アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20

イメージ 20

〇スイス・グリンデルワルト〜ツェルマット〜マッターホルン その7
〇7月31日(月) マッターホルン登頂への決断
〇投稿者 関原

 アルパインセンター9時OPENに合わせ尋ねて、明日ヘルンリ小屋から2日登頂を打診するが、NOと言われる。理解出来ない。天気予報は良いが雷や落雷に危険があるのは分かるが午後の事だと思う。パソコンの画面を見て、8月2日〜8月3日登頂なら、と平気で言う。日本へ3日に帰らなければならないと説明しても、NOはNO!話しにならないので、そのまま保留にして午後3時以降に来ると伝え、ホテルに戻り思案する。

 明日、ヘルンリ小屋に入らないと、帰国の航空券を捨てる事になる。格安チケットはもうキャンセル出来ないし、変更も出来ない。色々調べてみたが、直接現地の航空会社に電話して下さいとメッセージ。言葉の壁があるので、ホテルのフロント女性に航空会社に航空券を1日延ばしたい旨、伝えてもらうよう電話してもらうが、電話は10分以上3回共、音声ガイダンスの中待ってもつながらない状態で諦める。
 このまま天候不良で日本に帰るか?確実に8月3日はアタックできそうだが、天気の良い日に帰るのか?ここまで来て2週間、頑張っても叶わないのは天候。
パソコン持ってきて正解。iPatもあるが、予約システムはやはりパソコンだ。(まだ使いこなせないという事でもあるが)海外旅行予約管理画面からメールする。予定が変更になったので、eチケットを捨てる旨、キャンセルの返金は無いと考えているので、せめて8月3日飛行機に乗らない旨だけ伝える。スッキリしたので、再度復路の予約に入る。
 
8月4日エミレーツ航空  チュウリッヒ国際空港  15:25発〜ドバイ 23:45着
8月5日エミレーツ航空    ドバイ国際空港発  02:40発〜  成田17:35着 
航空券45,000円+その他諸税等25,450円+取扱料金5,400円=75,850円 
往復の航空券が92,000円だったので、直行便で来たと思えば納得の料金と思う事にした。成田でも最終の北陸新幹線、はくたか東京発20:12には間にあう。5日には帰れる。6日(月)10:00の打合せの仕事が出来る。木曜日の登頂チャンスに掛けるしかない。と腹を決める。

 「ここまで来て、登りもしないで帰れるか‼ 」との想いと天候、ホテルでの体調管理、トレーニング、気力、 一人でいると不安だ。こんな時は、日本の仲間のメールにかなり助けられた。
 一人ひとりが応援してくれる、言葉や絵文字、そして写真。心強い味方だし、本当にいい時代だ。まだ登れるか分らない時から、登頂出来たイメージを伝えて「やったね〜、万歳〜〜」と言われ続けると嬉しい照れ笑い。今度また、いつ挑戦出来るか分らない。「せめて自分らしく、後悔のない山行でありたい。」その為には、心と体の健康、基礎体力をキチンとベストに整え、その時が来ると信じて準備したい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事