全体表示

[ リスト ]

この場所も以前一度訪れた事があるのですが、その時は中に入れず、今回は一般公開の日を選んで訪問しました。

旧津山扇形機関車庫は1936年に建設された機関庫で17線仕様です。
SL時代には各地に大規模な機関庫が多くありましたが、現在は殆ど廃止解体され残っているのはごく僅かです。 2009年に近代化産業遺産に登録され庫内にはかって活躍したディーゼル機関車や気動車が同時に保存されています。

転車台(ターンテーブル)と保存車
イメージ 1

保存中のディーゼルカー群
イメージ 2

左からキハ28-2329/キハ58-563急行「みよし」として広島運転所に配置されていました)
キハ181-12(
京都総合運転所で特急「はまかぜ」などに運用されていた車両を特急色に復元保存
イメージ 4

キハ181は電化以前の伯備線でやくもに投入されていました
イメージ 9

左 キハ33-1001 50系客車をDCに改造したもの(2両のみ製造)
右 キハ52-115  かつては越美北線や大糸線で運用されていた車両
イメージ 3

左 一両のみ製造された試作DL DE50-01
右 DD51-30 山陰線で活躍したカマ
(実は1986年に発生した餘部鉄橋列車転落事故の牽引車なのです・・・)
イメージ 5

左 入替動車 米子にて使用されていた10t車
右 DD15-30 北陸本線で除雪車として運用されていました
イメージ 6

庫内の一角では津山機関区を模した鉄道模型(Nゲージ)が運転されたました
イメージ 7

隣接する津山駅構内は以前津山鉄道部が組織されてましたが、現在は岡山電車区気動車センターに統合されたので配置両はありませんが、同区の気動車センターとしてキハ40系気動車とキハ120形気動車が常駐しています。
イメージ 8
子供の頃から撮り貯めた、大好きな乗物の写真をジャンル別に公開している
本館も宜しく!
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事