できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や 日本酒 ・ ウィスキー を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)、'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)月(7回)月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)、今年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(5回)5月(8回)6月(10回)7月(3回)に続く、7月の4回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 1/15秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンクしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 昨年10月に楽天エノテカで「100%モンテス6本:税別12900円(3割以上引き)」で買った中の白と、
いつ・どうやって入手したか失念(多分、エノテカ六本木ヒルズ店で、3本1万円で購入)した赤です。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルです。
イメージ 2
↓[C] 瓶底形状が判るように瓶を回して撮影。
イメージ 3

 左:モンテス・アルファ ソーヴィニヨン・ブラン スペシャル・キュヴェ 2014(白/12.5%)  チリのモンテスがアコンカグアのレイダ・ヴァレーで収穫するソーヴィニヨン・ブラン100%から造る白ワインです。 スペシャル・キュベは、特に出来の良い葡萄を手間暇かけてワインにするため年間生産5千本程度に限られます。 パイナップルやバナナ等の南国果実のような香り、爽やかな口当りで、豊かな果実味とコクを余韻まで感じられるリッチな白ワインです。 エノテカ通常価格:税別4500円、ネットで他に安いのは見かけません
 我家では、16〜27℃の室内に保管し、冷蔵庫で十分冷やして、27℃の食卓で、家内の作る和風の夕食に合せて、美味しく頂きました。 前菜から主宰迄これ1本で非常に美味しく頂きました。 家飲みには贅沢過ぎますが、税別3千円程度なら買い置きしておいて、晴れの日に飲みたい白ワインです。

 右:ガヤ プロミス 2014(赤/13%)  イタリアのガヤが、トスカーナ州ボルゲリのカ・マルカンダで、メルロを主体にシラーとサンジョベーゼから造る赤ワインです。 ワイナリーの名称「カ・マルカンダ」は「望みのない交渉の家」と言う意味の方言だそうで、ガヤが入手するのに苦労した事を物語っています。 ここで造られるスタンダードワインが「プロミス」です。 濃い紅色、チェリーやベリーの濃縮したような香りとトーストやタバコのような香り、農耕で瑞々しい果実味と繊細で滑らかなタンニンの渋味と苦味が複雑ながらしっかりした味わいで、余韻も長く続く赤ワンです。 エノテカ通常価格:税別4700円、ネットで安いのは2015年物が税別3650円と言うのがあります
 我が家では27℃未満の部屋に保管し、冷蔵庫で2時間ほど冷やして、27℃の食卓で、家内が赤ワインを意識して作った夕食に合せて、非常に美味しく頂けました。 バルサミコ酢を掛けた野菜サラダから主菜迄、これ1本で頂きました。 3千円程度ならまた買って飲みたいですが、家飲みには贅沢すぎる赤ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最近、エノテカの高価なワインが登場する事が多くなり、安旨ワインの登場頻度が落ちていますが、何か理由があるのでしょうか? ちょっと気になっています。

2017/8/15(火) 午後 7:15 [ maritakebp ]

顔アイコン

7月16〜19日の家族全員の帰省で、家を完全に空ける際に、外断熱化したとは言え、部屋の中の温度が30℃に近くなるとワインが駄目になるかも…と思い、保管していた十数本の内、高価なものから5本は、8℃設定にした冷蔵庫のユーティリティー室に移し、次に高価なものは4℃前後の野菜室に移して行きました。 帰省から帰宅後は冷蔵庫も通常状態に戻すべく、冷蔵庫に移したワインから消化しているからですよ🎵
温度計の蓄積データを確認したら、27.8℃を越える事は無かったことが判りました。 今後は冷蔵庫に移す事なく、安心して家を開けます。

2017/8/18(金) 午前 7:27 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事