには既に10台程の駐車あり。W氏いわく、今年の積雪は昨年の倍はあるのでは…と。

 シールを付けて8:10に登行開始。風もなく寒くもなく林道沿いにトレースもしっかり付いていて歩くには丁度良い。行動開始後直ぐに暑くなり1枚脱ぎながら30分程歩き、650m地点から広い雪原となり非常に緩やかな登りで木々は点々としている。
 20分程歩くと1階が雪に埋もれた田茂木山荘前に到着。中には人が居るようで、多分前日入りした飲んべい野郎どもが出発の用意をしているのであろう。更に雪原を20分程進むと780m辺りから巨木の谷と呼ばれるエリアの入り口に到着し、急にブナの巨木の森になる。
 急登して尾根に上がるか、それとも沢を詰めていくか、コースを選択しなければならないが、当然楽なコースの巨木の谷の北側の沢を詰めることに即決定。沢の両脇とも木々がしっかりしており雪崩れてくる危険もない。
 スノーモービルの跡があり、「当然入ってくるよな」とか、「1台いくらするのか?」などと話しながら、致し方なくしっかりそのトレースを利用してしまった。スローペースでトップを代わりながら1時間ごとに休憩を入れ登行を続けるが、そのままでは黒倉山へ向ってしまうので1100m地点で沢から抜け方向を東に取りトラバースしながら鍋倉山頂を目指す。

 鍋倉山頂には11:30着。到着時は誰もいなかったが、次々と尾根コースの人達が上がってくる。山頂は若干風はあるものの、ガスって視界は効かないため直ぐにシールを外して下降開始。山頂直下は軽いアイスバーンである。パウダーを期待したが時期的に無理な話であり、2月の新雪なら大変気持ち良く滑降できたであろう。
 50m程下っては右手へトラバースのパターンを繰り返しながら下る。途中、関原の片足のスキーが突然外れ危うくブナに激突するところであったが、そこは長年培ったテクニックでクリアし難を逃れた。
 鍋倉山を代表するブナの大木「ブナ太郎」があるのだが、どれがその木なのか探す気もなく、下るに従って当然のごとく雪質は重くなり脚力がついてこない。なんとか雪原に到着する手間で15人程のパーティーが滑り降りて来た。大きなザックを背負っているので、山中で1泊したのであろう。彼らの上をトラバースで巻いて雪原に出る。後はダラダラと下るだけ。

 12時に田茂木山荘に到着し山荘前で昼食を取る。松矢が簡単なおでんを作り、ノンアルコールビールで乾杯しながら、「3月の月例山行はおでんも良いね」などと話していると、先程のパーティーが下って来たので「山中泊ですか?」と尋ねたら、雪洞泊してきましたとの返事。お疲れさんでしたと会話を交わしながら彼らは一足先に下山。

 昼食を済まし林道に沿って滑り降り12:40に車へ到着。朝到着した時より更に駐車数は10台程増えていた。この山の人気ぶりがうかがわれる。13:00に温井集落を出発し、途中戸狩温泉望の湯に立ち寄りゆったりと汗を流し、13:50にここでW氏とはお別れし関原、松矢は帰路に就いた。途中で留守本部の船山(康)さんへ下山報告を入れ、14:50には関原宅に到着し解散。上越市側とは人気が全く違う鍋倉山は、パウダーの時期に是非とも一度行きたい山となった。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

長年培ったテクニックなんてありません。
スキーのビンデングが弱めなのが裏目に出て、
滑りながらスキーが外れて、もう大変でした。
内側の靭帯を痛め、それからは泣きのスキーでした。
戸狩温泉望の湯 43度〜熱めの湯でした。
温まりましたね〜^^ お勧めです。 削除

2015/3/19(木) 午後 4:48 [ ] 返信する

顔アイコン

人気の山にはそれなりの訳があるのでしょうが・・・。
でもあまりに偏った最近の山スキーヤーの生態ですね。関田は鍋倉、妙高は前山、三田原ばっかし。人のいない静かな山のすばらしさを知ってほしいと思います。
何のために山へ向かうのか? どうしてゲレンデを飛び出したのか? 美味しいものを頂くため、なんて違うか。 削除

2015/3/20(金) 午後 1:26 [ なめこタン ] 返信する

顔アイコン

スキーは岩と違い雪質の状態や天候により、同じ斜面でも色々な滑りが楽しめます。岩にはない楽しみ方があります。またスキーのビンデングの強さですが50坩焚爾了笋任眈錣忘廼にしてあります。

2015/3/20(金) 午後 9:21 [ roc*an*sno*1*5 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事