できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や 日本酒 ・ ウィスキー を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)、'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)月(7回)月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)、今年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(5回)5月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(5回)に続く、12月の6回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/15秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンクしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 12/17に、京橋ワインで2万円以上で15%引きクーポンを使って単品購入したロゼ泡と、楽天エノテカで1万円以上で千円引きクーポンを使って購入した「2017クリスマス1万円福袋」に入っていた赤です。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルです。 右の赤には、安定剤としてCMC:カルボキシメチルセルロースが入っています。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/10秒 瓶を倒して露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:ベッレンダ ロザリカ ロゼ・スプマンテ・ブリュット(ロゼ泡/11.5%)  イタリアはヴェネト州のベッレンダ社が、土着品種のラボーソ80%、ピノ・ネーロ20%から造るロゼスプマンテです。 ヴェネト州トに古くから伝わる土着品種ラボーソは、大変酸味の強い地ブドウで、ワインに酸味を加 えるために添加するブドウでしたが、最近ではこれを90%以上使用した赤ワインも造られるようになったそうです。
 ローズメタルのボトルは華やかで、グラスに注ぐと紅色が濃いピンク色に立ち昇る細かな泡が奇麗です。チェリーやラズベリーのような香り、口に含むと甘酸っぱい果実味が一杯で、コクや旨味もあり、余韻には苦味や渋味も感じます。 単品価格:税別1980円、ネットで安いのは税別1741円と言うのがあります。
 我が家では、19℃以下の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷やして、21℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、美味しく頂きました。 最初の野菜サラダから前菜〜主菜まで、これ一本で楽しみました。 ちょっと飲み足りなくて、赤ワインを追加しました。 ボトルが華やかで、グラスに注いでも奇麗、飲めば美味しいので、税別千五百円程度で買えるなら、何本か買って置きたいロゼ・スプマンテです。 この時は15%引き:税別1683円で買いましたが、ちょっと高いかな‥と思いました。
イメージ 4
 右:パスカル・ジョリヴェ アティテュード ピノ・ノワール 2015(赤/12.5%)  フランスはロワールで注目のパスカル・ジョリヴェが「できるだけ自然に、手を加えないこと」をもっとうに、トゥーレーヌとサンセールの畑から収穫したピノ・ノワール100%から造る赤ワイン。 自然の摂理に従ったブドウ栽培、発酵を促すための亜硫酸塩は使用せずブドウの果皮についている天然酵母を利用し2〜3ヵ月かけた発酵・醸造を実践しているそうです。 艶っぽい赤色、果実香と樽の香り、赤系果実やチェリーのような果実味とあっさり滑らかなタンニンのバランスが良いライト〜ミディアムボディーの赤ワインです。 エノテカ通常価格:税別2800円、ネットでは見かけません。
 我が家では19℃以下の部屋に保管し、外気で2時間ほど冷やして、21℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、美味しく頂けました。 バルサミコ酢を掛けた野菜サラダから主菜(鰻蒲焼)迄、これ1本で頂きました。 安定剤CMCが気になる所ですが、税別二千円未満て買えるなら、また買っておきたい赤ワインです。 この時の福袋の内容は右の通りで、エノテカ通常価格の総額16500円が1万円(39%引き)、更に千円引きで9千円(45%引き)で買えたので、超お得でした。 この1本は税別1540円だった訳です。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

前回にも登場していましたが、右の福袋は超お買い得でしたね🎵
左のスプマンテも、良いものを他よりは安く買われたと思いますが、今一つなんですね?

2018/1/8(月) 午前 7:16 [ maritakebp ]

顔アイコン

おはようございます maritakebpさん。楽天エノテカのクリスマス福袋は大変お得でしたね。
スパークリングワインは千円程度でも美味しいのが多いし、高い分の味の差が判り難い気がしています。よって実際の買値が2千円程度以上のものには厳しめの評価になりますね。

2018/1/9(火) 午前 7:00 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事