私のお仕事ストーリー

[ リスト | 詳細 ]

私が「好き」を仕事にするまでのお話
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

自分の想像を超える

サカナクションの山口さんネタが
続きますが

自分に影響を与えるものを
自分で選んでばかりいたら
想像を超える自分にはなれない気がしてる。

と、おっしゃっていて、、、
本当にそうだなあと。

他にもスタッフがいて
皆で創り上げていく仕事場では
まさにその通りなので。

自分ひとりの活動あっての
今の仕事場でもあるのですが、
目の前に現れる様々なかかわりは
自分の思い込みを解体する事に
自分で選んでいる。。。とも言えるので
ひとつひとつ丁寧に感じていきたいです。

まだ見た事のない自分と出会う為に
まだ感じた事のない感情と出会う為に

イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1人で好きな事を仕事にするのは
意外と簡単だったりします。

全部、自分でやることにはなりますが
全て自分自身で
コントロールしやすいからです

それが、誰かと一緒に組織の仕組みから
いちから創造していく。。。という事になると
なかなか難しい!

特に、自分の得意な所を持ち寄って
誰も無理をしていない状態で
誰も嫌な事をしていない状態で
誰も我慢していない状態を
キープしながら。。。となると、
なかなか大変。

でも、我慢を美徳として
我慢して仕事をするからお金がもらえる。
お金=我慢料
というのは、私は違うと思っているの。

仕事も遊びも同レベルにしたいのね
好き!で毎日を過ごしたい。

それを1人でやるのは卒業して
みんなと一緒にやってみたくなったのが
仕事の掛け持ちをはじめたキッカケで、
とある立ち上がったばかりの
ブランドに飛び込んだ。

ちゃんと出来上がった
組織に入ったわけじゃないから、
無理なく、好き!で循環させていく為に
どんな人が必要なのか。
誰がどこまでを担当するのか?
自分の強みは本当はなんなのか?
そこを極めていく事になるのね。

上司や部下で構成されるのではなく
みんなが対等な立場で
意見を遠慮なく言い合える。

自分のその意見は
単なる思い込みじゃないのか?
自分以外の誰かの意見じゃないのか?
本当の自分以外の
エネルギーが入っていないか?

そこを見つめながら、
みんなで循環させていく。

自分の中の「ほんとう」の自分に近い状態で
調度、ピッタリとハマって循環する状態。

そんなブランドを目指して
ここ数年、
自分の作家活動もしながら試行錯誤。
(ちなみに他のスタッフも掛け持ちの人が多い)

最近、やっと役者が揃ってきたなあ。。。
という実感が出てきました

もっともっと素敵な商品が
生まれていきそうな予感がしています。







この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

昨日のおシゴト

最近では副業がOKな会社も
増えてきましたね^^

私はもともとフリーで動いているので
その辺りの縛りはないのですが
ここだけ!これだけ!も
アリかもしれないけど
自分の中の光を発見したら
それを活かせる仕事の掛け持ちは
とても楽しいものです。

私にとって
いくつかのコミュニティや
創造したい世界がある事は
新しい自分との出会いであり、
その自分と良好な関係を築く(気付く)事。

勿論、一気に沢山はじめると
混乱してしまいますが
(平気な人もいるだろうが、私は無理w)
ひとつずつ、ひとつずつ、積み上げて

時には、ところどころでお休みしながら
(現在オーダーお休み中)

ユルユルと

イメージ 1


好き!で創造する日々を。。。


















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

海洋生物づいてる?

サカナクションのベストアルバム
「魚図鑑」届いたー


イメージ 1


大好きなツモリチサトさんも
海洋生物図鑑からインスピレーションを受けて
テキスタイルアイテムをリリースしているし。。。


イメージ 2


私も龍涎香をイメージした
ラベルをデザイン中だし。。。
にわかに海洋生物づいてるな。。。

シンクロしてる?




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本日は漬け込み♪

今日は、製造スタッフとして参加している
バリバリーにてお仕事。

イメージ 1

細かく砕いた素材が入っている瓶に
オイルを静かに注ぎ込むと、
撹拌されて素材の間に入った空気が
上へ上へとあがってきます。
その小さな泡が動いているのを、
ひたすらじっと見つめる、みつめる、ミツメル、
トロリとした至福の時。
 

ついつい、じーっと見てしまうのよね。
子供の頃、洗濯機が回っているのを
ひたすら見るのが好きだったのと同じかも







この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事