全体表示

[ リスト ]

歩いても 歩いても

イメージ 1
地震から一週間、元気なものが普通に元気を出すことが応援になると信じ
映画の記事を再開しますね。
今月はスリラー大会だったんだけど、さすがにそういう気分じゃなくw
何から始めようかなぁと考え、日本人の家族の姿を描くこの作品にしました。
 
歩いても 歩いても 2007年(日本)
監督:是枝裕和
出演:阿部寛/夏川結衣/樹木希林/原田芳雄/YOU/高橋和也/田中祥平
   寺島進/加藤治子
 
■感想
阿部ちゃん演じる良多が兄の命日に田舎に帰省し
家族と過ごすさりげない(さりげなくもないか)2日間を描いた作品。
監督は『誰も知らない』の是枝監督だね。
 
良多(阿部寛)の奥さん(夏川結衣)は前の夫と死別してて子連れ再婚。
父親(原田芳雄)は町医者で、兄は生きていたらあとを継いでたんでしょうけど
良多は医者にはならず、家を離れている。
そんなわけで、良多にしてみると、帰省はちょっと腰が重いのね。
 
兄の命日に家族が集まり、みんなでご飯を食べてお墓参りをする
それだけのお話ではあるんだけど
さりげない描写から、それぞれの関係を描きあげ、時の流れを映し出す。
 
父子のやりとりや、嫁姑の会話もなかなかスリリングなところがあるけど
そんなシニカルな映画ではないのね。
兄がなんで死んだのかがだんだんに分かってくるにつけ
家族の色んな思いが見えてくる。
イメージ 2
映画の中で、樹木希林が良多に「死別の女房を貰うのは難しい。
死んだ夫には叶わないから」なんてことを言うシーンがあるけれど
それは良多と兄、父との関係においても言える事なんだと思う。
優秀だった兄が死んでしまったら、弟は兄を一生追い越すことはできない。
父の期待も、愛情も兄のもの
そんな思いが父との間に確執を作る。
 
でも 親も年取るんだよね。
お風呂場に取り付けられた手すりなど、さりげない見せ方で
老いた親を感じる瞬間を捉えているのもうまい。

「歩いても 歩いても」というタイトルの意味するところは、よく知らない。
でも、劇中、母親の思い出の曲「ブルーライト ヨコハマ」にあっと声が出たし、なんか泣けた。
 
学校帰りによく道で歌ってたなぁ・・
あ、歳がバレる(笑)
 
登場人物は誰も適役だったけど樹木希林って凄いね。
冒頭の包丁さばきだけで、きっちり家庭を守ってきた偉大な母親を感じさせる。
イメージ 3
良多とは血の繋がりのない子供(田中祥平)の存在によって
本来なら見せなかったであろう、親子の心の内側が透けて見えるのも面白いです。
 
二日くらいの帰省で、劇的に親子が心打ち解けあったりしないところがいいよね。
大きなことは何も起こらない。
だけど、時の流れによって、変わっていくこともある。
そんな感じがやけに心に響いて、心地よさが残る素敵な作品でした。
 
いつものテレビウィークの評価も星3つ半(4つで満点)とかなり高評価。
アメリカ人もこれ分かるんだ〜と妙に感心しちゃった。
 
 

 

 
にほんブログ村に参加しています
 
良かったらここ↓(バナー)クリックで応援してね
イメージ 2
 
 

閉じる コメント(20)

スリラーじゃないけど
ものすごい怖いよコレ!
阿部「毎年かわいそうじゃないか?」
樹木「だから来てもらってるんじゃないの」
きゃ〜っ

2011/3/18(金) 午後 2:19 [ HK ] 返信する

顔アイコン

HKさん>そそ、あそこはホラーだった(笑)

2011/3/18(金) 午後 2:27 pu-ko 返信する

顔アイコン

>学校帰りによく道で歌ってたなぁ・・

へ?
考えないようにしますw

2011/3/18(金) 午後 2:36 [ 焙煎修行人 ] 返信する

顔アイコン

オーガさん>はい、聞き流してください(爆)

2011/3/18(金) 午後 2:57 pu-ko 返信する

うわ〜久々の映画記事嬉しいです!私もpu-koさんと同じ!一人一人が元気でいる事が元気になるんじゃないかな?って思います。
そそところでこれは良かったですね。
きりんさんとYUOのやりとりなんてすばらしかったですね。
それに子役の感じが」やけにリアルだったのがまたよかったですね。
タイトル…歩いても歩いても小舟のように〜なんだか今歌うと泣けてくるかもですね。
(あっ!私も歌える・笑)

2011/3/18(金) 午後 5:29 ひかり 返信する

顔アイコン

さりげないようで、さりげなくない作品ですよねぇ。
是枝監督の手腕はさすがですね。
しかしまあ、よく喋ってましたね、あの母娘は。^^;
TB、お願いしまっす。^^

2011/3/18(金) 午後 5:48 サムソン 返信する

顔アイコン

元気な日本を取り戻しましょう。ということでTBさせてね。

2011/3/18(金) 午後 8:26 mossan 返信する

普通の家庭の普通の日常を切り取ったような映画ですが、
それがリアルで怖かったですね〜HKさんが言う、兄の死の原因ですが、
虚しいですが、それしか怒りの向ける所がないっていうのも悲しかったです、樹木希林さんとYOUとの会話とか絶妙でしたね
TBさせてください。

2011/3/18(金) 午後 8:39 くらげ 返信する

うんうん、映画を好きな被災地の方が、少しでも早く映画を見れるように、
祈りとともに、映画の火を消してはいけない!とも思います。
怖い思いをした人程、ニュースとかは怖くて見れないそうですしね。

2011/3/18(金) 午後 9:38 みゆぽん 返信する

未見ですけど、記事から作品の雰囲気がとっても伝わってきました。
劇的な展開ではなく日常を切り取ったものが伝わってくる作品って好きです。
これも観たいな〜
うんうん、被災地に住む映画ファンの人たちが一日でも早く映画を見れるようにね(^ー^)

2011/3/18(金) 午後 9:45 じゅり 返信する

家族だからこそ、ギクシャクしてしまうことってありますから。
被災地の方が観れば、また違う感じ方をしそうな作品ですね。
これは観てないので何とも言えませんが・・・劇的に何も起こらない映画、たまには、そういうのもいいかもね〜

2011/3/18(金) 午後 11:31 HERO-K 返信する

顔アイコン

ひかりさん>元気のあるものから元気を出していくしかないよね。
みんなで前に進みましょう。
そうそう、きりんさんとyouのやり取りは絶妙
あの子役ちゃんの存在が家族の真意を引き出してるのもうまいなぁと思いました。
ぎゃは、ひかりさんも歌える?嬉しい〜ww

2011/3/19(土) 午前 6:05 pu-ko 返信する

顔アイコン

サムソンさん>そうなんですよ。さりげない日常を描写してるようで中身は濃い!w
是枝監督って独特な心理描写が出来る人だなぁって感じます。
あの母子一日あの調子で話してそうです(笑)
TBありがとうございました。

2011/3/19(土) 午前 6:08 pu-ko 返信する

顔アイコン

じゅりさん>そうそう、日常を切り取った作品なんだけど、登場人物の関わりとか、思いとかぎゅーーっと詰まった作品でした。
そうですよね〜。被災者の皆さんが一日も早く落ち着いて映画を楽しめる日が来ることを祈ります。

2011/3/19(土) 午前 6:30 pu-ko 返信する

顔アイコン

原田のよっちゃんのファンとしては観ておきたいですねぇ
黒木 和雄がいいねぇ

2011/3/19(土) 午前 8:19 [ おみゃあ ] 返信する

顔アイコン

いや〜こういうのから 見始めてみようかな〜

2011/3/19(土) 午後 1:33 る〜 返信する

アバター

まだ観れてないけれど、良さそうですね〜!!!
うんうん。樹木希林はすごいよね〜 (*’▽’)
「歩いても〜歩いても〜小舟のよおぉぉにぃぃ〜♪」もちろん(笑)
空で歌えちゃいます∵ゞ(≧ε≦o) そこからのタイトルなんだぁ❤

2011/3/19(土) 午後 1:34 フラン 返信する

顔アイコン

こんな時に見るのにぴったりな作品ですね。
まるでアドリブ?っていうような自然な台詞
昔っぽい田舎の景色
そしてラストにじんわり〜感動。いい作品でした。
TBさせてくださいね。

2011/3/19(土) 午後 7:13 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

元気の出るスリラーってあれば結構面白い気もw元気の種類にもよりますがw
この作品は未見ですが、いかにも邦画らしい細かい感じなのにアメリカ人にもいいと思えるんですね。
家族の話は万国共通ですが、宗教感とかも違うのに伝わるもののある作品なのでしょうね。

2011/3/20(日) 午前 0:38 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

近年に無く小津を感じさせる作品でしたね。
大好きですよ、コレ。
TBさせて下さいね♪

2011/3/21(月) 午前 0:12 marr 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事