できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)、'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)イメージ 45月(10回)6月(7回)7月(7回)月(7回)月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(5回)5月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、今年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(5回)に続く、12月の6回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 楽天WSソムリエで 12月のセールで単品購入した白ワインと
11月に買った右上の「金賞&5大シャトー醸造家赤5本:送料込・税別3980円」の中の1本です。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルです。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:ワイン・ピープル ミオパッソ フィファーノ 2017(白/13%)  イタリアのワインピープルが、イタリアで唯一パーカー100点を2度獲った醸造家ステファノ・キオッチョリを擁して、イタリア最南端のシチリアとプーリアで造るのが「ミオパッソ」シリーズです。 国際品種葡萄を使わずイタリア地場葡萄だけで高品質なイタリアワインを造っています。 これはシチリアのフィファーノ100%から造る白ワイン。 明るい黄緑色、ネクタリンのような甘酸っぱい果実の風味とミネラル感のある、飲み応えのある白ワインです。 単品通常価格は税別1730円ですがこのセールでは税別980円でした。 ネットで他には見かけません。
 我家では、16〜20℃の部屋に保管し、冷蔵庫で十分冷して、20℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく楽しめました。 税別千円以下なら超安旨ワインだと思います。 同じようなセールがあれば、3本くらいは買っておいても良いと思いました。
 
 右:デュク・デュ・ヴァロネ 2016(赤/13%)  フランスはボルドーのメルロー主体にカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランから造る赤ワインです。 プルーンやベリー系果実の香り、メルロー主体らしく控えめのタンニン(渋味)と、しっかりした果実味で、余韻もそれなりに楽しめるミディアムボディーの赤ワインです。 ジルベール&ガイヤール金賞を受賞しています。 単品では税別1700円で売られています。 ネットで他には見かけません。
 我家では、16〜20℃の部屋に保管し、夕食の1時間ほど前に屋外で冷して、20℃の食卓で、家内が作る濃い目の味付けの夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 税込千円前後なら、もう一度は買って、しっかり味わってみたいと思っています。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

どちらも安旨ワインのようですね。アカシヤやビタミンC等の添加剤も入っていなくて安心ですね。

2019/1/15(火) 午後 7:42 [ maritakebp ]

顔アイコン

千円未満で買えて美味しければ、安旨ワインですよね🎵 亜硫酸塩は酸化防止剤として添加されるのはしようがないですが、できることなら、その量も少く、その他には添加されてないものを飲みたいですよね。

2019/1/17(木) 午前 6:48 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事