ここから本文です

# 織田信長   # 貨幣経済   # 漫画なのに   # 商業的出版業界  #ルーチンサラリーマンワーク #会議  最近 紙の出版物が儲からない という 売れないのである 出版業界は 馬鹿なのかな と思う 自分達が 何を商品にしているのか を忘れているようで 手段の話 を 馬鹿みたいに論じている のである エリートだと自分達で言うのに そう 出版 は手段であって 伝えるのは 情報 である 小説であろうと 漫画であろうと そこに詰まっているのは 情報 である だから そこに気が付いた会社は 本屋でカバンを売ったりしている 出版社として 情報を具現化するのに 誰かが 自分の持っている情報を再編してみたり 収集した知識を再編して顕した というのを 小説 と カテゴライズ した上ですべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事