全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全407ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

テイク・シェルター

 
イメージ 1
 
バレンタインも終わったので、今日からオスカー&インディペンデント・スピリット(I・S)賞関連でカウントダウンを盛り上げます。
 
まずは、惜しくもアカデミーからは嫌われたものの、
I・S賞でマイケル・シャノンの主演男優賞獲得に期待がかかる本作。
大災害発生の恐怖に囚われた男を描く心理スリラーです。
 
テイク・シェルター(2011)  アメリカ
監督:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノン/ジェシカ・チャステイン/シェー・ウィガム
   ケイティ・ミクソン/キャシー・ベイカー
 
 
マイケル・シャノン演じるのは工事現場に働くカーティス。
聴力障害のある娘がいて裕福ではないが、家族三人幸せに暮らしてる。
ところがある日を境に、カーティスは悪夢に悩まされる。
黄色い雨が降り、竜巻様の暗雲が立ち込め、何ものかに襲われる夢。
恐れをなしたカーティスは、避難用のシェルターを作りはじめるが・・・。
 

愛するもの、守るべきものができると、人は失うことを恐れはじめる。
この作品は監督が結婚してまもなく製作を思い立ったらしいですが
家族を得たことで、まさにそれまでに感じたことのない
不安を覚えるようになった監督の思いが投影された作品といえるでしょう。
 
主人公カーティスには、10歳のときに離れ離れになった母親がいます。
精神を病み、母親としての役割を果たせないまま家を捨てた母親の存在は
カーティスのトラウマとなり、その子供であるという事実が彼の心を騒がせるわけです。
 
自分は狂っているのか?
母親と同じように、家族を失ってしまうのか。
 
不安に駆られながらも愛する家族を守りたいと思う男の
葛藤と恐怖、不安の描き方が緊張を生む展開が面白い。
マイケル・シャノンはこういう異常性のある人間を演じさせたらピカ一です。
 
さて、カーティスの夢の結末は・・
というのは、ぜひ観てご確認ください。

ジェシカ・チャステイン
が不安におののく妻を好演しています
 
 

開く コメント(20)

イメージ 1
 
昨日はバレンタインでした。
お店にはチョコレートが並び、赤やピンクのハートや天使に彩られるという点で
日本もアメリカも一見同じだけど、違うのは
日本は女子から男子に愛の告白をする機会でもあるというところかな。
こちらでは、男性からも女性からも
大事に思う恋人や友達、家族などにプレゼントや花を贈る日です。

私も昨日はチョコレートケーキなんぞを焼いてみました。
本当は翔さんみたいに、シリコンスティーマーでやってみたかったのだけど
まだゲットできてないので、普通の方法で。
 
出来上がりはこんな。
型が大きいので、本当はもう少し焼き時間を短くするべきだったな
しっとりが足りなかったけど、これはこれで。
 
イメージ 2
チョコレートはベイク用の糖分なしを使ったので、ビターな大人味でした。
でもね、見た目真っ黒でしょ。
 
旦那の第一声が「牛糞?」です(笑)
いや、お味じゃないと思いますよ、多分・・w
 
イメージ 3
 
 

開く コメント(20)

彼とわたしの漂流日記

イメージ 1
 
バレンタイン特集2本目
今日は、イ・へジュン監督による韓国映画。
自殺に失敗し漢江(ハンガン)の中洲に流れ着いた若者と、高層ビルからそれを見る引きこもり女の
奇妙な交流を描くサバイバル・ラブストーリーです。
 
彼とわたしの漂流日記(2009) 韓国
監督:イ・へジュン
出演:チョン・ジェヨン/チョン・リョウォン/ヤン・ミギョン
  
借金を苦に、漢江(ハンガン)に身を投げた男(チョン・ジェヨン)は、
その中州に流れ着きます。
対岸にソウルの街を見ることができるのだけど、泳げないため渡ることができず
トム・ハンクス並みの漂流生活を送るんですな。
そして、そんな彼を高層ビルから眺める女(チョン・リョウォン)あり。
たまたま男を望遠レンズで発見し、毎日観察するうちに、女は男と交流したくなる。
しかし彼女は3年間引きこもり生活をしている女・・。
 
イメージ 2
 
とにかく男の漂流生活ぶりが最高に楽しく、爆笑に次ぐ爆笑。
島に流れ着くごみを駆使して、それなりに快適に暮らしながら、完全なる退屈を楽しむ。
どうせ死んでいいんだからと、
そこらに生えてるきのこも臆せず食べる、汚い河の水も飲む。
でも彼はそのうちに美味しいものを食べたいという思いに駆られ
そうこうするうちに、生きることに望みを失っていた男が
お目あてのものを自分で作ることを夢見るようになり、それが彼の希望へと繋がっていくんですよ。
 
なんかね、私たちが便利さに埋もれ、すでに忘れてしまった感動がそこにあるんです。
欲求がアイディアを生み、希望が人を生かすのだとういうシンプルさがたまらない。
 
イメージ 3
引きこもり女の過去に何があったかなど詳細を語ることなく
彼女の両親の思いなども描く手腕はお見事。
心を病んでいた彼女が、少しずつ勇気を持ち始める姿も感動です。
 
さて、河をはさんだ二人が、出会うことがあるのか。
 
『キャスト・アウェイ』にオマージュを捧げたであろうつくりも楽しく
とっても素敵な人間賛歌でした!
 
 
 イメージ 5 よろしければポチンとよろしく。ヽ(。・ω・)ノ゛☆ありがとう

 
 

開く コメント(20)

開く トラックバック(2)

イメージ 1
 
今日は日本からの出張者を連れて、
ダラス唯一の観光スポットケネディ暗殺現場にいきました。
トップの写真は現場からみたところにある建物。
イメージ 2
 
↑こちらがツイッターでもつぶやいたけど、
近くの駐車場の入り口にあった料金箱です。
 
前にきた時には駐車場係がいて、その人たちに料金を渡してたので
こんなレトロな料金箱があったことも気づかなかったなぁ。
イメージ 3
 
自分が駐車した番号の下に紙幣投入用の穴があけられているので
そこに紙幣を押し込む形(笑)
同時に入れられるのは2枚までとちゃんと説明されてる。
私たちの前で投入してた人は、その説明書きを読まなかったのか
詰まってしまったお金を必死で押し込んでた(笑)
イメージ 4
 
それにしても、こんな箱に気づかない人もいるだろうし、
無人野菜販売所のノリですね。
 
ってか、これ本当に公式な料金箱なのかな(笑)
 
 
*ご訪問、コメントのお返しが遅れてます。
ごめんなさいね〜。
 
 
 イメージ 5 よろしければポチンとよろしく。ヽ(。・ω・)ノ゛☆ありがとう


開く コメント(18)

全407ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事