ここから本文です
吉留邦治( kuniharu yoshitome)絵画ブログ
管理人作 「プロヴァンスの鷲の巣村 F120 (部分) 油彩

書庫全体表示

描くしかない!1

Ψ筆者作「大運河のゴンドラだまり」 F20 油彩
 日頃この世とあの世の境にあるような、吸い込まれ、やがて人も自分もその中に消えていくような、ノスタルジックでモヤーッとした「ゾーン」のような風景を描きたい思っている。しかしそういうイマジネーションの受け皿となるモティーフは現実にはなかなか見つからない。眼前の欧羅巴風景には圧倒され、そのまま描ければ御の字と思う。その繰り返しである。
イメージ 1







この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事