アスターク同人

山のエキスパート集団、アスターク同人!アスターク同人と内部分会妙高やまの会の公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16

イメージ 16

〇山行地 能生・シャルマン火打スキー場〜放山
〇山行日 2019年04月13日
〇メンバー L松木智 関原
〇報告者 松木智

 巷はお花見真盛り、高田公園の桜も最高潮のこの日は、朝から真っ青な空が広がりこの春一番の行楽日和となりました。そんな中私たちは新年度を迎え、心身ともにたまった疲れを今シーズン最後のスキーでリフレッシュしようとシャルマン火打スキー場へ向かいました。

 個人的な思惑としては放山からの絶景を見ながらのんびりとしようと考えていたので、「ゲレンデは2本も滑れば十分、後はエリア外の景色の良い所でまったりランチでもしよう」と、関原さんをその気にさせて登山届を出しリフトに乗りました。
 リフトトップに着くと「先ずは一本足慣らし」と、関原さんはゲレンデコースを滑り下りて行きます。その間私は、パトロールに入山報告をしたり、シールを貼ったり、お茶を飲みながら景色を楽しみました。
 コースを一本滑って満足した関原さんが合流し、準備が整うのを待ってゆるゆると放山の稜線を進みます。小雪の今冬からどんなにか藪が出ているかと思いきや、ほぼ例年並みの残雪量で登下降に何の支障もありませんでした。ここ二週間ほど低温が続いたため雪解けが進まなかったようです。
 気温が高いうえに風も無く、日差しも強かったので「あっつい〜」と悲鳴を上げながらも、良いペースで高度を上げ、小一時間で山頂に到着しました。

 山頂からの眺望は「絶景!」の一言に尽きます。焼山の重量感のある山体と、空沢尾根の先にそびえる火打山を中心に、海谷山塊、青海黒姫山、日本海、鉾ヶ岳、矢代山地と360度のパノラマは見飽きることがありません。
 存分に眺望を楽しんだ後は、関原さん特製山ラーメンの登場です。最近お奨めという某メーカーのインスタント麺を使用。持参の野菜をたっぷりと入れ、添えの調味味噌で味を決めます。雪に埋めてキンキンに冷やしたビールとともにすするラーメンは、この上なく美味だったことでしょう。

 すっかりリフレッシュしたところで、名残を惜しみながら絶景の広がる山頂を後にしました。放山は滑降を楽しむ山ではないことは承知していますが、ゲレンデトップまでの緩い登り返しで息が切れてしまいます。
 ようやくゲレンデに出るとザラメの重い雪の処理に脚力を使ってしまい、本日一番の難所となってしまいました。

車に戻ると、心地好い疲労感が温かい日差しとともに全身を包み、ほっこりとした気持ちになるのを感じました。やっぱり自然の中で過ごすのは良いですね。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

楽しそうで良かったですね!

なんかわかんないけど又海の外の話が出てきて東京へ行くようになりそうです。

スキーなんてどうでもいいんだけど、勤めていた頃以来の赤坂で飲み会なんてそうないんで考えてしまいます。

神田の会社近くに飲み屋はいっぱいあったけど、おおかたはラーメン屋で一杯だっただけに、久しぶりに都会のいい店もいいなあなんて、、、。 削除

2019/4/16(火) 午後 9:29 [ なめこタン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事