できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)、7月(4回)に続く、7月の5回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 4月に京橋ワインで1割引きで買った「凄い限定スペシャル12本(-36%):税別1万5千円」の中の白泡1本と
3月末に楽天フェリシティーで単品で買った白ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3


 左:フロマンタン・レクラパール グラン・クリュ エキストラ・ブリュット(白泡/12%)  フランスはシャンパーニュ地方で1925年に創設された家族経営のワイナリー:フロマンタン・レクラパールが、プージィ村のピノ・ノワール70%、シャルドネ30%から造るシャンパンです。 少しピンクがかった淡い黄金色に細かな泡が立ち昇る外観は奇麗で目を惹きます。 レモンやリンゴの香り、豊かな果実味とキリっとした酸味、ミネラル感もしっかりあり、後口には複雑味を感じるちょっと格上のスパークリングワインです。 京橋ワインでは、商品名の最後にトラディショナルと付くものが、単品では税込4298円で売られていました。 ネットで安いのは、他には見かけません。
 我家では、20〜27℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26〜27℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で非常に美味しく頂きました。 税別2500円程度で買えるなら、もう一度は買って飲みたいシャンパンです。

 右:ドメーヌ・デ・アット シャブリ 2014(白/12%?)  フランスはブルゴーニュのシャブリ地区北部のマレニー村のドメーヌ・デ・アットが、シャルドネ100%から造る白ワイン:シャブリです。 リンゴや柑橘類の香り、薄めの果実味としっかりした酸味、ミネラルや樽由来とも思える複雑な後味もあるシャブリです。 フェリシティーでは単品価格:税別1340円です。 ネットで他には見かけません。
 我家では、20〜27℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26〜27℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 この値段なら、安旨シャブリとだと思いました。 また買って飲みたい白ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。
 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)7月(3回)に続く、7月の4回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 4月に京橋ワインで1割引きで買った「凄い限定スペシャル12本(-36%):税別1万5千円」の中の白泡1本と
いつどうやって買ったか記録も記憶も残っていない白ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。 右の白には安定剤としてアラビアガムが添加されています。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:レテール ブランド・ド・ブラン ブリュット(白泡/11%)  現在は京橋ワインはもちろん、ネットでは販売されていないようで、生産者や単品価格等も不明のフランスのバンムスー(白泡ワイン)です。 アイレン100%から造られています。 グラスに注ぐと、艶のある黄金色に細かな泡が奇麗です。 柑橘系果実の香り甘い花のような香り、すっきりした酸味と果実味がバランスした辛口のスパークリングワインです。
 我家では、20〜26℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 千五百円弱で買えるなら、また買って飲みたいバンムスーです。

 右:シェンク・イタリア マッソ・アンティコ フィアーノ 2017(白/13.5%)  イタリアはプーリア州のサレント産のフィアーノ100%から造られる白ワインです。 新鮮な柑橘類やパイナップルのような果実香とアーモンドのような香り、凝縮された果実味と酸味で複雑味もある、しっかりした白ワインです。 セラー専科の単品価格:税込1814円です。 ネットで他には見かけません。
 我家では、20〜26℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 アカシアガムが添加されているのが気になりますが、、税別千三百円で買えるなら、また買って飲みたい白ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。
 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)7月(2回)に続く、7月の3回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 楽天エノテカで、4/10に5百円引きで買った「春飲み白5本セット:送料込・税別9800円(-28%)」の
中の1本と、4/23に買った「GW福袋MIX(送料込・税別8500円):-36%」の中の赤ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。
イメージ 2
↓[C] 瓶を回して、瓶底形状を撮影。
イメージ 3


 左:クロ・モンブラン プロジェクト・クワトロ ホワイト 2017(白/13%)  スペインはカタルーニャ州のコンカ・デ・バルバラのクロ・モンブランが、土着品種のマカベオとシャルドネから造る白ワインです。 淡い黄色、桃やパイナップルのような果実の香り、滑らかな口当りで、爽やかな果実味とスッキリした酸味が心地良い白ワインです。 エノテカ通常価格:税別1800円です。 ネットで他には見かけません。
 我家では、20〜26℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、26℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 今回同様、税別千三百円弱で買えるなら、2・3本は買って飲みたい白ワインです。

 右:アレグリーニ サン・ポーロ ルービオ 2015(赤/13.5%)  イタリアはヴェネト州をNo1ワイナリー:家族経営の名門アレグリーニが、トスカーナのモンテルチーノに2007年に取得したサン・ポーロで新たに手掛ける赤ワインです。 サン・ポーロには1万円未満の価格ながら、パーカーポイント94点と高いコスパで圧倒的人気を誇るブルネッロ・ディ・モンタルチーノがありますが、その実力を手軽に楽しめるのがこのルービオだそうです。樹齢の若いサンジョヴェーゼ85%、メルロ10%、カベルネ・フラン5%から造る赤ワインです。 明るい紅色、ブラックベリーや熟したベリー系果実のような香り、香草やスパイスのようなニュアンスもします。 口にすると、滑らかなタンニンの舌触りで、豊かな果実味と優しい酸味が奇麗に溶合って、余韻にも赤系果実の雰囲気が残るミディム〜フルボディーの赤ワインです。 エノテカ通常価格:税別3500円。 ネットで他には見かけません。
 我が家では、20〜26℃の部屋に保管し、夕食前の1時間ちょっと冷蔵庫で冷やして、26℃の食卓で、家内が作る濃い目の味付けの夕食に合せて、非常に美味しく頂きました。 今回はが、この時は税別2300円未満で買えたので、超お買得でした。 250()円以下で買えるなら、また買って飲みたい赤ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。
 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)7月(1回)に続く、7月の2回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 11月に楽天エノテカで1割引きで買った「コク旨シャルドネ6本:税別1.1万円(-28%)」の中の1本と、
4月に京橋ワインで1割引きで買った「凄い限定スペシャル12本(-36%):税別1万5千円」の中の赤1本です。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。 左の白には酸化防止剤としてビタミンCが添加されています。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:アンティノリ カステッロ・デラ・サラ ブラミート 2017(白/12.5%)  イタリアの名門アンティノリの傘下に1940年に入ったウンブリア州のカステッロ・デラ・サラが、シャルドネ100%から造る白ワインです。 少し緑がかった麦藁色、リンゴやパイナップル、柑橘類のような果実香とアーモンドやバニラのような香り、口にすると豊かな果実味と生き生きした酸味がバランス良く広がり、余韻にはミネラル感もある爽やかで優雅さも感じる白ワインです。 エノテカ通常価格:税別3000円です。 ネットで安いのは税別2400円と言うのがあります。
※イタリアを代表する白ワイン「チェルヴァロ・デラ・サラ」の弟分です。
 我家では、20〜24℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、24℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 この時はクーポンも含めて、税別二千円弱で買えたので、お買い得でした。 今回同様、二千円程度で買えるなら、また買って飲みたい白ワインです。

 右:ポッター・ワイン ロッカ・ブルナ アパッシメント 2017(赤/14.5%)  イタリアはヴェネト州のポッター・ワインが南イタリアのプーリア州で、葡萄の房が自然に乾燥し糖度が上がった状態で収穫したネグロアマーロ90%、メルロー25%、プリミティーボ15%から造る赤ワインです。 深い赤紫色、干し葡萄やプルーン、ベリー系果実のような香り、カカオやチョコレートのような甘い香りもします。 口にすると凝縮感のある果実味と上品なタンニンの渋味、程良い酸味で、余韻にもしっかり感のあるフルボディーの赤ワインです。 単品価格は税別1382円で販売されています。 2018年のベルリン・ワイン・トロフィーで金賞をとっています。
 我が家では、20〜24℃の部屋に保管し、夕食前の1時間ちょっと冷蔵庫で冷やして、24℃の食卓で、家内が作る濃い目の味付けの夕食に合せて、非常に美味しく頂きました。 通常価格でも十分安旨ワインと言えますが、この時は税別八百円台で買えたので、超お買得でした。 千円程度で買えるなら、3・4本は買っておきたい赤ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。
 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、19年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や日本酒ウィスキーやコニャック等の洋酒を飲む機会はめっきり減りました。
 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、'14年からは、記録として残し始めました。
 今回は、'14年の1月(3回)2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、'15年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)'16年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(7回)'17年1月(10回)2月(9回)3月(12回)4月(55月(8回)6月(10回)7月(4回)8月(8回)9月(7回)10月(7回)11月(6回)12月(6回)、'18年1月(6回)2月(7回)3月(8回)4月(7回)5月(8回)6月(7回)7月(7回)8月(5回)9月(7回)10月(9回)11月(5回)12月(6回)、今年の1月(6回)2月(8回)3月(6回)4月(9回)5月(6回)6月(7回)に続く、7月の最初です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 F4.5 C除き1/13秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミングしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 1月に楽天WSソムリエで1万円以上で1割引きで買った「究極お年玉福袋白6本:送料込・税別7千円」の
中の1本と、先日載せたプロセッコと一緒に頂いた赤ワインです。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルを撮影。
イメージ 2
↓[C] F4.5 1/8秒 瓶を回して、露出も上げて、瓶底形状を撮影。
イメージ 3

 左:ヴィニュロン・デ・テル・スクレット ブルゴーニュ シャルドネ 2016(白/12.5%)  フランスはブルゴーニュ南部で、伝統を受継ぐ生産者達の協同組合:ヴィニュロン・デ・テル・スクレットが、シャルドネ100%から造る白ワインです。 リンゴや桃のような果実香とハーブの香り、口にすると円やかな酸味と果実の甘味がバランス良く広がり、余韻にはミネラル感もある爽やかな白ワインです。 単品では税別2450円です。 ネットで他には見かけません。
 我家では、20〜24℃の部屋に保管し、冷蔵庫でしっかり冷して、24℃の食卓で、家内が作る和風の夕食に合せて、これ1本で美味しく頂きました。 この時はクーポンも含めて、税別千五百円程度で買えたので、お買い得でした。 今回同様、千五百円程度で買えるなら、何本か買っておきたい白ワインです。

 右:ジオイア キャンティ 2015(赤/13%)  イタリアのファッションブランドのグッチ家の4代目:グッチオ・グッチ氏のブランド「ジオイア」が、ヴェネト州キャンティの厳選された畑で収穫したサンジョベーゼ90%に、マルヴァジア・ネラ、カナイオーロ、コロリーノから造る赤ワインです。 やや深い赤紫色、赤系果実の香りとスミレのような香り、口にすると果実味よりはフローラルな酸味やタンニンの渋味が印象的で、後味には爽やかさを感じるミディアムボディーの赤ワインです。 ジオイアのネットでは税込5892円で販売されています。
 我が家では、20〜24℃の部屋に保管し、夕食前の1時間ちょっと冷蔵庫で冷やして、24℃の食卓で、家内が作る濃い目の味付けの夕食に合せて、非常に美味しく頂きました。 正規の価格を思うと、これだけ美味しいのは当たり前です。 三千円台で買えるなら、もう一度は買って飲みたい赤ワインです。

 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事