できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウ6スキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)、'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)月(7回)月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(5回)5月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(8回)に続く、4月の9回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 2/20に、エノテカオンラインの訳ありセールで、2割引で購入した白微泡ワインと白ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルです。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒  瓶を回して、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 イタリアのピエモンテ州アスティ地域の白ブドウ:モスカート・ビアンコ・カネッリから造られる甘口微発泡白ワイン「モスカート・ダスティ」のトップ生産者であるサラッコの2種類です。 ワイナリーはカスティリオーネ・ティネッラ村にあります。

 左:サラッコ モスカート・ダスティ 2017(白微泡/5.5%)  私は知りませんでしたが、非常に有名で、各方面から高評価を得ているモスカート・ダスティ:甘口微発泡白ワインです。 緑がかった麦藁色の外観、柑橘類や甘い桃のような果実香、花や若草のような香りもします。 新鮮な果実味と酸味、余韻にはレモンの皮のような苦味が心地良い甘口の微発泡白ワインです。 エノテカ通常価格:税別2200円で、他に安いのは税別1910円と言うのがあります。
 我家では、17〜21℃の部屋に保管し、冷蔵庫で十分冷して、21℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて美味しく頂きました。 私も家内も最初の一口では、その甘さに驚きましたが、意外と和食にも合いました。 でも、アルコール度数が極端に低く、飲み足りなさを感じました。 食前酒として飲むのや前菜に合わせるのは良いと思いますが、もう1本しっかりした白ワインか赤ワインを足すべきだと思います。 税別千五百円程度で買えるなら、また買っても良いと思いました。

 右:サラッコ ランゲ・シャルドネ・ブラスエ 2017(白/13.5%)  サラッコがモスカート・ビアンコ・カネッリと共に生産するシャルドネ100%造る白ワインです。 緑がかった麦藁色、柑橘類やリンゴ、パイナップルのうよな果実香、豊かな果実味と酸味のしっかりした白ワインです。 余韻にはバターのような風味もします。 エノテカ通常価格:税別2800円で、ネットで他には見かけません。
 我家では、17〜21℃の部屋に保管し、冷蔵庫で十分冷して、21℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、非常に美味しく頂きました。 最初の野菜サラダから前菜〜主菜まで、これ一本で楽しみました。 税別二千円程度で買えるなら、また買いたい白ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

モスカート・ダスティ、そんなのがあるんですね、知りませんでした。

2019/5/9(木) 午前 9:41 [ maritakebp ]

顔アイコン

ご無沙汰です。
ワインの知識は全くありませんがフルーティじゃなくてしっかりとした味の赤ワインが好きですね。
しかし、尿酸値が高いのは同じで医者からは飲みたいなら蒸留酒を適量と言われてから晩酌は焼酎ハイボールのみです。

2019/5/9(木) 午前 10:16 マイペース

顔アイコン

マイペースさん おはようございます🎵
私も尿酸値の関係で焼酎にしたのですが、2013年メタボ予備群と言われカロリー制限することになり、米や麦、穀物から造る日本酒や焼酎よりも葡萄から造るワインの方が遥かにカロリーが低いと推奨され、晩酌はワインにしましたよ🎵
焼酎の時は私の晩酌にはつきあわなかった家内が、ワインならつきあうようになり、家庭円満にも役立っていますよ🎵
最初の頃は、私もカベルネ・ソーヴィニヨンやシラー等、しっかりした赤が好みでしたが、今では果実味が主体であっさり目のメルローや、全体的にあっさり目だけど味わい深いピノ・ノワール等も好んで飲むようになりましたよ🎵

2019/5/10(金) 午前 7:00 atakeK-3_5s_01

顔アイコン

maritakebpさん、モスカート・ダスティは低アルコール度数の甘口白スパークリングワインですね。 仕事の日の昼食会等には最適ですね🎵

2019/5/10(金) 午前 7:05 atakeK-3_5s_01


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事