できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に尿酸値が高過ぎと言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒を飲むようになりました。 何故かウィスキーも飲まなくなりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、今年は、記録として残してみようと決めました。 今回は、1月(3回) と 2月(6回) 、3月(4回) 、4月(2回) 、5月3回目 に続く 5月の4回目です。
 
 写真は、K-3 + DA☆50-135mmF2.8 ISO400 -2/3EV RAW+JPEG3☆ 鮮やか EXシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 HPモード・分割測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンク 長辺1280ピクセル での掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。
 
↓[A] 70mm F4 1/60秒  どちらも、4月のエノテカのセール「カジュアルワイン10本纏めて1万円」で購入。
イメージ 1↓[B] 75mm F4 1/100秒   裏面。
イメージ 2
 左:レゼルヴァ・ソーヴィニヨンブラン バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ 2010(白/12.5%) 
 シャトー・ムートン・ロスチャイルドを手掛けるフランス・ボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が、細長いチリのほぼ中央、アンデス山脈と海岸山脈の間に位置するマイポ・ヴァレーで採れたーヴィニヨンブラン100%から造る白ワイン。 2009年ものですが、エノテカの通常価格は2000円(税抜き)です。 ネットでは見かけません。 香りや味わいなどについては、↑に引用した頁に委ねますが、我家の夕飯にも合せやすい白ワインで、美味しくいただけました。 でも、1500円以上の値段なら買わないと思います。
 
 右:ヴィラ・アンティノリ・ビアンコ バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド 2011(白/12%)
 イタリア・トスカーナのアンティノリが、トスカーナの伝統的な白ブドウ品種をバランス良くブレンド(トレッビアーノ+マルヴァジーア50%、ピノ・ビアンコ+ピノ・グリージョ35%、ライン・リースリング15%)して醸造した白ワイン。 エノテカの通常価格は2100円(税抜き)です。 ネットでは1550円(税抜き)で買えます。香りや味わいなどについては、↑に引用した頁に委ねますが、我家の和食の夕飯にも良く合う白ワンでした。 1500円なら買いたいと思うワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。  
当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

輸入ワイン専門点のエノテカは横浜にもありますね。 安いワインも、実質3割引き以上のセールで買えるなら、ネットよりも安そうですから、安心して買えそうですね。 ナイスです。

2014/6/9(月) 午前 7:45 [ maritakebp ]

顔アイコン

こんにちは、maritakebpさん。 ナイス、ありがとうございます。
エノテカは安いワインも扱っているし、好みの問題はありますが、私の場合、外れはないので、安心して買えます。 ただ、通常価格は高いので、セールか訳ありしか買えませんが・・・。

2014/6/9(月) 午後 0:48 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事