アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

○山行地 北ア・室堂〜剱御前小舎〜奥大日岳
○山行日 2016年04月30日〜05月02日
○メンバー Ⅼ関原 中村 松木昭 山越 ほか1名
○報告者 山越

 今年のゴールデンウイークは、剱沢ベースにして、予備日も入れて3泊4日で剱岳八ツ峰主稜、剱岳源次郎尾根を狙う雪稜チームと、山スキーチーム合わせて総勢8名という合宿なみの山行である。私は松木さんと最近入会された中村さんの3名で、八ツ峰主稜を登る。私は、このところ山から離れており、体力的、技術的にもきついので、源次郎尾根に変更してもらいたかったが、今回の山行の総監督である関原さんに、「不安なのは分かるが、それでは進歩しないだろ。」と言われる。今回の山行に対する関原さんの思いは相当あるようだ。

 4月30日の初日は、室堂から剱沢までの気楽な工程である。今日の天気はまずまずだが、昨日は荒れていたようで、雷鳥平の各テントの防風壁の高さがそれを物語っている。ここから剱御前小舎まで約500mの登りで、ここでバテてるようでは八ツ峰に登る資格はない。中腹で休憩していると、アメーバ―みたいな見たことのない雲が広がり、誰かが「不吉な感じがする」と言ったが、まさに1時間後には天気は急変していた。
 12時30分に剱御前小舎に到着した時には、地吹雪となり小舎の前のトイレすら見えなくなった。カリカリの斜面をシール登行で苦戦しているスキーチームを小舎の中で待つ。我々から遅れること30分スキーチームが到着する。さらに風雪が強まっている。暫し小舎の休憩室でビールを飲みながら、天気が回復するのを待った。14時に外に出て剱沢に降りる準備をしていたが、とても顔を上げられる状態ではなく、テントの設営がかなり困難な事が予想される。検討した結果、今晩は剱御前小舎で素泊まりすることとなった。
 案内された8人部屋で布団は1人1枚でとても快適だ。我々の隣の部屋は富山県警山岳警備隊が常駐している。入室直後に真砂岳付近で身動きができなくなった遭難者から小舎に連絡が入り、警備隊が5、6名出動していった。雄山頂上にも遭難者がいるらしい。いずれも無事に救出されれば良いが・・・。

 今晩の夕食は、すき焼き風鍋であった。1人あたり200gの肉を食べ、また松木さんが担ぎ上げたビール(1ケース)を飲みことができ、とても満足する夕食だった。松木さんと食担の松矢さんに感謝である。部屋に戻ってからも就寝時間まで各自が持ち寄ったウィスキーを飲む。酔いが回り眠りについたが、爆風で直ぐに目が覚める。一晩中、風と雪は止むことはなかった。

 5月1日、相変わらずの天気だ。昨日の残りのすき焼き鍋でうどんとおじやを頂く。天気の回復を待って剱沢に移動したいが、そうもいかず、1日停滞して剱御前小舎に連泊することになった。ちなみに昼食はカレー肉うどん、夕食はおでんでどちらも絶品であった。

 5月2日、ようやく天気が回復し、剱岳も姿を現した。当初の予定の八ツ峰主稜は日程的に無理で、源次郎尾根もラッセル等で困難が予想されることから、雪稜チームは奥大日岳に登り、見たことのない角度からの剱岳を観察することにした。スキーチームとは定時に無線で連絡を取り、12時に室堂で待ち合わせることにした。真砂岳での遭難者の捜索が朝から開始され、剱御前小舎で救助隊員がヘリでピックアップされていった。室堂乗越へ向かう道中で、ヘリの状況から遭難者は助からなかったことが窺えた。また、早月尾根でもヘリが捜索活動をしているようだ。

 室堂乗越で、水、行動食を一つのザックに積めて、残りのザックはデポして奥大日岳へと向かう。今までお目にかからなかった東大谷から突き上げる劔岳南面に、何度も足を止め写真を撮る。これといった難所も無く、奥大日岳の山頂に9時に着いた。記念撮影をして早々に下山を開始する。予定通り12時に室堂に着き、スキーチームと合流し、美女平行きのバスの長蛇の列に並んだ。下山後は亀谷温泉白樺ハイツで汗を流し帰路に着いた。
残念ながら八ツ峰主稜を登ることができなかった。もし八ツ峰登攀中にあのような天気に見舞われたら、どうなっていただろうか?装備を充実させれば、行動は遅くなり、疲労の蓄積も早い。しかし、最小限の装備で行けば、身軽に登攀できるが、厳冬期並みに天候が変化した時に耐えうることができるか不安が付きまとう。いずれにしても、体力の維持、技術の向上に努め、謙虚に、恐れ敬い、山に接していきたい。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

数年に一度の四連休を取り、これで5月の休みは週1回。定年後も仕事を続けないと山へも行けない状態。憧れのクライミング三昧は70過ぎ?

2016/5/9(月) 午後 9:03 [ roc*an*sno*1*5 ] 返信する

顔アイコン

想いが山行の願望を創り、登山のシナリオを作ります。
私は、残雪期 源次郎尾根と八ッ峰主稜の同時雪稜登攀を狙っていました。

ドキドキワクワクしながら、3月から計画していたのです。
この想いを、ぜひリベンジしますので、山越さん来年までには、お互い体力、技術を高め合い、夢を叶えましょう〜

追伸 言ったのは、〜進歩では無く、成長が無いだと思うけど〜笑))

2016/5/10(火) 午前 8:22 [ sek***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事