できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に尿酸値が高過ぎと言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒を飲むようになりました。 何故かウィスキーも飲まなくなりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。  過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、今年は、記録として残してみる事にしました。 今回は、1月(3回) と 2月(6回) 、3月(4回) 、4月(2回) 、5月(4回) 、6月(5回) 、7月(3回) 、8月3回目に続き、4回目です。
 
 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 HPマニュアル・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンクしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。
 
↓[A] F4.5 1/20秒  近所のスーパー:相鉄ローゼンB1階のワインコーナーのセールで買った3本。
イメージ 1
↓[B] F4.5 1/20秒  ↑は表ラベル、↓は裏ラベルです。
イメージ 2
 フランスはボルドーの赤ワイン3本。 どれもボルドーのワインコンクールで金賞を受賞したものですが、1本858円(税別)と高くはありませんでした。 ↑の裏ラベルに、香りや味わい、使用ブドウ品種、ワインタイプ、飲み頃温度、相性の良い料理について表記されています。
 
 左:シャトー・クレールヴァル ボルドー 2010(赤/13%)  メルロー65%・カベルネソービニヨン20%・カベルネフラン15%から醸造し、2011年のボルドーコンクールで金賞を受賞した赤ワインです。 ネットでは933円(税別)で売っているのが1つだけありました。 780円で買ったという記事も一つありました。
 
 中央:シャトー・ラファイエ ブライ・コート・ド・ボルドー 2010(赤/13.5%)  メルロー75%・カベルネソービニヨン20%・マルベック5%から醸造し、2012年のボルドーコンクールで金賞を受賞した赤ワインです。 ネットでは纏め売りのものしかありませんでした(ラベルが違いますが・・・)。
 
 右:シャトー・レ・オブリーヌ ブライ・コート・ド・ボルドー 2010(赤/14%)  メルロー95%・カベルネソービニヨン5%から醸造し、2012年のマコンワインコンクールで金賞を受賞した赤ワインです。 ネットでは売られていませんでしたが、780円で買ったという記事が一つありました。
 
 我家の夕食では、どのワインも、美味しくいただきました。 冷蔵庫のワイン庫(約6℃)で十分冷やしたものを、約10分前に食卓に置き、野菜サラダや前菜からメイン迄、温度変化に伴う味の変化を楽しみながら飲みました。 徐々に温度が上がり、メインになった頃に飲み頃温度になったようで、どれも、その頃が一番美味しかったと思います。 この値段なら、いつでも買いの安旨ワインです。
 
 実はこの3本、別々の日に飲んだのですが、1本は他とは明らかに味が違い、これはもう一度買おう・・・と思ったのですが、どれだったか判らなくなりました。 安いので、もう一度3本買って、今度は一緒に飲み比べてみようと思っています。
 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。  
当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事