できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や 日本酒 ・ ウィスキー を飲む機会はめっきり減りました。 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、一昨年からは、記録として残し始めました。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/15秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンクしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 8月中旬、エノテカ六本木ヒルズ店で「よりどり3本1万円:税別」で購入した中の白ワインと、
知り合いから贈られた赤ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルです。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/10秒  瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:パスカル・ジョリヴェ サンセール・エクセプション 2012(白/13.5%)  フランスはロワールを代表する造り手のパスカル・ジョリヴェが、最も得意なソーヴィニヨン・ブラン100%から造る白ワインです。 限りなく『自然なまま』にこだわって生産された純粋でクリアな味わいの白ワインです。 アティテュードを-204に載せましたが、このEXCEPTIOは、その「例外・特例」の意味の通り、アティテュードやスタンダードなサンセールとは一線を画す最高級のサンセールです(パスカル・ジョリヴェのラインナップはこちらです)。 3つの特別な畑から収穫されるソーヴィニヨン・ブラン100%をブレンドし、天然酵母と共に発酵、SUSタンクで長期間澱と共に寝かせ、翌夏に濾過せず瓶詰し3年熟成させたのが、この2012です。 洋ナシや柑橘系果実の風味とミネラルの風味を感じるまろやかで優雅な感じの高級白ワインです。 エノテカ通常価格:税別1万円で、ネットでは税込8600円と言うのがありました。
 我家では、28℃未満の室内に保管し、冷蔵庫で十分冷やし、27℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて非常に美味しく頂きました。 前菜から主菜迄、これ一本で楽しめました。 いつも飲んでる千〜2千円のワインとは全く違う美味しさを感じました。 今回のような、非常にお得なセールでしか買えませんが、同様な機会があれば、また買って飲みたい白ワインです。

 右:ケンゾーエステート 明日香 2013(赤/14.8%)  アメリカはカリフォルニアのナパ・ヴァレーで、カプコンの創業者:辻本謙三氏が手掛ける「ケンゾー・エステート」が、今年の春にリリースした希少な(生産量が少ない)赤ワインです。 カベルネ・フラン94.1%、メルロ5.9%から造られ、上質な果実の香りが開花する芳醇な赤ワインです。 天候に恵まれ秀逸なカベルネ・フランが豊富に収穫された2009年から生産されています 今年4月の正規の値段は1万5千円程度と思われますが、ネットでは現在、税込29980円で売っています。
※同社のワインは 「結 2014」 が-173に登場しています。同じ人からもらっています。
 我家では、28℃未満の室内に保管し、夕食前の1時間冷蔵庫で冷やして、家内が赤ワインを意識して用意した料理に合せて頂きました。 いつも飲む千円程度のワインとは明らかに違いますが、3〜4千円のワインと大差ない美味しさにしか感じませんでした。 もらいものですから良いですが、ワインの値段は判りませんねえ〜。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おっ、今朝は遅い更新だったんですね。
今回のワインはどちらも超高いですね。 そんな高いワインでも、値段ほど美味しいと思えないものがあるとは怖いですね。 ナイス記事です。

2016/9/7(水) 午後 6:47 [ maritakebp ]

顔アイコン

おはようございます maritakebpさん。 ナイス記事 ありがとうございます。
高いワインなのに、期待したほど美味しくない・・・と言うのは結構ありそうですよ。その理由は大体次の通りですよ。
1)旨い・不味いの感覚には個人差がある
2)ワインは運搬・保管状況で香りや味が変わる
特に2)の影響は大きいですから、高いワインは信頼のおける店で購入すべきですよ。

2016/9/8(木) 午前 6:54 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事