気持ちは若いが72歳!の「思いつくまま」ブログ。

9月6日です。今日より72歳になりました。着実に後期高齢者に近づいています。残り僅かな時間。何をなすべきか?かんがえなくては。

全体表示

[ リスト ]

名古屋・喫茶店(モーニングサービス)事情
 
随分以前に一度、書いた記憶がありますが、もう一度。
 
名古屋の喫茶店文化?に”モーニングサービス”があることは随分知られてきました。
始まりは、私の記憶では昭和30年代ごろだったと記憶しています。
当時のサービス内容は、ピーナッツの小袋+小さな”ゆで卵”がつく程度の物でした。
それが時間経過と共にどんどん豪華になり今に至っています。
現在では、信じられないようなものまでサービスとしてつける店があり驚くというよりもおかしくなっちゃいます。たとえば茶碗蒸しとか、おにぎり、赤だしなんていうのもありましたよ。
起源はいろんな説があるようですが、もっともらしいのは:戦後、尾張一宮を中心に繊維産業が発展し、小さな機織り工場やそれを販売する商店等があちこちにたくさんできました。
 
少し余談になりますが:当時はその機織り工場で働く”女工さん(バタンコといっていました)”がたくさん集団就職で九州方面から、やってきて、私達名古屋の男どもは仕事が終わってから数人連れだってよく夜の一宮へ車を駆って出かけ、バタンコ達と遊んだものでした。
 
話は戻りますが、そんなことで、仕事や商売の打ち合わせをする場所が小さな工場の片隅ではやかましいし・というようなわけで喫茶店がたくさんできて、だんだん競争が激しくなった結果だ・・そうです。
 
現在も一宮・岐阜・名古屋・・などにはその名残が明確に残っており、、又それを売りに発展的に展開する動きなどもあり、結構重宝しています。
 
私が毎日利用している近所の喫茶店の例を下に添付しました。値段も安く(チケットを利用すればコーヒー1杯(もちろんモーニングサービス付き)300円ですよ。
 
 
モーニングサービスのメニューです。
この中から選びます、種類も豊富で、初めての人はみんな迷っていますよ。 
イメージ 1
 
こちらは”モーニングセット”というサービスで150円追加が必要です。パンも2枚付き、サラダなども付いているので、たくさんの人がこれを朝食代わりにしています。イメージ 2

閉じる コメント(1)

うちの夫婦はモーニングサービスをホントに利用しないのですが
日曜の朝はモーニングサービスって言う方もいらっしゃいますよね。
どうしたら、あんなにサービスできるのか不思議です。

2013/3/3(日) 午後 6:28 pacem56


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事