アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22

イメージ 22

○山行地:北ア・立山室堂〜剣沢〜長次郎谷
○山行日:2015年5月2日(土)〜3日(日)
○メンバー:L関原 山越 小林 他1名
〇報告者:小林

 5月ゴールデンウィークが本格的に始まりこの度、関原リーダーのもと剱岳周遊スキー山行を行ってきた。早朝4時に高田ICを出発し立山駅へ到着する。予想通り駐車場が込み合っていたがなんとか駅手前の駐車場へ駐車することができた。準備を済ませチケット売り場ではこれから向かう人たちで賑わっていた。一番早い乗車で7時20分発ということでそれまで待つこととなり、改札口では数多くの登山者が見られていた。連休前からの天候も引き続き快晴となっており、ケーブルカーと室堂行きのバスの間も十分な景色を楽しむことができた。

 9時位に室堂に着くとスキーに履き替え雷鳥沢キャンプ場へ下っていく。キャンプ場からはたくさんの登山者が次々と登り始めていた。シールを貼り付けまずは剣御前小舎を目指す。気温も高く歩き始めると汗をかきTシャツ1枚で十分といった感じとなる。12時過ぎに剣御前小舎に到着、昼食を済ませると剱沢キャンプ場へ滑り降りていく。斜面の大部分が溝状になっており雪はシャーベット状態でとても滑りにくく、重たい荷物を背負ってでは不安定で時間を要してしまう。13時に苦労しながら剣沢キャンプ場に到着するが、当初予定していた真砂沢方面へは雪の状態と労力を考慮し厳しいと判断し、剱沢キャンプ場での幕営とした。

 早速スコップを使用しテントの設置と雪で削り固めたテーブルと椅子を作っていく。作り終わった後はビールとつまみを持ち寄り宴会となった。テント場から見える剱岳は素晴らしく時間の経過でいろんな表情を見せてくれる。すっかり魅了された私はもったいないと感じ1人剣御前から滑降に向かった。
 荷物がない分身体も楽で、尾根から見渡す景色は何とも素晴らしく言葉にできないくらいであった。途中で雷鳥のペアを発見、とても愛らしく近づいても警戒心がなく白くてきれいな姿を見せてくれた。尾根つたいからキャンプ場が見渡せる位置にくると剱沢小屋方面へと滑り降りていく。
 きっとキャンプ場から自分の姿を見ていてくれただろうと思って戻ると「えっ?いつ滑ったの?全然わからなかった」「室堂に行ってなければいい」と話をしていたと言われてしまった。そんなこんなでまさに周遊とその後の宴会を楽しみ1日目が終わった。

 2日目、天候もよく雪の状況と疲労度などを考慮し夏合宿に向け源次郎尾根、長次郎谷へと向かうこととした。早朝の雪は硬くとても滑りやすいとは言えなかったが、源次郎尾根手前からは溝がなくなり滑りやすい状態となっていた。「始めからこの状態であったらな」と思っても仕方がない。
 関原リーダーによるアプローチまでの説明を受けながら長次郎谷の雪渓へと到着する。スキー板を外しつぼ足で登っていく。アイゼンがなくともトレースを辿るだけで十分に登って行けコース取りの説明を受けながら約1時間半1,2のコルのアプローチまで到着した。
 熊の岩が近くに見え始めこれから剱岳を目指す方々が確認できた。岩の状態の確認と夏山の様子をイメージし引き返すこととなった。引き返すこと20分、剱沢キャンプ場へ戻っていく。キャンプ場に戻ると2日目の夜に予定していたチーズホンディュをいただく。まさか山で洒落たものを食べられるとは思わず食料担当の山越さんに感謝である。
 
 美味しい食事を済ませると帰りの支度をし室堂へと向かう。装備の重みと雪の状態から足が取られやすく休み休み滑っていく。その中でも若林さん、しっかりテレマークを決めて滑っていくわけであるから流石である。
 雷鳥沢からは上り返しとなり室堂までとても難儀をすることとなった。最終5時のバスに間に合うか時間との勝負となったが4時半に室堂に到着しチケットを買い求めることができた。帰りの室堂発では乗りきれない人たちが多く結局6時近くになって乗車となった。

 2日間、身も心も大変な刺激を受けた山行となり関原リーダーをはじめメンバーに感謝。夏合宿でもよい成果を上げられるように今後も取り組んでいきたいと思う。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

雪の状態が悪く残念でした。剱に入ったら一泊二日ではもったいないです。

2015/5/13(水) 午後 9:07 [ roc*an*sno*1*5 ] 返信する

顔アイコン

せっかく格好良く滑ったのに誰も見ていなかったなんてガックリでしたね。
でも、剱の岩壁はちゃぁんと見ていましたよ!
「この夏、仲間と一緒に岩登りで楽しめよ!待ってるぜ!」ですとさ。

2015/5/13(水) 午後 9:47 [ kup*nn*onn ] 返信する

顔アイコン

4月5日に富山県に登山届を出して、4月12日に登山届済書が送られてきました。
剣沢下部は、5月15日まで危険地区 今回計画したのは、剣沢〜池ノ平〜大窓〜
中仙人谷(スキー)〜馬場島の剣岳周遊スキーツアーでした。
あまりにも、快晴が続き雪渓が縦ミゾに掘れて滑走が楽しくなく、また雪解けの速さから、白萩川の増水と渡渉が5回程あり悪いとのことで計画を変更しました。
リーダーとして、6ヶ月温めてきた計画を諦めるにあたり、かなり葛藤がありました。
天候、仲間とも最高の条件で、入山しても叶わない自然環境
決断とは、誰の為にあるのか? アスターク夏合宿の為に、仲間に経験させたい。 私の結論でした。春山が登れ、スキーが滑れる事、そしてテントで泊まれること

そして無事に笑顔で山を降りれる事、 山行の楽しさを伝えることが出来る幸せ
これほどの喜びはありません。


準備や、調査には、1ヶ月以上掛けています。それほど熱く恋焦がれた山
心に刻む感動を覚えた剣岳でした。

留守本部、永田さんありがとうございました。 今度行きましょう〜
山は逃げないから、最高の剣岳をお見せします

2015/5/15(金) 午前 7:54 [ sek***** ] 返信する

顔アイコン

アスタークの夏合宿は、 岩と雪の殿堂 剣岳の岩稜、雪渓、八ッ峰の岩場
ベースは剣沢にて幕営です。

日程については、7月26日(日)〜8月3日(月)の期間で行います。(参加者を集約します。)

クライマー養成教室の山行と同時時期になります。
5月24日クライマー教室にて、7月の行動予定が決まり次第、アスタークの夏合宿の要綱を6月の例会に提出します。 今から予定を開けておいて下さい。
2泊3日以上の予定をお願いします。

2015/5/18(月) 午前 11:05 [ sek***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事