正義は誰に帰するか

民主主義という自業自得システムは、不誠実な有権者の選択を全国民に及ぼすシステムです。「誠実」とは、己が規範を持っている事です。

全体表示

[ リスト ]


 読売新聞社が行った「国会議員」に関する全国世論調査(面接方式)で、衆参両院議員の定数が多すぎると思う人が7割近くに達した。

 小泉首相は、衆参両院の定数削減を含めた選挙制度の見直しを指示したが、公務員改革とともに議員定数削減問題などもクローズアップされそうだ。

 調査は11月12、13の両日に実施した。現在の国会議員の数を「多い」と思う人は69%で、「今の程度でよい」24%、「少ない」2%を大きく上回った。

 昔と比べて尊敬に値する国会議員や信念を持った国会議員が「減った」と思う人は、それぞれ76%、72%に上り、国民の多くが、国会議員の資質の低下を懸念していることが分かった。今の国会議員の印象については、「信念がない」が38%でトップ。以下、「自己保身的」37%、「私利私欲に走る」36%、「特定の業界・団体に偏りがち」「庶民感情を理解できない」が各27%――とマイナスイメージが上位を占めた。

 国会議員に対する信頼度でも、「信頼している」人は32%だったのに対し、「信頼していない」人は2倍以上の66%だった。

※読売新聞 平成17年12月9日 (http://www.yomiuri.co.jp/)
※ヤフーニュース      (http://headlines.yahoo.co.jp/hl
国会議員定数「多すぎる」7割…読売世論調査 より全文引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※記事全文内容は各サイトで確認・参照の事
 アンダーライン太字は、あすろん1へるつ注 

○無能と無責任

 私がかつて「マイぷれす」で活動していた頃、私はまだ日本人の判断力を信じていた。
 
 が、あの9.11総選挙では、割と真面目に「政策」について説いた民主党が敗れ、スローガンだけが華々しく、ぶちあげた政策とスローガンとの間に合理的関連性を何ら説明しなかった自民党が勝利した。
 
 日本人の選挙に対する考え方が、全く無軌道であることを明らかにした選挙であると私は見た。
  


○全ては貴方の生き写し

 「信念がない」
 
 己が遂この前に投票した候補者・己が「黙認」した過去から続く現状をこんなにあっさり「捨て」ようとする国民。
 
 「信念がない」とはご挨拶というものだろう。
 
 要するに己を信じ切れないから、自分の選んだ議員ですら信じ切れないのだ。
 
 
  
 「自己保身的」
 
 この世は卑怯者で充ちている・・・・その証拠がこの世論調査だ。
 
 自分で選んだくせに「私は関係ない」と言わんばかりに「信頼していない」等といい、自身の「選択責任」を放棄しようとする。
 
 そんな事言っても結局「選択責任」は国民全体に及ぶのだから、意味無いけどね。
 
 
 
 「私利私欲に走る」
 
 私利私欲に走りまくっているからこそ利権を政治力で確保しようと「特定の業界・団体」に結集して我意を通そうとしているんじゃないんですか?
 
 そして、賛成した企業には仕事を回すとかいう話に飛びついて、投票して居るんでしょ?
  
 
 尊敬に値する国会議員や信念を持った国会議員が「減った」とか国民の多くが、国会議員の資質の低下を懸念しているとかいう選択肢や理由は読売新聞が用意したものかも知れないが、自由なコメントを拾ったとしても、概ねこの様な選択肢通りの答えが出てきただろう。
 
 この記事にある「国会議員」という言葉をそのまま「主権者」という言葉に取り替えてもしっくり来るのはご愛敬ではなく、至極当然の事である。

 選挙制度改革を「数の変更」という形でしか表現できないという点も、日本人の低能ぶりを現している様で、同じ日本人として怒りやら悲しみやらがないまぜになって、情けない。
 
 以前、「マイぷれす」で発表していた私案の「選挙制度改革案」を年内・・・・正月?・・・・くらいに訂正・加筆して発表しようと思う。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事