できる時だけの写真日記3

水曜夕〜金曜夜は北京・天津に出張。木曜は朝〜夕方まで広大な工場で、金曜は北京市街で歩きっ放し。土曜は程ヶ谷CCで歩き疲れました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 私の自宅での晩酌と言えば、若い頃はビール or それ+日本酒かウィスキーでしたが、15年前に「尿酸値が高過ぎ」と言われてからは、ビールを止め 焼酎がメインで 稀に日本酒やウィスキーを飲むようになりました。 更に、数年前からは自宅で食事を取ることが増えたせいか、食事の時に、家内と一緒にワインを飲む事も多くなりました。 おかげで、晩酌として焼酎や 日本酒 ・ ウィスキー を飲む機会はめっきり減りました。 過去にも、稀にそんな家飲みワイン記事をアップしていますが、一昨年からは、記録として残し始めました。
 今回は、一昨年の1月(3回) と 2月(6回)3月(4回)4月(2回)5月(4回)6月(5回)7月(3回)8月(4回)9月(4回)10月(6回)11月(6回)12月(6回)、昨年の1月(6回)2月(9回)3月(11回)4月(8回)5月(8回)6月(8回)7月(6回)8月(7回)9月(7回)10月(7回)11月(13回)12月(6回)、今年の1月(5回)2月(7回)3月(8回)4月(4回)5月(10回)6月(7回)7月(7回)8月(7回)9月(9回)10月(5回)11月(7回)12月(6回)に続き、12月の7回目です。

 写真は、K-01 + DA70mmF2.4 ISO400  F4 1/15秒 RAW+JPEG3☆ 鮮やか Fシャープネス+4 ハイライト補正・シャドー補正 マニュアル露出・スポット測光 AWB SR:ON 手持ち撮影、適宜トリミンクしての掲載です。
◎写真右下に現れる+マークをクリックすると、大きくなります。

↓[A] 10月末に楽天京橋ワインで購入した「全てパーカー90点以上6本セット:送料込・税別6380円」の中の2本の赤ワインです。 本セットの別の赤ワイン1本が、既に-224に登場しています。
イメージ 1
↓[B] 裏面ラベルです。 左には酸味料:クエン酸、右には安定剤:アカシアが添加されています。
イメージ 2
↓[C] 瓶底形状が判るように瓶を回して撮影。
イメージ 3

 左:モンテ・イニエスタ 2011(赤/14.5%)  スペインはカスティーニャ・イ・レオン州のトロにあるリベラリア・エノロフィカ・アレグロ・コン・スピリトが、テンプラニーリョ100%から造る赤ワイン。 パーカーポイントは、2009年が91点、2010年とこの2011年が92点を取り、「非常にリーズナブルな価格と高品質を両立させている」と評価されています。 濃い赤紫色、ブラックベリーやプルーンと言った果実の香りと樽由来の香ばしい香り、果実味と 穏やかな酸味と豊かな渋味、樽由来と思われる風味が絶妙に絡み合うフルボディーの赤ワインです。 単品では税別1240円で売られていますが、他にネットでは見かけません。
 我が家では24℃未満の部屋に保管し、夕食の2時間前に外気で冷やして、年末年始休暇で帰省して来た長女夫婦と孫を含むにぎやかな食卓(21℃)に出し、家内が作る夕食に泡・白・本赤と合せて、非常に美味しく頂きました。 本赤ワインは主菜のローストビーフに合わせて頂きましたが、値段を考えると最高に美味しいと思いました。 クエン酸含有が気になる所ですが、この値段なら、また買って飲みたい赤ワインです。

右:ピシデ リベラ・デル・ドゥエロ 2013(赤/14%)  スペインはカスティーニャ・イ・レオン州のリベラ・デル・ドゥエロにあるボデガス・マルタ&マテが、テンプラニーリョ100%から造る赤ワイン。 この2013年がパーカーポイント90点を獲得、ベルリン・ワイン・トロフィー2014年の金賞も獲得しています。 濃い赤紫色、熟したプラムやブラックベリーと言った果実の香り、凝縮した果実味としっかりした 酸味、きめ細かな渋味に、樽由来と思われる風味が広がるフルボディーの赤ワインです。 単品では税別1340円で売られていますが、他にネットでは見かけません。
 我が家では24℃未満の部屋に保管し、夕食の2時間前に外気で冷やして、年末年始休暇で帰省して来た長女夫婦と孫を含むにぎやかな食卓(21℃)に出し、家内が作る夕食に泡・白・本赤と合せて、非常に美味しく頂きました。 本赤ワインは主菜のハンバーグに合わせて頂きましたが、値段を考えると最高に美味しいと思いました。 アカシア含有が気になる所ですが、この値段なら、また買って飲みたい赤ワインです。
 デジタル・フィルムともペンタックスの一眼レフを愛用しています。 交換レンズも、全てペンタックスで、いろいろ使っています。 ちょっと良い絵が撮れたら、or、感じた事があれば、更新しています。
※ 当ブログⅠの2008年8月迄の頁と 当ブログⅡの一部の頁を、交換レンズ別に見るため、レンズ別目次(MTF記) を作成しました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事