ポリオ???過去の病気?でもワクチンの接種の種類変更

  ポリオとは急性灰白髄炎(小児麻痺)・・・ポリオウイルスにより発症するウイルス感染で、最初は胃腸炎のような症状で発症し、その後約 1 %で終生麻痺が残ります。麻痺は左右非対称性弛緩性麻痺です。日本では今まで経口生ワクチン接種でしたが 不活化ポリオワクチンの定期接種は、 2012 (平成 24 )年の 9 月 1 日から開始されました。 注射は2回(2カ月間隔)でその後6〜12カ月後に3回目、4〜6歳に 4回目接種です。 また2012年11月1日より4種混合(三種混合+不活化ポリオワクチン)の接種が始まる予定だそうです。詳しくは厚生労働省HP参照          

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事