できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全719ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)、7月(4回)に続く、7月の5回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 4月に京橋ワインで1割引きで買った「凄い限定スペシャル12本(-36%):税別1万5千円」の中の白泡1本と
3月末に楽天フェリシティーで単品で買った白ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3


 左:フロマンタン・レクラパール グラン・クリュ エキストラ・ブリュット(白泡/12%)  フランスはシャンパーニュ地方で1925年に創設された家族経営のワイナリー:フロマンタン・レクラパールが、プージィ村のピノ・ノワール70%、シャルドネ30%から造るシャンパンです。 少しピンクがかった淡い黄金色に細かな泡が立ち昇る外観は奇麗で目を惹きます。 レモンやリンゴの香り、豊かな果実味とキリっとした酸味、ミネラル感もしっかりあり、後口には複雑味を感じるちょっと格上のスパークリングワインです。 京橋ワインでは、商品名の最後にトラディショナルと付くものが、単品では税込4298円で売られていました。 ネットで安いのは、他には見かけません。
 我家では、20〜27℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26〜27℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で非常に美味しく頂きました。 税別2500円程度で買えるなら、もう一度は買って飲みたいシャンパンです。

 右:ドメーヌ・デ・アット シャブリ 2014(白/12%?)  フランスはブルゴーニュのシャブリ地区北部のマレニー村のドメーヌ・デ・アットが、シャルドネ100%から造る白ワイン:シャブリです。 リンゴや柑橘類の香り、薄めの果実味としっかりした酸味、ミネラルや樽由来とも思える複雑な後味もあるシャブリです。 フェリシティーでは単品価格:税別1340円です。 ネットで他には見かけません。
 我家では、20〜27℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26〜27℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 この値段なら、安旨シャブリとだと思いました。 また買って飲みたい白ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。
 8/23(金)は仕事を休み、会社のゴルフ仲間と近場の名門ゴルフ場の一つ:相模カンツリー倶楽部に行きました。 神奈川県民ゴルフデー枠で、今年の3/6(水:全3頁)以来、3度目のラウンドでした。
 前日朝にゴルフバックを車で届け、当日は電車(相鉄線:大和→小田急江ノ島線:中央林間→クラブバス)で行きました。 9:52スタート予定でしたが、自宅を出るのが遅れ、ゴルフ場に着いたのは9:10頃になりました。 おまけに少し雨の降る天気だったせいでキャンセルが出たため、スタートが9:38に早まりました。 準備運動と素振り、それに、ちょっとだけアプローチ練習をしてスタートする事になりました。
 
 今回は、ラウンド中に少しだけスマホLG電子のV30+、4mmF1.6 ±0EV)で写真を撮ったので、その写真を掲載し、備忘録とします。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] ISO50 1/446秒 11:26 前半インコースの最後:18番ロングのティー脇の白い百日紅の花です。
イメージ 1
↓[B] 同上。 ↑は白い百日紅の花にピントを合せて、背景のコースやクラブハウスをボカしていますが、
↓はコースにピントを合わせて、百日紅の花は少しボケますが、クラブハウスをそれなりに写しました。
イメージ 2

↓[C] ISO50 1/497秒 11:27  同上。 立ち位置を少し変えて撮影。
イメージ 3
↓[D] 同上。 ↑Bと同様に百日紅の花を少しボカし、クラブハウスをそれなりに写しました。
スマホではこの程度の表現・描写の自由度しかありませんが、それなりにある‥と思っています。
イメージ 4

↓[E] ISO50 1/446秒 11:29 同上。 引いた位置でキャディ:駒澤奈保さんの後姿も入れて撮影。
イメージ 5

 前半は11:45頃に終了。 40分の昼食休みを挟んで、後半は12:25のスタートでした。

↓[F] ISO100 1/40秒 13:51  7番ミドルの2nd地点に向かう途中で、大きな松ぼっくりを撮影。
イメージ 6
↓[G] ISO50 1/40秒 同上。 若い松ぼっくりに近寄って撮影。
イメージ 7
↓[H] ISO100 1/30秒 同上。 色着いて来た松ぼっくりもありました。
イメージ 8


↓[I] ISO50 1/120秒 13:59  8番ミドルのティー脇の ピンクの百日紅の花です。
イメージ 9
↓[J] 同上。 立ち位置を変えて撮影。 後半も14:30前には終了しました。
イメージ 10

 この日のゴルフはティーショット〜アプローチ・パットまで、全てが不安定で、前半+5の大叩きをした時は「どうなる事か‥」と思いましたが、1(+5)・5ダボ・5ボギー・6パー・1バーディー(3パット1回・2パット13回・1パット4回)の IN:49/17+OUT:40/16=89/33 と, 前半は今一でしたが、後半は良好なスコアでした。

 同伴者は 7/6(土)の程ヶ谷以来のSj氏が 43/18+43/17=86/35 と今一つの結果、7/28(日)の程ヶ谷を急遽欠場したH氏が 47/17+40/12=87/29 とパット絶好調で予想外の好スコア、やはり7/6(土)の程ヶ谷以来の若手St氏が  54/20+51/19=105/39 とまあまあの結果でした。
 オリンピック・ニアピン(NP)は、NP3個を取った私の大勝ち、H氏のチャラ、Sj氏の負け、St氏のやや大負けでした。

 ラウンド終了後はお風呂を入って、レストランで反省会。 エアコンがなく、窓を開放しただけのレストランですが、さほど暑くはなく、快適に反省会ができました。 程ヶ谷CC程ではありませんが、美味しいおつまみを安い値段で楽しめました。 来週9/3(火)・6(金)もここをラウンドします。 その時は、しっかり練習してラウンドしたいと思います。 その前に31(土)に程ヶ谷CCをラウンドします。 85を切るべき、しっかり練習して挑みます。
 8/17(土)は、6/16(日)以来、2ヶ月ぶりにホームコース:ギャツビイGCに行きました。 8/10・11(土・日)の大栄CC・程ヶ谷CCのゴルフで、9ヶ月続く不調から脱却できる兆しが見えたので、その確認の意味を込めて行く事にしました。

 朝4:47に自宅駐車場を出て、横浜町田ICから東名高速を走り、足柄スマートインターで下り、ゴルフ場には5:36に到着しました。 前々日に、アウトコース6:00スタートを予約していましたが、組合せができなかったとのことで、アウトコース6:14スタートに変更になりました。

 この日は曇天で、稀に雲の間から青空がみえる天候で、特に暑くはなく、この時季のゴルフとしては良い天候でした。 前半のラウンド中、何度か雲の隙間から富士山頂を観る事は出来ましたが、写真を撮り損ないました。 でも、ティーグランドに植えられた珊瑚樹の実が目を惹いたので、スマホLG電子のV30+、4mmF1.6 ISO50 ±0EV)で写真を撮りました。 今回は、その写真を載せて備忘録とします。

↓[A] 1/120秒 7:07  5番ミドルホールのティ脇の珊瑚樹です。
イメージ 1
↓[B] 1/60秒 同上。  例年6月下旬に白い花が咲き、この時季に赤い実をつけますが、赤くなる途中です。
イメージ 2
↓[C] 1/120秒 同上。  綺麗な所に近寄って、縦位置構図で撮影。
イメージ 3

↓[D] 1/463秒 10:36  17番ショートのティー手前の珊瑚樹です。
イメージ 4

↓[E] 1/386秒 同上。 疥癬症の狸が餌を求めてやって来たので、実をちぎって渡しましたが、口にしません。
美味しくはないのでしょう‥。 疥癬症のせいでしょうか、ここの狸も大分減ったようです。
イメージ 5


 この日は、川崎は宮前平の宮澤さん(72)との2人で、レギュラー(白)ティーからのラウンドでした。 早朝6:14に2組目でアウトコースからスタートし、スルーでラウンドしました。 前の組も2人(親子:40前の父と中高生の娘)で、前半アウトはスイスイでした。 8:10過ぎには、後半INコースをスタートしましたが、流石に後半は待ちが多く、3時間弱かかり、11:05にラウンドが終了しました。

 この日は、ティーショットが3番ミドルでOB・6番ミドルでロスト・12番ミドルではチョロと今一でした。 FWは大夫良くなって来たのですが、13番ロングの2ndでOBを打ってしまいました。 パットも今一つで、特に後半14番17番・18番で3パットしたのが、残念でした。 結果は 5ダボ・7ボギー・6パー(3パット4回・2パット12回、1パット1回、エッジから1回)の OUT:45/16+IN:44/21=89/37 と今一つでした。 でも、OBやロストがあっても、トリ以上の大叩きはしなかったのは、不振脱却の兆候が継続していると思えました。

 同伴者の宮澤さんは 51/19+47/15=98/34 と、後半はパットが決まっていました。

 ラウンド後は、ゆっくりお風呂に入り、宮澤さんは昼食はとらずに帰宅、私はレストランで昼食をとって、12:09にゴルフ場を出て、往きと同じルートを逆に帰路に着きました。 本来なら13:15には到着予定だったのですが、大和トンネル付近での事故渋滞に巻き込まれ、自宅駐車場に着いたのは14:03と、2時間弱もかかってしまいました。 私より30分は早く帰った宮澤さんは、この渋滞には巻き込まれず、スイスイと帰宅できたことでしょう‥。 休日の東名高速上り線は、なかなか読めません‥。
 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)7月(3回)に続く、7月の4回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 4月に京橋ワインで1割引きで買った「凄い限定スペシャル12本(-36%):税別1万5千円」の中の白泡1本と
いつどうやって買ったか記録も記憶も残っていない白ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。 右の白には安定剤としてアラビアガムが添加されています。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:レテール ブランド・ド・ブラン ブリュット(白泡/11%)  現在は京橋ワインはもちろん、ネットでは販売されていないようで、生産者や単品価格等も不明のフランスのバンムスー(白泡ワイン)です。 アイレン100%から造られています。 グラスに注ぐと、艶のある黄金色に細かな泡が奇麗です。 柑橘系果実の香り甘い花のような香り、すっきりした酸味と果実味がバランスした辛口のスパークリングワインです。
 我家では、20〜26℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 千五百円弱で買えるなら、また買って飲みたいバンムスーです。

 右:シェンク・イタリア マッソ・アンティコ フィアーノ 2017(白/13.5%)  イタリアはプーリア州のサレント産のフィアーノ100%から造られる白ワインです。 新鮮な柑橘類やパイナップルのような果実香とアーモンドのような香り、凝縮された果実味と酸味で複雑味もある、しっかりした白ワインです。 セラー専科の単品価格:税込1814円です。 ネットで他には見かけません。
 我家では、20〜26℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 アカシアガムが添加されているのが気になりますが、、税別千三百円で買えるなら、また買って飲みたい白ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。
 今夏も六本木ヒルズではテレビ朝日の「夏祭り:サマーステーション」が開催され、連日、大勢の幼児連れの2世代・3世代の家族や 十代の若者達で ごった返し、大賑わいです。 私も5歳と2歳の孫達と来月出産予定でお腹が大きな長女に頼まれて、8/15(木)に仕事を休んで行って来ました。

 前夜から泊まりに来ていた孫達と長女を連れて、自宅を車で11時過ぎに出発。 12時過ぎに六本木ヒルズに着きましたが、六本木ヒルズ森タワーの駐車場がP5・P1・P2と満車で、30分以上かかってP1に駐車して、12:45頃にテレビ朝日に到着しました。

 今回は、その時に スマホLG電子のV30+、±0EV)で撮った写真を掲載します。 

↓[A] 1.8mmF1.9 ISO50 1/1047秒 13:51 天候が急変しそうだったので、先ずは晴れている内に、
テレ朝屋上の7Fスカイフードテラスに行って、孫達を遊ばせました。
イメージ 1
 ↑はドラえもんの巨大バルーンがある広場です。 この左はバラエティ食堂で、そこに入りたい人達の列が出来ていますが、その先は屋上会場の出口になります。 ここにはドラえもんが沢山いましたが、その手前にはドラえもんとは無関係のアトラクションがいくつかありましたが、要所に「どこでもドア」が設置され、わくわく感を演出していました。
 屋上に上がって直ぐは、2歳の孫娘が大好きな「スター☆トゥインクル プリキュア」のコーナーになっていました。 そこでは、撮影スポットで写真を撮ったり、砂金探しのようなアトラクションに並んで遊んでいました。
↑の空間はドラえもん一色ですが、ここでは、ドラえもんから返事が来ると言うのに反応して、楽しそうに手紙を書いて、ドラえもんのポストに入れていました。

↓[B] 1.8mmF1.9 ISO50 1/127秒 14:10 ↑左奥のエレベーターで1階に下り、
テレ朝の1階エントランスアトリウムが会場になった「みらいワールド」に入りました。
イメージ 2
↓[C] 1.8mmF1.9 ISO50 1/210秒 14:11 写真撮影コーナー「ドラえもん 未来のお菓子城」です。
スタッフにカメラやスマホを渡すと、写真を撮ってくれます。
イメージ 3

↓[D] 4mmF1.6 ISO100 1/100秒 15:37 長女が事前に予約していたドラえもんARアトラクション 恐竜大冒険」に、5歳の孫と私で入って楽しみました。 長女と孫娘はレストランで休憩していました。
孫と私も一緒の写真を撮ってもらいました。孫は中央の卵の中に入って顔を出して撮りました。
イメージ 4
↓[E] 4mmF1.6 ISO200 1/30秒 15:47  私達を会場空間に案内してくれたスッタフさんです。
イメージ 5
 時間内に、探知レーダーで恐竜に奪われたドラえもんの秘密道具を獲り返すアトラクションです。 指定された4個の秘密道具を探すのですが、私はギリギリ4個見つけて獲り返したのですが、孫は1個見つけ損ない、残念そうでした。

↓[F] 1.8mmF1.9 ISO50 1/60秒 16:00 2階の会場から1階に下りる前に、アトリウム空間を撮影。
1階は直前に入っていた「科捜研の女×”かけるオイル”カフェ」です。 孫達と長女と私で、「オリーブ
オイルで!ゲソのゲソ痕サラダ」と「筆跡鑑定ケーキwithマカダミアナッツオイル」他をいただきました。
イメージ 6
↓[G] 1.8mmF1.9 ISO50 1/120秒 16:01 ↑の右脇。 1階は「世界水泳2019 TOKYOチャレンジ」です。
1階に下りた後、我々も私と孫2人の3人でチャレンジしました。
イメージ 7
 みらいワールドの会場では、前述の他、「きみにおススメ!ドラえもんひみつ道具診断」他も孫達は楽しんでいました。 出口側にはショップがあり、孫達にせがまれて、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の戦闘道具の玩具や「プリキュア トゥインクルスッテキ」を買ってあげました。 18時半のに予約していた「クレヨンしんちゃん オラのラクガキングダム」にも、上の孫と私で行って来ました。

↓[H] 1.8mmF1.9 ISO50 1/120秒 16:35 66プラザは今年もドラえもんが一杯です。
イメージ 8
↓[I] 1.8mmF1.9 ISO50 1/120秒 同上。 初回の2014年の様子は こっちこちら に、翌2015年の
様子を こちら に載せています。 アリーナや毛利庭園の様子は初回のを こちら に載せています。
イメージ 9

↓[J] 4mmF1.6 ISO50 1/151秒 17:12 突然の降雨でみんなが雨宿りしている時に撮影。
イメージ 10

 この後、六本木ヒルズ森タワーの6階で休憩して、再びテレ朝のエントランスアトリウム:みらいワールドや六本木ヒルズアリーナに行きました。 アリーナでは、並べば 無料で射撃や水ヨーヨー釣りを楽しめるコーナーもあり、上の孫は何度も列に並んで、楽しんでいました。 射撃コーナーでは龍角散の喉飴もくれました。
 合計7時間くらい、六本木ヒルズで遊んで、自宅に帰りましたが、お風呂に入って、晩御飯を食べたら、みんな爆睡してしまいました。

全719ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事