できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に尿酸値が高過ぎと言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒を飲むようになりました。 何故かウィスキーも飲まなくなりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、今年は、記録として残してみようと決めました。 今回は、1月(3回) と 2月(6回) 、3月(4回) 、前回の4月第1回 に続く 2回目です。 旬のある季節の花々の写真他に押されて、1ヶ月近くも間が空いてしまいました。
 
 写真は、K-3 ISO400 -2/3EV RAW+JPEG3☆ 鮮やか EXシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 HPモード・分割測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンク 長辺1280ピクセル での掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。
 
↓[A] DA70mmF2.4 F5 1/20秒  どちらも、エノテカで買った赤ワインです。
イメージ 1
 左:シャトー・グロリア サン・ジュリアン 2010(赤)  フランスはボルドーのサン・ジュリアンが、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にメルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドから醸造した赤ワイン。 ワインアヴォケイト誌パーカーポイント93点を誇るエノテカ店長お勧めワイン。 エノテカ六本木ヒルズ店の3月のセール「2010年ワイン3本まとめて15%引き」で、購入した1本です。 ネットでは5000円程度で買えますが、エノテカの通常価格は5800円、15%引きで4930円なので、お徳と判断して購入。 我家の家飲みワインとしては超高級ワインですが、いつもの千円前後で買うワインに比べると、上品で奥深い香りと味わいで、その価値は感じられました。 でも、家飲みワインとしては高過ぎです。 無理だとは判っていますが、3000円程度で買えれば・・・と思いました。
 
 右:アイランド・イースター レゼルバ カベルネ・ソーヴィニヨン 2012(赤)  チリはセントラルバレーのクイマイが、カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カルメネール15%の葡萄から醸造した赤ワイン。 エノテカの通常価格は1900円ですが、1月の10本1万円で1本だけ残っているのを買いました。 税抜き千円で買えるなら超お得なワインとしか言いようがありません。
 
↓[B] DA☆50-135mmF2.8(75mm) F4 1/25秒  これも、どちらも、エノテカで買った赤と白ワインです。
イメージ 2
 左:シャトー・シェ・スプリーン 2010(赤)  フランスはボルドーのムーリが、カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロ45%から醸造した赤ワイン。 ワインアヴォケイト誌パーカーポイント90点、ワインスペクター誌90点の高評価ワインです。 エノテカの通常価格は4600円ですが、↑Aの左のワインと一緒に、「2010年ワイン3本まとめて15%引き」で購入したので、3910円でした。 ネットの安値も4000円程度なので、お徳と判断しました。 イオンでは5524円で売っています。 ワインの値段って、何だか良く判りませんね。
 
 右:オリヴィエ・ルフレーヴ ムルソー 2011(白)  フランスはブルゴーニュの白ワインの名醸造手:オリヴィエ・ルフレーヴが、ムルソーでシャルドネ100%から造る白ワイン。 エノテカ六本木ヒルズ点で「理由あり20%引き」で購入しました。 ネットでは4730円で買えますが、エノテカの通常価格6000円(2010年が5500円)の20%引きで4800円でした。 「理由」と言うのは、写真の通り、ラベルに皺が入っていることでした。
 
 どちらも、我家のいつもの千円前後で買う家飲みワインに比べると、上品で奥深い香りと味わいで、その価値は感じられました。 でも、家飲みワインとしては高過ぎです。 無理だとは判っていますが、3000円以下で買えれば・・・と思いました。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。  
当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

奥さんと家で楽しむワインは、安いものに決めているのかと思いましたか、たまには高いワインも飲まれているんですね。 安心しました。
しかし、ラベルの皺だけで20%引きですか? これはお得ですね。 ナイスです。

2014/5/19(月) 午前 8:27 [ maritakebp ]

顔アイコン

たまには高いのも飲みますよ、maritakebpさん。 もらい物もありますからね・・・。
でも、高くて美味しいワインの後は、しばらくの安くても美味しいワインが、つまらなくなるのも事実です。 本当にたまでないと、大変な事になります。 ナイス、ありがとうございます。

2014/5/21(水) 午後 0:45 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事