アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17

イメージ 17

〇スイス・グリンデルワルト〜ツェルマット〜マッターホルン その6
〇7月30日(日)スイス・ツェルマット〜シュバルツゼ〜フーリ〜ツェルマット
〇報告者 関原

 朝7時のマッターホルンは青空だが、山頂は相当強風のようだ。雲の流れで分かるようになった。昨日見たマッターホルンの北壁が気になり写真を撮りに行きたくなった。地図を見ると迂回路の林道がある。山から下るタイヤの太い自転車(ファットバイクよりタイヤ太く、ペダルが無いランニングバイク)のロードコースになっている。数日前の帰り道に何気に見た、マウンテン・バイクのレンタルショップを思い出し、ゴンドラで登ってBMXでマッターホルンの北壁の裾野を下る計画を思いついた。

 AM9時10分にレンタルショップで3時間レンタル→12時10分だが、2時間の昼食休みなので、14時OPENに返却してくれと言う。なんとアバウトなお店 20スイスフラン(2400円)は安い。
 昨日と同じく、までゴンドラで上がる。今回はワンウェイ・BMXチケットを購入。BMXは初めて〜でも自転車だから大丈夫と、下りだすが砂利道の水たまりで泥を跳ね、泥はねガードが無いのでちょっと戸惑うが。水たまりもさほど無く安堵した。
 ハイキングコースでもあるこの道は、北壁の裾野側へ回り込んで日陰の北壁が大きく表れる。こちらから見ると断層が左上から右下へ斜めにズレているように見える。これが150年前に初登頂を可能にしたヘルンリ稜の断層ではないかと思う。マッターホルン北壁、どこにルートがあるのかは全然分からず、望遠でカメラに収めて今後の課題として持ち帰る。

 流石BMX、下りは乗っているだけかなりの振動と、スピード感が良い。遊びでヘルメットにカメラを固定して動画撮影を試みる。これは多分上手く取れないだろうな〜と思う。
 フーリまでの標高差約720m 1時間40分で到達(早い。)フーリでは、多くの観光客でレストランはにぎわいスイス民謡、音楽で演出も楽しそう。
 ツェルマットまでは舗装道、標高差230mのダウンヒル 風が心地いい。アッという間にレンタル店まで到着12時20分。14時まで店が開かないので、ホテルに戻り昼食とビールを頂き、心地いい時間を取り再度返却へ。その後徒歩でアルパインセンターへ予約の確認。まだ来週が決まらない。再度明日来てくださいと返される。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事