害虫・害獣駆除 アスワット(ASWAT)の奮闘記

天候不順なこの時期はイタチやテンなどの家屋侵入が増加します。早めの対策が被害を最小限に!まずはアスワットへご相談ください♪

全体表示

[ リスト ]

 
 こんばんは。少しづつですが朝晩の気温も下がり過ごしやすくなってきました。ただ今頃になって夏の疲れがドド〜っとでてきたようで俗にいう『身体が重だるい』感があるのは私だけでしょうか?(苦笑)

 さて害獣防除専門業者のアスワットは、有難いことにお盆休み明け以降も途切れる事なくイタチを始めとする害獣駆除依頼が続いています。

 で、お盆休み以降一時的にご依頼が多くなるのが『テン』の家屋内侵入です。

 テン?ってどんな動物?、見たことないわー?、そんな動物、都会にいるの? 一般の方々にはそんな疑問が真っ先に思い浮かぶと思いますが、実はアスワットの調査で関西でイタチについで天井裏などへの家屋内侵入被害が多いのがテンという結果が出ています。


イメージ 1


 正式にはニホンテン(Martes melampus)といいイタチ科テン属に属する中型食肉目、北海道の南西部と本州、四国、九州などに広く生息している日本ではメジャーな動物なんですよ。食性は大きくいえば雑食ですが主に果実などを好むベジタリアンな面もあることからイタチのように平地が広がる都市中心部に生息しているのではなく、どちらかといえば果実などが摂取できる山と平野の境界、いわゆる林縁部辺りに生息しています。近年、山林開発によって造成された新興住宅街での家屋内侵入増加率のトップに上がってきているのがこのテンなんですね。


イメージ 2


 前談が長くなりましたが、ではそのテンが何故この秋口に家屋侵入が多くなるなか。その鍵はテンの生殖生態に関係すると私は考えています。

 家屋内侵入する主な動物のうちイタチ、ハクビシン、アライグマなどは早春に交尾後、30日間ほどの妊娠期間を経て出産となるわけですが、テンはそれらとは異なり7月中旬から8月中旬頃に交尾を行い受精後、来早春までの期間を経て着床、約30日間ほどの妊娠期間の後、出産となる日本に生息するイタチ科では珍しい着床遅延という生殖形態なんです。

 要するにテン以外の主な家屋内侵入動物は春、交尾行動をいろんな場所で行われるため、その時期の家屋内侵入が一時的に増え、お客様からの調査依頼も同様に増加します。それと同じように、晩夏から秋口にかけて交尾行動をするテンの家屋内侵入が増えるというのが私のその根拠です。

 そのテンの防除調査依頼が今年は非常に多く、一時的ですがイタチの防除調査依頼数を超えたほどです。(とはいえ、お客様が始めからテンの被害だといってご依頼頂く事はありません。イタチやハクビシンと間違えてご依頼頂くのがほとんど。)

 テンはイタチ比べ身体がひとまわりほど大きいため一度にするフンの量も多く天井裏などにひとたびテンの侵入が始まれば急速に天井裏が糞だらけになることもしばしば。


イメージ 3


 林縁部地域でお住まいの方で、今は少し静まっているけれどお盆の頃に天井裏で頻繁に走り回っていたなぁ。。。など心当たりがある場合、テンの家屋侵入の可能性もありますので早めのチェックをしてみてはいかがでしょう。

 テンの足跡や糞の形状、動画など詳しくお知りになりたい方はアスワットのHP 『イタチ・ネズミ・その他の害獣の生態と被害』  (←ポチッとして下さい)のページをご覧下さいね。

 さて明日から島根県松江市へイタチ防除施工のため出張に行ってきます。どうぞ無事施工が完了出来ますように。








この記事に


.


みんなの更新記事