マイホーム探検隊!

福岡の一建設・アーネストワン・オリエンタルホームの事なら御相談下さい。

全体表示

[ リスト ]

自動車関連税の暫定税率をめぐり、鳩山由紀夫首相が藤井裕久財務相ら政府税制調査会幹部に対し、
ガソリンの税率引き下げが可能か打診していたことが分かった。政府内ではガソリンに対する課税を
5円程度引き下げる案が浮上しており、鳩山首相が帰国する19日にも最終調整に入る。

 暫定税率をめぐっては、民主党が16日に政府に提出した重点要望で「現在の租税水準を維持する」
と明記し、党が減税を容認した自動車重量税以外は、現行の税率を維持するよう求めている。

 ガソリンの暫定税率は1リットル当たり約25円で、年間税収は約1.3兆円。自動車関連税の
暫定税率全体(約2.5兆円)の半分強を占める財源の柱となっている。5円の引き下げは約2600
億円の減収につながり、慎重な声が政府内にもあるため、首相に最終判断を仰ぐ。

 政府税調は暫定税率を公約通り来年4月に廃止する方針だが、同時に新たな税制措置を講じて上乗せ
課税を継続する方向。税率を現行水準で維持した場合、ガソリン価格も下がらず、「暫定税率の衣替え
に過ぎない」と批判を呼ぶ恐れがあった。首相の打診は、減税の実施でガソリン価格を引き下げる
ことでその批判をかわし、暫定税率廃止の効果を国民に実感してもらう狙いがあるとみられる。ただ、
引き下げには民主党内に反対の声も強く、実現するかは微妙な状況だ。

ーーーーーーーーー

どうなるのかな?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事