軽度アスペルガーかも?な夫をもつ妻のブログ

いや,むしろ軽度アスペルガーなんだと信じたい・・・このままでは私はカサンドラに?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

夫さんは、表面的にはとってもいい人です。
一般的には、いい旦那さんだね、と言われる部類の人です。

大酒飲みでもなく、ギャンブルをするわけでもなく、暴力を振るうわけでもなく、生活費を入れないわけでもない。
子育てもまあまあやっているし、家事分担もそれなりにしている。

たぶん夫さん本人は、今のような冷め切った夫婦関係になってしまって、自分がなにか悪いことをしたか???と思っていることでしょう・・・。

でも、あなた2回目の結婚ですから。
やっぱりどこかおかしいわけですよ。
バツ2になりかけているってことは。

バツ1の原因は、元妻さんがおかしな人だったと、かつてあなたはおっしゃっていたけれども、一般人の離婚で裁判まで起こす人(=夫さん)なんて十分普通じゃないですから。

いくら表面的にそつなく夫役、父親役を演じていても
なにかおかしいわけですよ。

自分はそれなりに一生懸命やっている、なのに周りの人たちの心が離れていってしまう、ということは自分がおかしいのだろうか?と自問してみなければならないわけです。

なんでこうなってしまったのだろうか?と自分を省みなくてはならないのです。

自分を見つめなおさなくてはならないのです。




自分を良く見せようと思ってやっていることは見えてしまうものです。

相手に良く思われたいから何かをしてあげる。

心からやっていないことをしているときって、自然と言動に出てくるものです。

平静ではいい人を演じられても、
なにかの緊急事態が起こったときこそ
その人の本性が現れます。

そういうときに、とんでもない言動をやらかしているのを
私は何回も見てきました。

自分ではまだうまく演じられていると思っているかも知れませんが
私には見えています。
あなたの本当の人間性が・・・。

だって、本当にやさしい人間だったら、前妻さんとの間にできた子となんとか連絡とろうとするでしょ。
一度もそうしようとするあなたを見たことがありません。

一度私はあえて、聞いたことがありましたよね。
連絡をとらないのかと・・・。

今になって思うことですが
連絡を取れる状態にしておかないと
今度は私の子どもに迷惑がかかりますよ。
もし、あたなが死んだとき。
相続問題で。

そういうことも考慮して、あえて聞きにくいことを聞いたのに。

やるべきことをやらずして、問題を先送りしているとしか思えません。

自分は早く死ぬ、死ぬと言っているわりに、やるべきことを何にもしていません。

なぜ、こんなことを思うのかというと、
私の父は母と離婚したあとも、
私と私の兄の居場所を常に把握していたのです。

それは自分になにかあったときに困るからですよね。
親戚に迷惑を極力かけないように。

私の父は人間的に大変おかしな人ですけど
根本の部分はまだやさしさがあったのか、と思わされました。

私や兄のことを一応、気にかけてはいてくれたんだと・・・。

一方、夫と前妻さんとの間のお子さんは、
離婚後一切、連絡もくれない父に対してどう思うでしょうか?
おまけに離婚後、再婚までしている。
新たに子どもが3人もいる。
表面的には幸せそうに暮らしている。
(もちろんそれに加担したのは私なのですが・・・)

一番気にかけてあげなくてはならない人をさしおいて、自分だけが幸せになろうとしている自分勝手な人にしか思えません。

人間の本当のやさしさって、こういうところに現れるものだと思います。
いくら周りの人にやさしく振るまったって、自分の血のつながりのある人に対して本当のやさしさを発揮できるかどうか、が一番大切なことだと思います。

ちなみに私は基本的にやさしい人間なんかじゃありません。
自分でも心の冷たい人間だと自覚しています。

でも、昨年4月の父の緊急事態の時には、やれるだけのことを文句を言いながらですけど、やりました。4ヶ月間でしたけど。ちなみに周りの親戚や職場の人からやさしい人とよく言われている実兄はいっさい、父の面倒なんか見ませんでしたけど・・・。
さて、本当にやさしい人間って、どちらなのでしょう?

こちらのブログも見てね。
いいものおすすめドットコム






























開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事