できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール、or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に尿酸値が高過ぎと言われてからは、ビールを止め 焼酎がメイン で稀に日本酒に変わりました。何故かウィスキーも飲まなくなりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、今年は、記録として残してみようと決めました。  ちなみに、今年、我家で飲んでるワインは、昨年10〜12月にネットで買った安旨ワインの残りと、エノテカのお正月セールで、10本以上まとめて買えば1050円/本(同一種類は3本迄/ハーフボトルは2本で1050円)で入手した36本のワインです。 今回は前々回前回に続き、その第3回目で1月の最終回です。
 
 写真は、K-3 + HD-DA70mmF2.4 RAW+JPEG3 鮮やか EXシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 AWB Pモード・分割測光 SRON 手持ち撮影、Aは適宜カット、他はトリミングなし 長辺1280ピクセル での掲載です。
 ◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。
 
↓[A] ISO400 F5 1/30秒 -2/3EV  エノテカのお正月セールで、各3本ずつ購入しました。
イメージ 1
 サンタ・クリスティーナは1946年のリリース以来、「イタリア人は誰もが一度は耳にしたことがある」というほど著名なワインの一つ。 現在も、創業当時と変わらぬ「土地とのつながりに感謝する」というシンプルな哲学を守り、土壌、畑、そして人の手仕事を大切にしながら、革新し続けています。 フレッシュな果実の味わいを生かした、チャーミングな味わいで、イタリアのみならず、世界中で愛されている醸造元です。
 
 左:サンタ・クリスティーナ・ビアンコ 2012(白/11.5%) 名門アンティノリの60年以上愛されるロングセラー、サンタ・クリスティーナの白ワイン。イタリア・ウンブリア州のグレケットやプロカニコが主体。 麦わら色、ベルガモットやオレンジの花、レモン、青リンゴなどフレッシュな香りが印象的。シナモンの甘いスパイスのニュアンスもあります。ステンレスタンクを使用しているため、口当たりにはフレッシュで、果実味があり、まろやか。酸味も心地よく、飲みやすいフルーティーな印象の白ワインです。
我家でも何度か飲んでいますが、和食にも合う美味しい白ワインです。 ↓中の赤ワインも同じですが、エノテカの通常価格は1837円/本ですが、ネットでは2割は安い値段で見かけます。1365円/本以下なら絶対買いです。
 
 中:サンタ・クリスティーナ・ロッソ 2012(赤/12.5%) イタリアのスーパーで最も売れている赤ワイン。サンジョヴェーゼ60%とカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラーによる飲み心地のよい1本。チェリーやラズベリーを彷彿とさせる赤い果実の豊かな香りがあります。味わいは、滑らかでバランスがよく、余韻にはしなやかなタンニンが感じられ、果実の味わいが長く続きます。ソフトな仕上がりとバランスの良さが際立つワインです。
我家でも何度か飲んでいますが、美味しいと思っています。エノテカの通常価格は1837円/本。
 
 右:カプスラ・ヴィオラ 2012 サンタ クリスティーナ (白/11%) 夏向きのカジュアルワインとして世界中でヒットしている名門アンティノリの辛口白ワイン(トレッビアーノ50%、ピノ・グリージョ35%、シャルドネ15%)。シトラスにオレンジの花といった華やかな香り。ジューシーな果実味とフレッシュな酸味。プチプチとはじけるような微発泡の飲み口で、カプレーゼやトマトの冷製パスタ、グリーンサラダと共に屋外で味わうのがお勧めです。
我家では今回初めて飲みましたが、それほど美味しいと思えませんでした。次はもっと冷やして、上記の事を意識して飲んでみようと思います。 エノテカの通常価格は1680円/本(ネットでは↑の左や中と同程度)。

1月に飲んだワインは、この他に写真は撮っていませんが、エノテカのお正月セールで、ハーフボトルですが1本ずつ買ったボルドー(仏)のバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドのアニョー・ブラン(白)アニョー・ルージュ(赤) を飲んでいます。 初めて飲んだのですが、また、買おうとは思いませんでした。
 
※画像添付容量が余ったので、三が日後に我家のベランダにやってきた、パンジーの写真を載せます。
 開放から1段絞りのMTFで撮影していますが、HDレンズは円形絞りなので、背景ボケが○く柔らかです。
↓[B] ISO800 F3.5 1/500秒 -2/3EV
イメージ 2
↓[C] ISO100 F3.5 1/60秒 -2/3EV
イメージ 3
 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

サンタクリスティーナの定番ワイン、美味しいのですね。 名前は聞いたことがあります。
パンジーの写真は、背景のボケが柔らかく、ナイスです。

2014/2/5(水) 午後 9:57 [ maritakebp ]

顔アイコン

こんにちは maritakebpさん。 ナイス、ありがとうございます。
このパンジーは1/10前後に苗を買って来たもので、今、徐々に勢いを増しつつある状況です。
DA70の描写は柔らかくて素敵です。円形絞りと多角絞りが、切替式だと良いのですが・・・。

2014/2/6(木) 午後 0:38 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事