アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22 イメージ 23 イメージ 24

イメージ 24

○山行地 北ア・八方尾根〜押出沢〜ガラガラ沢〜二股
○山行日 2015年4月26日
○メンバー L永田 関原 ほか3名
○報告者 永田

 GWに幕営での剣沢周回が計画され、その予行練習として八方ガラガラ沢が計画された。当初私も剣沢周回に参加予定だったが、家庭の事情で行けなくなってしまった。しかしながら、ガラガラ沢は行ったことがなかったので、参加することにした。

 7:30に八方第5駐車場に長野の2名と上越からの3名が合流する。八方ゴンドラ駅で荷物を下ろし、車1台を下山口の二股にデポをする。ゴンドラとリフト2本を乗り継ぎ、八方池山荘に到着し、シールを貼って登りの準備をする。
 八方池山荘から稜線は雪が融けて夏道がでている。稜線以外は雪がしっかりついているので、斜面を登っていく。本日山スキーデビューのメンバー1名いるので、歩き方やキックターンを説明しながら進む。
 今日は高気圧に覆われ、雲ひとつない快晴だ。今シーズンは山スキーを計画すると、強風や悪天でことごとく中止となることが多かったが、今日は最高の天気だ。景色を楽しみながら、八方山と八方池の中間地点の夏道まで登り、そこにスキーをデポをする。
10:30 八方池のふもと到着し、少し早いが昼食だ。八方池はまだ雪の下で、どのあたりが池かも判然としないが、周囲の山々の最高の景色をおかずにここで1時間ほど過ごす。

 11:45 昼食をたっぷりとったあと、スキーデポ地点まで戻り、押出沢を滑走開始だ。斜度25〜30℃程度の快適なザラメ雪が延々と続く。雨溝がところどころ深く滑りにくく、そんなところは斜滑降でやりすごす。途中よりガラガラ沢に合流する。標高差900mもゆっくり休みながら滑ったつもりだが、楽しい滑降も30分で終わってしまった。
 12:20 ガラガラ沢の末端は土と岩だらけデブリとなり、そこで板をザックにくくりつけ歩く。この下は南股入の沢となり、水流がでている。ここから渡渉し、左岸に渡ろうと考えていたが、右岸伝いに雪が続いて滑っていけそうなので、板を履いて滑っていく。 ところどころ岩と土のデブリとなり、板のソールが傷つかないようそーっと滑る。渡渉できそうな場所がないか何度か沢をのぞきながら進むと、やがて大きな堰堤に行く手を阻まれた。ここで渡渉をするためにそれぞれシューズを履き替えたり防水の準備をする。
 しかし、深さを測ると結構あるので、ここでの渡渉は止めて、堰堤に登りこの先の様子を偵察すると、この先は沢幅が広まり、流れがゆるやかになっていそうなので、堰堤を越えてから渡渉することにした。

 堰堤に登ると高さは5mほどあり、堰堤の端まで行き、先に2人が空身でブッシュをつかんで下に降り、全員の荷物を下ろしてから、あとの3人も下る。あらかじめ偵察で見つけた流れがゆるやかな場所まで行き、足元を整え、スクラムを組んで渡渉をする。無事に渡渉を終え、一安心だ。足元をスキーブーツに履き替え、左岸の林道を二股まで30分かけて歩いていく。
 15:15 二股の車デポ地点に到着する。堰堤越えと渡渉に苦労したが、全員無事で何よりだ。

 今回は私がパーティのリーダーだったが、多々反省点があった。
 ・事前の調査不足で渡渉地点にあたりをつけていなかったので、現地に来るとベストな
  渡渉地点を判断できなかった。
 ・そもそも自分の足周りの準備が足らず、積極的な渡渉ができなかった。
 ・安全確保のためメンバー全員にスリング・カラビナを持参させるべきだった。
 ・ロープは私の用意した10m1本しかなく、渡渉や下降にもう1本あれば…、という
  状態だった。
  自分自身が滑落や流されることも考え、他のメンバーにも用意させるべきだった。
 
 リーダーとしての反省点はいろいろあったが、自分のあいまいな判断のみで動くことなく、ベテランメンバーの意見も確認し、事故なく山行を終えることができた。自分としてはふがいない点もあったが、メンバーの意見を尊重しつつ判断するのもリーダーの役目!と前向きに考えることにしよう。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

やっぱ春山スキーは楽しそうですね!
ところで、剱のトレーニングを兼ねていたとのことですが荷物、軽くない?
滑っているフォームが優雅なんですけど…。

2015/4/30(木) 午後 8:14 [ ane*o2*2 ] 返信する

顔アイコン

ハイ やはり優雅に滑りたいです。 剣のトレーニングは、スキー登行の用具の確認と雪質にあった滑りのトレーニング。 そして一番大切な渡渉の目利きでした。

滑れて、ちゃんと安全に帰ってくる。 ここが大切なのです。
地図読みから、どうルートを取り、現状を読み柔軟に行動するか?
事故等を考えると、3人以上で行動する事が良いと感じています。

2015/5/1(金) 午前 7:11 [ sek***** ] 返信する

顔アイコン

山でのリーダーはメンバーの安全を確保する義務があります。メンバーが多いほど問題も多く念密な打合せと労力が必要になります
この経験を次回に生かしていきましょう。

2015/5/1(金) 午後 10:16 [ roc*an*sno*1*5 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事