できる時だけの写真日記2

添付容量オーバーにより 3を開設しました。http://blogs.yahoo.co.jp/atakek5_7_20d

全体表示

[ リスト ]

 六本木ヒルズでやっている 「地球最古の恐竜展」 を 7/20の夜に見てきた事は、既に掲載 しました。 その後は恐竜展自体には行ってませんが、展示空間とつながった展望台アトリウムの様子や、六本木ヒルズ自体の様子 を掲載してきました。 もう一度はちゃんと見たいと思っていたのですが、8/18(水)の昼間に、やっと叶いました。  、 、 に続き、最初の時には撮り損ねていたものや、最初の時とは雰囲気の異なる写真を掲載します。
 
 写真は、K-7 + DA16-45mmF4 ISO800(C:500) RAW+JPEG4☆ 鮮やか 6MP FS+4 その他±0 ハイライト補正のみ AWB ハイパーマニュアル SR:ON 手持ち 撮影、トリミングなし、1280x853ピクセル での掲載です。
 ◎ 画像にマウスを置くと、右下に現れる+マークをクリックして下さい。写真が大きく、スッキリ見えます。
イメージ 1
↑[A] 19mm F5.6 1/15秒  パンファギアの化石です。 白く塗られた所の骨は無くなっていたのでしょう・・・。
 パンファギアの骨格模型や生体復元模型は、こちらの頁の[G] に掲載しています。
イメージ 2
↑[B] 23mm F5.6 1/15秒  新種の恐竜Yの化石です。 全身の骨がそろっているようです。 名前はついていないようでしたが、全身骨格模型・生体復元模型も脇にありました。 昨日、撮影したので、その内掲載します。
イメージ 3
↑[C] ISO500 16mm F5 1/20秒  巨大な哺乳類の祖先 イスチグアラスティア の足の化石。 でかいです。
全身骨格模型は こちらの頁の[B]〜[D] に、生体復元模型は こっちの頁の[G]〜[I] に写っています。
イメージ 4
↑[D] 23mm F5.6 1/15秒  ヘレラサウルス の頭骨化石です。 生体復元模型や全身骨格模型は、こちらの頁の[A]〜[D] に写っています。 よく、こんな形で2億年以上も存在し続けるものだ・・・と不思議になります。 
イメージ 5
イメージ 6←↑[E・F] 24mm F4 1/5秒
 サウロスクス の頭骨模型です。
ワニ類の祖先にあたるクルロタルシ類の一種で、三畳紀後期では最大級の肉食動物です。
 生体復元模型は、こちらの頁の[D・E] に写っています。 一番大きいやつです。
 骨格模型は、こっちの頁の[F] に掲載しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↓[G・H] 21mm・26mm F4 1/5秒
 フレングエリサウルスの頭骨模型です。
 全身骨格模型は こちらの頁の[B]・[G] に、生体復元模型は、こっちの頁の[G]〜[I] や、こっちの頁の[C]・[D] に写っています。
 
 食物連鎖の頂点に君臨する肉食獣の顎や歯は凄いですね。
イメージ 7
イメージ 8
 
 以上で、7/20に続き、8/18 二度目の恐竜展で撮影した写真の掲載はお終いです。
 でも、昨夜、また行って来ました。 やっと 撮れた被写体もありましたので、その内掲載します。 ご期待下さい。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これ迄の9頁(10頁?)を見ていると、地球最古の恐竜展の内容が、行かずとも、だいぶ判ってきたような気がします。 9月になったら行くつもりですが、楽しみです。 傑作です。

2010/8/28(土) 午前 9:08 [ maritakebp ]

顔アイコン

maritakebpさん 今回の恐竜展絡みの頁は全部で12頁作っていました。 でも1頁は、店舗のディスプレイ、もう1頁はヒルズの雰囲気でしたから、10頁ですね。
昨日の夕方行きましたが、子供で一杯です。 9月上旬の平日が良いと思いますよ。 人の多さを除けば、夕方〜夜が良いですね。 楽しんできて下さい。 傑作、ありがとうございます。

2010/8/28(土) 午後 4:17 atakeK-7&20D


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事