アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

刈羽・大平〜米山

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13

イメージ 13

○山行地 刈羽・大平〜米山
○山行日 2016年2月28日
○メンバー L関原、本間、長谷川、今泉、松矢、船山了
○報告者 船山了

 小雪の今冬、満足がいく山行が出来ていない中、この米山山行に参加させてもらった。道路上にも雪が無いまま、登山口の大平につき、先客の二人に次いで我々も身支度を整える。私は雪の状態からスノーシューは履かずにリュックに背負って出発した。
 登山道には雪も程々にあり、先日での踏み跡で丁度良い状態で歩きやすく、一歩一歩ゆっくりのペースで歩き始める。直ぐに、後ろからスタスタと追い越してゆく一団が、我々と同年輩でありながら長靴を履き、確りした足どりに驚かされた。我々もハッスルすべきかと思ったが自重する。
 道は一旦林道に入り、再び斜面に入る。程なく山頂から東に延びている尾根にでた。尾根筋は雪が少なく所々に木の階段が見えている。若干のブッシュはあるが今シーズン歩いた他の山より歩きやすい。と云うより6名もの仲間と歩いておれば苦になら無いと言うことであろう。

 天候も前後の悪天の間に晴れを引寄せ、先週の延期が「吉」と出た。この山行は3月の屋久島、宮之浦岳への前哨戦としての訓練を予ての山行として計画され、メンバーは山小屋泊の装備と食糧を調達してきている。私はそれに便乗させてもらっての気楽な山行である。久々の山行にも関わらず力強い歩きは、強行スケジュールの本チャンでも安心して 行けるだろう。

 標高711mのピークに立てば山頂の小屋も近くに見え、雪もビッシリついた斜面が広がっている。此処からは痩尾根の小さな登りを繰り返し、最後の急登はやはり苦しい。ブナの林が慰め、励ましてくれて、乗り越えた。
 山頂からは尾神岳や刈羽黒姫が黒々と見え、眼下には国道を走る車も見える。昼御飯は立派な避難小屋の2階で大きなテーブルを囲んでの楽しみの一時、仲間がいての楽しいお喋り、仲間がいての楽しい山登り、万歳!

 下りは以外と大変だった、急斜面でのバランス、硬くなった雪面でのスリップ転倒でワイワイ言いながらの下山、駐車場に着いたときには程よい疲労感を感じ、長峰の湯に浸って鋭気回復し帰路についた。

[コースタイム]大平(180分)山頂(120分)大平

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

昼食の写真が無いのはなぜ? それはね、6人とも美味しい食事に夢中で撮影をすっかり忘れていたためです。

2016/3/3(木) 午後 7:11 [ tak***** ] 返信する

顔アイコン

スキーで米山を! と思いながらなかなか実現しません。
大平コースのスキー利用はどんなものでしょうか。滑走は無理としてもチャレンジしたいと思っています。

2016/3/3(木) 午後 8:14 [ ast*a*920 ] 返信する

顔アイコン

米山山行の写真追加しました。
大勢での山行は楽しそうですね!

2016/3/3(木) 午後 9:52 [ ane*o2*2 ] 返信する

顔アイコン

食べ終わってから、
写真撮るの忘れた。
と気づき もう後の祭りf^_^;) 削除

2016/3/3(木) 午後 10:36 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事