全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2008年(フランス/ドイツ/チェコ)
監督:クリストフ・バラティエ
出演:ジェラール・ジュニョ/クロヴィス・コルニアック/カド・メラッド/ノラ・アルネゼデール/ピエール・リシャール	
   ベルナール・ピエール・ドナデュー/マクサンス・ペラン/フランソワ・モレル/エリザベート・ヴィタリ	
【ストーリー】
1936年、パリ。長年パリっ子たちに愛されてきた下町のミュージック・ホール“シャンソニア劇場”も不況のあおりでついに閉館に。裏方としてこの劇場に人生を捧げてきたピゴワルは悲嘆の中で酒に溺れる日々。そんな父に代わって健気な息子ジョジョが得意のアコーディオンで日銭を稼ぐが、ほどなく警察に見つかってしまう。失業中のピゴワルは保護者失格と言われ、ジョジョは別れた元妻が引き取ることに。最愛の息子を取り戻すため、ピゴワルは劇場の再建を決意、新オーナーを説得して一ヵ月間の猶予を手に入れると、かつての仲間たちとシャンソニア劇場復活に立ち上がるが…。
■感想
今日はショート・ブレイクで、新しめの作品を。

こちら第二次大戦前夜のパリを舞台に、劇場の再建にかける人びとの姿を温かい目線で描いたフランス映画です。
監督は『コーラス』のクリストフ・バラティエ
製作に『ニュー・シネマ・パラダイス』で成長したトトを演じたジャック・ペランが名を連ねています。

パリの下町のミュージック・ホール“シャンソニア劇場”
そこで長年幕引きを勤めたビゴラル(ジェラール・ジュニョ)は劇場とともに生きて来た男。
劇場が閉館になり、生き甲斐を無くし荒れているところ、保護者失格との烙印を押され、
愛する1人息子さえも奪われることに。

愛する劇場を再生させ、息子を取り戻したい。
そんな思いがビゴワルに力を与え、裏方同士力を合わせ立ち上がるのでした。

劇場再建に向けてのストーリーとしては、とても良かったと思います。
でもどうにも詰め込み過ぎの感じがしますね〜。

冒頭、殺人の容疑で捕まった主人公の取り調べのシーンから始まり
賑やかなパリの下町の回想シーンへと移行するのだけど、、

この殺人事件の必然性がないような気がしました。

途中、特にミステリータッチで見せる訳でもなく、それほど劇場の復活に影響する訳でもないし。
劇場復活の主役ともなった、若き歌手ドゥースをめぐるロマンスもそれほど複雑にしなくても、と思うんですよね。

ドゥースの魅力で劇場再建していく様子と、再建にかける裏方の努力。
それにビゴワルと息子の親子関係を丁寧に描くというだけでも十分に映画が成り立っただろうし
余計なものをそぎ落とし、人間関係を深く掘り下げて欲しかった気がします。

あと、劇場と観客の関係も希薄だったかな。
劇場の再建を願うのが、劇場の関係者だけでは無かったでしょうし、
この時代に劇場がどんな役割を果たしていたかも、もうちょっと伝えて欲しかった。

なーんて書きましたが、予定調和ではあるけれど、息子ちゃんを取り戻す辺りも温かく感動的。
ノラ・アルネゼデールが演じたはつらつとしたヒロインは、不況の時代に、人びとを勇気づけただろうなと思えるし
喜劇役者たちのユーモラスなパフォーマンス、最盛期の楽しいショーと、魅せどころは心得てます。

最後もほっくりといい気持ちで観終えることになり、良い余韻を残す良作ではあるので、
余計に、もっとシンプルにして欲しかったなと思ったのでした。


★★★*☆

閉じる コメント(20)

顔アイコン

ジャック・ペランも立派なプロデューサーになりましたな。(・ω・)bグッ
ジェラール・ジュニョの個性が好きなので面白そう〜ッと思ってます〜。
んん、ちょっと詰め込みすぎたんですか?( ̄∀ ̄*)

2009/9/7(月) 午前 0:09 Kaz.Log 返信する

顔アイコン

これはちょうど今大阪でやってるんで行きたいなぁと思いながら時間が取れてないんですよね。
僕もジェラール・ジュニョ好きです^^この人全然変わらないですよね。。
そっか〜こういう作品はシンプルな方が和み度もアップしていいですもんね。。

2009/9/7(月) 午前 0:23 SHIGE 返信する

これ、どうなのかなぁ〜って思ってたんですけど・・
詰め込みすぎ感があるのですね〜必然性のない殺人事件って^^;
でもいい余韻は残すンですね〜。

2009/9/7(月) 午前 1:24 LAGUNA 返信する

顔アイコン

そうですか、詰め込過ぎ感があったんですね。
きっと言いたい事が一杯ありすぎたんでしょうねw
でも、ほっくりとしたいい気持ちになれるなら観たいところです。

2009/9/7(月) 午前 2:37 megmynおまけ 返信する

この手の時代背景とストーリーに弱い私です(*^^*)観たいわ♪
そっかーニューシネマパラダイスのトトが制作に携わるようになってるんだぁ〜〜〜
時の流れが恐ろしい(++)(^^)

2009/9/7(月) 午前 8:09 [ honey_pie ] 返信する

これ予告でみて行きたいな〜って思ってます。フランスでは大盛況だったんですよね。確かにこういう物語に殺人事件入らないかもですね。

2009/9/7(月) 午後 0:28 ひかり 返信する

これは全然知りませんでした

人情劇でしょうか?
どうもそういうのは苦手で、この映画の製作者の方の代表作もちょっと・・・(回りくどい!)

そんなこと言ってるバカ野郎の目を覚ます快心の一撃があれば教えてください
現代フランス映画で

2009/9/7(月) 午後 4:57 [ HK ] 返信する

アバター

あっ、冒頭から殺人容疑ってわかってたんだ。
私は何で取調べを受けてるのか気づかないでずっと見てたのよね。
私はシンプルな物語だと思ったので、想定外の展開が楽しめました。
終盤の事件で3人が仲間を思う気持ちが伝わってきました。
TBお返しさせてもらいますね。

2009/9/7(月) 午後 7:02 くみょん 返信する

結構好きかも。。。ヨーロッパ系って展開もテンポもアメリカとは違いますが、時々、そういうのを観ると懐かしい感じになります。

2009/9/7(月) 午後 9:13 アンダンテ 返信する

顔アイコン

Kaz.さん>ジャック・ベランさんの製作した作品知らないんだけど、いい映画をプロデュースしてるんですね。
主演のおじさんもいい味出しますね。
まぁ私の思うシンプルではちょいとベタかなとも思うので、こういう色んなスパイスを効かせるのもいいのかも。

2009/9/8(火) 午前 0:38 pu-ko 返信する

顔アイコン

おまけさん>そうですね〜。お話的には面白いのかもしれない。
ただその分心の部分が希薄かなぁと感じてしまったのでした。
エンタメ的な部分も楽しく、ちょっとした感動もあり、万人向けの作品ではないかと思います。

2009/9/8(火) 午前 5:12 pu-ko 返信する

顔アイコン

ひかりさん>あ、そうですか。フランスでは大盛況だったんだ。
そうですね〜。殺人事件無くてもいいかも〜とは思いました。
ご覧になったら感想聞かせてね。

2009/9/8(火) 午前 5:14 pu-ko 返信する

顔アイコン

HKさん>これはただいま日本で公開中ですね。
っそ、人情劇あり、ちょっとしたサスペンスあり、パフォーマンスありです。
あ、『コーラス』だめでしたかw
私はフランス映画とんと疎いんですよ。最近で評判が良かったのはオスカーノミネートの『クラス』ですよね。
明日あたり観てみますね。

2009/9/8(火) 午前 5:17 pu-ko 返信する

顔アイコン

くみょんさん>あ、そうそう。こちらの字幕では刑事が取調室に入る前に「あいつか、殺人者には見えないな」って言ってました。
そうそう、こんなにも仲間を思っていたのかって感じられる事件ではありますよね。
サスペンスフルな展開で起伏がついたという利点もありますよね。
TBありがとうございました。

2009/9/8(火) 午前 5:21 pu-ko 返信する

顔アイコン

すごくいい作品だなと思いつつもなんだかいまひとつノレませんでした。そうそう。詰め込みすぎかのかもしれないし、あの殺人も
必要ないような・・
でもノラ・アルネゼデールの歌声も繊細で迫力あって素晴らしかったですね。TBさせてください。

2009/9/9(水) 午後 3:45 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

観客との関係は確かに描かれてなかったですよね。たぶん、その辺は時代的に共産主義者のミルーを描くことで充分だと思ったんでしょうね。それでなくても登場人物多いし(^_^;。
この映画は時代背景がおもしろいところに目をつけたと思うんですが、そこが面白い部分でもあり、変に複雑になっちゃった部分でもありますね。
ショーの部分はとても楽しめましたwあ、エスター・ウィリアムズの水中レヴュー映画へのオマージュチックなシーンもありましたねw
TBさせてくださいね。

2009/9/9(水) 午後 6:58 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

顔アイコン

miskaさん>そっか、時代的に観客と暖かな交流って感じでもないですしね。
せっかく時代背景を頭に置いて、というアドバイスをいただいてたのに、勉強せずにみてしまい
はっきり言って背景良く分かってませんm(_ _)m
もっと分かってみるとまた違った面白さを感じることが出来たんでしょうね。確かに複雑になり過ぎた感も。
そうそう、シンクロ風の演出で、紹介していただいたエスター映画がピンときましたよ〜w
録画したけど観れてない(≧∪≦)
TBありがとうございました。

2009/9/10(木) 午前 11:02 pu-ko 返信する

アバター

確かにいろいろな要素が詰まりすぎてもう少しシンプルでもというのもわかります〜(^^ゞ
私はどちらかと言うとドラマよりシャンソンに魅せられて心地よく観てしまいました(笑)。
なかなか馴染みの薄い大戦前のヨーロッパの雰囲気はちょっと掴みにくかったかも。
ショーのシーンは楽しかったですね♪
こちらからもTBさせてくださいね。

2009/9/12(土) 午前 8:49 choro 返信する

95パーセントがスタジオ撮影だと聞く本作ですが作り物感をまったく感じさせないほどリアリズムに溢れ大満足でした。ТBさせてねー☆

2009/12/9(水) 午後 11:13 butti 返信する

顔アイコン

湾岸ブッチさん>うぎゃ、コメントのお返ししてないヽ(゚ロ゚;) すみません。
95%がスタジオなんですか。そう言う感じしなかったですね。
おー、大満足だったんですね。暖かい展開は私も好きでした。
TBありがとうございました。

2010/8/30(月) 午後 10:41 pu-ko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事